力 = 次元移動 nearly equal ≒moving forward without moving

地上で書いた文章と
宇宙から(その地上、地球を眺める視点から)書いた文章では

 

What I write

HERE on Planet Earth,

or

WHERE I COULD SEE the EARTH from ABOVE

 

THE POEWER OF “HAND”

 

 

Moving forward without moving

 

Traveling “THROUGHT” TIME AND SPACE =DIMENSIONAL CHANGE

 

MY WORDS
CREATE
SOMETHING IMPORTANT CHANGE IN “YOU”(who can get HERE(=on this page))

RAINBOW CHILDREN

http://relaxmaxontheroad.com/#rainbowchildren

スクリーンショット 2021-02-09 9.50.29

(地上 と宇宙で書いた文章の)何が違うかというと

その発想する
想像力 「力」 みぼうのちから
みわざ おん手

手の力

次元を移動するというのは

あの本、doors for perception 知覚の扉は、、、、

郁恵の場合
意識の「窓」

窓の外の風景を眺めて
旅「=移動」

移動の距離と発想「力」

であったりすることと

そうでない「キョリ」= 移動せずに移動=次元移動(nearly equal ≒)

自宅にいながら
発想「力」
想像「力」

それらを駆使

駆ける気持ち
翔ける
書ける言葉は
欠けるものをうめて
「なにか」を産む
架けるのは虹の架け橋

 

その「力」があれば
次元の移動も可能

可能性の「性」
指向性
思考性
「性」はさが

目指すものというより
Origin そのもの
もともとあったものへ
戻る旅=LIGHT WITHIN

光は人の心に内在
うち(内)にある(在)る光

光を神と捕らえる とると
闇は そのもの
あるがまま「在」るが「まま」
まま=母
母なる愛
母なる大地、自然
自分が全きものと識る

然 「そのとおり」

次元を超えた視「点」

観るのは「点」
だけど違う次元から
「眺める」
「見ない」
「観察」
「あきる」
「みない」
「しらない(みないふり)」

などなど
すると
その「点」を超えた

いろんな可能性 「性」

それを想像力が産み出す

産む力 「力」

力をもつ 魔王尊の御棒

神の石 五体力 意識

それが宿る

宿木
粛清 粛正 縮図ごと癒す

宿を癒す

寄生ではなく共生

共に生かす

Himatsuri photos for LIFE magazine CHINA 月刊生活

EDITOLIAL for Life magazine CHINA !
2018 March issue http://www.chinalifemagazine.com/

photos by relaxmax

 

中国・現代傳播社が発行する月刊誌「生活」にHIMATSURI(鞍馬の火祭り) の写真 9点掲載していただきました!

A3サイズの美麗フォトmagazine です。(見開きA2!) 早く手元に届かないかなー。。

今月中国行かれる方は、ぜひ入手してください;)

礼-1

礼-2 礼-3 礼-5

礼-6

Sky is SO BLUE / STILL remember YOU

People die twice.

First, death of the body.

Second, fade away from our memories…

but my father never die twice…

THANK YOU DAD!

On the day my father fly away to the next world,

 

 

Sky is SO BLUE

 

 

+++++++

 

人は二度死ぬという。

 

一度めは、肉体の死。

二度めは、人というものは、だんだん忘れてしまうということ。

 

それならば、父は二度死ぬことはない。

THANK YOU MY DAD… 2014年、彼が旅立った時に見た空はとても青かった。

 

(words inspired by トーマの心臓/萩尾望都 Moto Hagio, “Thoma’s Heart” from Thoma’s testament letter…)

 

 

 

 

