THIS CITY IN PLAGUE TIME   平坦な戦場で 僕らが生き延びること

THIS CITY
IN PLAGUE TIME
KNEW OUR BRIEF ETERNITY

OUR BRIEF ETERNITY

OUR LOVE

OUR LOVE KNEW
THE BLANK WALLS AT STREET
LEVEL

OUR LOVE KNEW
THE FREQUENCY OF SILENCE

OUR LOVE KNEW
THE FLAT FIELD

WE BECAME FIELD OPERATORS
WE SOUGHT TO DECODE THE
LATTICES

TO PHASE-SHIFT TO NEW
ALIGNMENTS

TO PATROL THE DEEP FAULTS

TO MAP THE FLOW

LOOK AT THE LEAVES
HOW THEY CIRCLE
IN THE DRY FOUNTAIN

HOW WE SURVIVE
IN THE FLAT FIELD


THE BELOVED (VOICES FOR THREE HEADS)
BY WILLIAM GIBSON

:::::::::::::::::::::::::::::

I found this poem
in manga of “River’s edge” by Kyoko Okazaki when I was 17.

In the time of Covid-19,
We hope to see you both alive
whenever we could travel safer…

” HOW WE SURVIVE IN THE FLAT FIELD”

コロナの時代、

「今度会う時まで、お互い無事で生きていて!再会しましょう」

と遠くに住む友人たちに思う。
いつでも自由に安全に旅ができるようになる、その日まで。

「この平坦な戦場で
僕らが生き延びること」

::::::::::::::::::::::::::

この街は悪疫のときにあって
僕らの短い永遠を知っていた

僕らの短い永遠

僕らの愛

僕らの愛は知っていた
街場レヴェルののっぺりした壁を

僕らの愛は知っていた
沈黙の周波数を

僕らの愛は知っていた
平坦な戦場を

僕らは現場担当者になった
格子を解読しようとした

相転移して新たな
配置になるために

深い亀裂をパトロールするために

流れをマップするために

落ち葉を見るがいい
涸れた噴水を
めぐること

平坦な戦場で
僕らが生き延びること

愛する人(みっつの頭のための声)
ウィリアム・ギブスン 黒丸尚 訳

17歳の頃、岡崎京子さんのリバーズ・エッジを読んでいて出会った詩

Leave a Comment