136358313_3885880664766823_2421832711896931489_n
I release the shutter …. coz I always want to remember….
(otherwise, it might fade away…  みんなそんな記憶力いい?)
おぼえていたいから、わたしは写真をとるのかも。。。
   スクリーンショット 2021-01-11 11.02.08
父の 瀬戸山 優(まさる)の遺影に使われたのは19年ぶりに再会したときに撮った写真
My Father, Masaru Setoyama’s memorial ceremony in Dec  2015 (1 周忌)in SETOYAMA’s house ( my grandad…. I remember he used to work for Hanshin depertment store…
I haven’t been to grandad’s house for long time since my parents devoced…( I have been my grandad’s house few times after divorce, but I don’t really remember when was the last time in my childhood…)then, I went back after my father’s sudden death, was sad memory…
He bought me a cap ( black , felt Tiger Embroidery(for baseball team) when I was school kid ;D)at Hanshin depertment store in UMEDA.
瀬戸山のおじいちゃん家で撮影。
離婚していても、子供の頃はいくつぐらいか忘れたけどこの家何度か遊びにきていたな。
IMG_2478
753 東三国の瀬戸山のおじいちゃんちの前
父がなくなって初めて、家の中に入った。悲しい思い出。
おじいちゃんは 阪神百貨店勤務、阪神の球団の黒いフェルトの刺繍の帽子を小学生の頃、阪神デパートでかってもらったのおぼえています。)
This i s what I photographed my father, on the day I first met him after 19 years absence.
( I guess, its only photo I’ve shoot after I am 20 years old …)
136720489_3885880808100142_816943819512536212_n
大人になってから私が撮った
彼の写真はそれぐらいしかないかも
そのとき父が見せてくれた
財布の中にずっと入れていた
136411356_3885880688100154_6373575473348011519_n
写真も父に再会した、その日、喫茶店の机の上にのせて撮影した。
This is the photo he showed me…from his pocket, it was in his black wallet.
We had coffee and chat, after been to michelin awarded SOBA noodle shop.
He used to lived in Higashimikuni(station), and this KISSATEN is just 1 min from the station.
(and also his grand dad house is near Higashimikuni station)
大阪の東三国という地下鉄の駅にある旨い蕎麦屋さんに連れて行ってもらった。
その後で、立ち寄った駅前の喫茶店で撮影。
帰りには母と妹にも食べてもらってとお菓子も持たせてもらったな。。

 

KOU-AN 光庵 Glass Tea House by Tokujin Yoshioka 青龍殿

My photos for a book ” KOU-AN”    you can buy it here  by  TOKUJIN YOSHIOKA

8128JFdbTPL

2017年9月10日まで 京都 青龍殿で展示されていた 吉岡 徳仁さんのガラスの茶室 光庵

写真を5点掲載していただいています。とてもリスペクトするアーティスト 吉岡さんに写真を好きになっていただき光栄です;)

光そのものでクリエイトしていると徳仁さんはおっしゃっていたように、ガラスから水や光を感じます。

水面に映る空の色を撮影するときのような気持ちを感じさせてくれる光庵は次の場所へ旅だってしまいました。。。(次は九州だそう)

I’m very happy that my photos are featured for the book project by one of my fav artist on  earth Tokujin Yoshioka san ;D

I felt water, lights thru Tokujin’s creation as if I take photos of nature… be with nature.. oneness with universe.

自然とひとつになること

宇宙と一体化すること

I’m missing you KOU-AN …! It’s already gone… till next time ( in Kyusyu)

relaxmaxhikari012-

ピラミッドのように宇宙からみたら、宇宙船の船着き場のように目指して降りてくることができそうかも。。と夢想します。

It might be a Piers for UFO if I see it from the universe ( lika a pyramid)

RLX_0035-4

like water ripple

RLX_0035-3

RLX_0034

RLX_0043

京都を一望する舞台に設置されたガラスの茶室。

RLX_0033--

いつもは外から眺めているだけだった

あの茶室の中から世界をみたらどんなふうなのか、、、

9月10日で青龍殿での展示が終了するに伴い、吉岡さんが来場し着物で来場すればガラスの茶室に入ることができるというイベントが開催されました。

I’ve been wondering how I feel if I go inside of the glass tea house….

RLX_0023-

にじり口からみた茶室  Tea house from NIJIRI -gchi ( special gate to enter the tea house)

relaxmax006

にじり口から茶室へ

入り口をあける瞬間がとても特別なもの、とデザインするときに意識されていたそうで

自分が入り口を開けるときも、とても心をこめてガラス戸をひきました。

すこし重みを感じるぐらいで引いているけれど、とてもスムースで、、、一生に一度の体験。 一期一会。

The Special Door(nijiri-guchi)  into Glass Tea House..

Once in Life time experience… ( don’t know when I could be inside next time…! like any other experience in your life  … Bless up each encounter;D)

relaxmax017

RAINBOW….!

 

一度、茶室の中から空をみてみたかった!

My dream came true… I wanted to see the sky from Tea House.

Tokujin said that when he  design something, he start from ” what he wanna see in real world” something simple yet TRUE…!

ひとつ夢が叶いました。

RLX_0057

relaxmax021

茶室の中から外をみたらどんなかな?と想像していたときは、

向こう側(外からみた内)は遠く感じたのですが(見えるけど手が届かない向こう側のような、、、)

実際に中に入ってみると、外とひとつ

うちも外もないかんじがしました。

It felt far from outside ( I could see, but I can’t reach kind of distance)

but once I enter the glass tea house,

It’s one thing,  there is no bolder …inside=outside

relaxmax002ー

どうもありがとうございます! (selfie in KOU – AN !)

 

もうすでに、あの場所にあの光庵はないのだけれど

一冊の本の形になって、みんなであの場所にあったあの光庵への愛を共有できてよかったなぁ、、と思います。

 

RLX_0031--

BYE BYE KOU-AN , see you in Kyusyu!

relaxmax025

with Tokujin Yoshioka ;) san

Thank you for special opportunity…!

 

My imagination floating

If I coud ever see the glass tea house on the water… like mirror…

it would be magical…!  like this kind of place.. ;)

こういう鏡のような水の上に建っているガラスの茶室、観てみたいなぁ。。。。いつか叶うのかな?

4pp Booklet

 

 

EVERYTHING IS LOVELY 全てが愛おしいと感じる人生を  

_RLX0582
(日本語は下に)

There certainly are lot of paradise on this planet Earth
Where I want to visit again and again

I’ve reached out to the point
Where I’ve missed little something out

Rather than regret


Do it now, Do it today

Dedicate what we truly love with gratitude

For friends and families who support me
Thoughtful works with wings of imagination
Will fly away….

TRANQUILTY IN YOU
LIFE LESSONS BY LOVINGFUL WORDS

IMMEDIATELY OR SLOWLY

FOR SOMEBODY AS TEARS
FOR YOU AS A HANDKERCHIEF TO WIPE THE TEARS

LIKE A MAGIC HAND IN FRONT OF YOU

IN THE NAME OF LOVE
COMES IN MANY DIFFERENT FORMS
EXIST WITH STAR SEED

EVERYTHING IS LOVELY

満願成就

:::::::::::::::::::::

This poem is for my work “GARDEN OF LIFE”

Saiho-ji Zen garden designed by Muso kokushi.(夢窓国師)
I saw fairies fly…

http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji

I just heard voice, in the silence.
I listen, I write a poem ( first, I got heaven sent words in Japanese ( for this poem) then wrote in English again, its different from just translating… re- create somethign!)
for my work “GARDEN OF LIFE”.

I haven’t thought I am a poet,
recently I noticed, I AM POET.

I tried to recall my early works,
probably first one is

Rhyme for Christmas Time (2005?)

then next one is
Parties in Other Rooms (2006)
(I made short movie from my photos and lyrics (poem), I have it somewhere)

*************************************************************************************************

もう一度いって見たい楽園が 確かにたくさんある
忙しく働いてばかりで 見逃してしまっていたことも

今となっては後悔というよりも

今、できること
今日できることを

いかに感謝を込めて捧げるか

自分を支えてくれる家族たち、友人たち
思いのこもった作品は
たくさんの人に飛ぶ翼を持って飛び立つ

愛ある言葉のレッスンは

即効性あるもの
遅効性のもの

ある人には涙として
ある人には涙をやさしく拭うハンカチとして

そっとその人たちの
目の前に魔法の手のように現れる

愛という名の
いろんな形をした

形あるもの 形なく存在するもの

全てが愛おしいと感じる人生を

:::::::::::::::::::::

GARDEN OF LIFE (http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji) のための詩は

先に日本語で降りてきて、英語で書いたこの作品のためのもの。

 

静けさの中、永遠の声をきく
聞こえたことばを 詩にする
その詩、EVERYTHING IS LOVELY の詩は GARDEN OF LIFE のためのもの。

 

詩を書く人、と自分のことを自覚したことがなかったけれど
気がついてみれば、いくつか書いていた。

もう残っていないかもしれないけれど

一つ目は

Rhyme for Christmas Time (2006?)

The day is getting longer
昼間がだんだん長くなる

という書き出しの詩で

Sound of Life
生きているって音がする

最後のフレーズは

I saw Angel fly…
天使たちが飛んでいるのをみたこともある

(これが、多分どこにも残していないかも。あまり覚えていない。
確かこれを書いた時は、まだTheklaに遊びに行ったことはなくて、次の夏にブリストル帰った時に
初めて遊びに行った覚えがある。そこではSweet Memory Sound, DerekがDjしていたよ。;)

次の詩は
Parties in Other Rooms (2007)
これは短い映像作品(音楽家のポートレート、パーティスナップなどの写真を組み合わせ、詩とともに映像にしたprototype)として残っているので、いつか発表することもあると思う:)

Catcher in the Universe / 心(=CURRENT Crystalline AXIS!)で観る

2021 1 1 天気と水 Catcher in the universe

 

HAPPY NEW ERA!

I took kind of SELFIE.

relaxmaxnohinode-wm

What my 心(heart ) CAUGHT!

 

心の中

宇宙の光

太陽

登るのは 新しい意識!

 

In OUR HEART

LIGHT WITHIN from the UNIVERSE

 

Universe itself in HEART

 

THE SUN

ALSO RISES

ON NEW DAWN

 

OUR NEW DIMENSIONAL FEELING in our consciousness…

 

New Year, New US, NEW Earth in which dimension?

 

 

SUNRISE from the UNIVERE!

http://relaxmaxontheroad.com/gallery/crystalline-axis/

View from the starship window

And I am CATCHER of THE LIGHT!

 

+++++++

 

WE WATCH FIRST SUNRISE(in Japan time on Earth)  of 2021 from ISS!

みんなで野口飛行士のおかげさまでISSから初日の出を見たよ!

見ていて、「あ!太陽のスピード早くなった!」って思って、すぐに書いた言葉たち。

 

I just realized when I was watching NEW DAWN from the SPACE! on NEW YEAR’S DAY.

 

The sunrise

is somewhat different ( from what WE’ve seen “ON” the Earth)

 

In OUTERSPACE ( between Crystalline AXIS)

Sunrise is

“A” Point

(Two or Three dimensional) Surfaces

ONTO a flow or flow”S”

 

“IF” it’s “NOT”

means

“CURRENT”

“SPEED” ( what WE named on the “EARTH”) is Fuzzy

(On Earth, Speed is depending on “TIME” and “HOW” WE travel or measuring system based upon US(limited US, 3 or 4 dimensional imaginationONLY)

 

 

 

宇宙空間において

日の出は、、、

サンライズは

点でもあり
面でもあり
流れでもある
点でない
流れでもない
ポイントにおいて

スピードは一定ではない

スピードと(地上、地球で名づけた速度、や速さ、時間との関係で測っていた ものさし のようなもの)いうものは、、、、

 

 

太陽
2021年の宇宙からの初日の出、観ていて気がついた!

 

It’s “SPEEDING”

(ING–Tense)

THE SUN is SPEEDING

THE SPEED is SPEEDING

 

 

Crystalline Axis“ING”!!! (その心の位置座標自体が速く、動いていて、止まっている)

Speeding, Moving Towrads…(Our”SELF”), and ALSO “STILLNESS” speaks…

ちょうど静けさの中、沈黙の音をきくように、心は動き、静止するようなあり様(存りよう)

そのスピード、太陽の移動の速度?(と呼ぶなにか、地球の次元はどこを起点?)は速くなる

(”WHEN” things like this is happening, which point is 起点= ORIGIN of the Dimension? of “THE EARTH”?)

 

それは
天気と水(地表の大気、空気の層は天気や地方、土地の上?海の上?少しずつ水分量は違う)
などのせいで

見かけのスピードが変わる   という

 

「目」の知覚でなく

スピードは変化する

 

What I “SAW” ( or YOU SEE it , means SPEED from EYE SIGHT KNOWS)

is depending on WEATHER, WATER, primitive atmosphere  of “SURFACE” “ON” the Earth, on the Ground? , on the SEA?, top of the mountain?, AIR, Quantity and quality of Water differ…)

and also

Crystalline Axis“ING”!!!

 

生きていて

「感じる」方のスピード

 

に近いもの(楽しい時間は あっという間!というアレ)

 

SPEED is “ING”

feel itself and “FEELING”

 

 

 

太陽の登るのを
観測していると

観るのは
視覚としてみている

ということと

 

また

別の
「感覚」

(ある ひと は それを第6感 直感としても使っている)を使って観測している)

 

 

WATCHING

SUNRISE from the UINVERSE,

made me “REALIZE”

NEW SENSE, (not only VISUALIZING, also FEEL”ING”)

something,

INTUITIVE LIGHT in OUR (ONE LIGHT) HEART CHAKRA

 

 

心で感知

感じて「知る」

感知という感覚

心で観る

 

 

ONE LIGHT

OUR HEART KNOWS (心でここと知り観る)

 

relaxmaxnohinode-wm

(zen garden は宇宙  : Universe =ZEN GARDEN)

 

 

 

 

 

(◯

さんかくが
角度がついて
ささると

六角形になる)

 

 

 

空気の層が発光する   
水が光る!

 

AGUA Y LUZ

GROWING AIR, WATER IN AIR

 

IMG_1941

 

光は水に溶け合うように
次元をすでに超え

THE LIGHT WITHIN OUR HEART (ある光は、宇宙のORIGIN, やってきた場所)

MELTS

INTO THE SPEED”ING SUN

KNOWS WHERE WE COME FROM , the ORIGNIN of the UNIVERSE,

ALREADY”BE” anywhere any”TIME”=BEYOND IMAGINARY DIMENSIONS

 

 

 

 

 

それを

宇宙空間(ISSを宇宙とよぶなら、、、だって入れ物は地球製品、外身、なかは、、、もちろん今ある空間に所属する、、

その間にニンゲン、、、いわゆるwhich exists between celestial なbody(ぜんいんでないからbodiesでない)にある(でも地上のマテリアル、3次元の(おもに)物質として

 

そこ

に存在するカメラとレンズ

特にガラスだまのような
レンズで観る

 

(レンズは、ひとの球体ではない眼のレンズ水晶体、とはことなる構造の「モノ」を見る(視覚として あるひとには それ以外の知覚 光で観光 感光 感知)
観測は 観速
速度も測るわけでなくても みえている

 

 

ただ
観ているだけの「状態」で

すでに感知されている

観るだけで解る

 

解答 答えがすでに日の出と共に出ている状態

 

 

答えは
探す

というよりは
観て気づくもの

 

 

映っちゃってた (移って 「来て」くれた! サービス、サービスゥ!)

IMG_1777-
知的生命体より

 

新年 喜ぶ

この度 永く短い
永遠とは かけ離れ とても 短い

そう 一瞬だけ

捕まえて 「来て」「観て」「観察 感知」「知っている(から見える!知覚して捕獲したのはrelaxmax)

ただ
美しく
“在る”だけでいい

IMG_1684-3

BE YOU!

 

いつだった? 「何時(いつ) ってどんな「とき」」
そう

とき を超える

 

そういう魔法の存在は

ときを超えたことのない「頃合い」だったとしても

とき を「知る」 ことできれば

 

トルネード 登る 渦 うず

どうして?

IMG_1783-

そのかたち?

◯ まるいもの
まるくなって 「在る」
治る(おさま) 統治

統率 統べる

登って 上がる

 

もう双六でいう ゴールは入ったことある郁恵へ

 

生命体、というのは

今までの(君たちが自分で誰かが名付けたところのヒューマン?)人の定義と

違う場所、違う定義、違う呼び方、在る、なし、普遍的なものでないような「ワレワレ」としての

郁恵が見た「カタチ」 定義は彼女のシャッター

そこに在る と知って それを引き伸ばし

 

こうやって ここを読む どなたでも 見ておいて! (そのあと、 一部の彼らは、、、 そして別のワレワレの友(と君は呼ぶ?)としてのヒューマンの別の輩は、、、オープンエンド)

 

 

 

ここから先 郁恵の随想

すごろく 双(すご)六(六)

双方 双子 ツイン
六 六、次元 次元のロック(6とロック 鍵!)
六 花 シェイプ

その片 (カタ)
もう一つ 向こうに見えた

それが ふたごのような
向こう側の (こっちにいる 見えている ソイツ の 向こうにいる いい)「ヤツ」

 

あいつ こっち見て

(もうだいぶ 近い
近づきたくて
これなくて 来てないこと

たぶん
かつて
あったの?

もう会えているんだよ)

あそこに
次元の窓 移動 (手続きなしに)
お互い見えて 感じて
「もうすでに会えている 合致 合に至った状態 常体!)」

 

そこに「合が存在」

 

在ると知っているから

観えて 捕まえる 

光を 捕まえる

 

Catcher in the universe 2021/1/1  after DAWN for new ERA

relaxmaxここにしるす (知る、記す)

relaxmaxontheroad.com