EVERYTHING IS LOVELY 全てが愛おしいと感じる人生を  

_RLX0582
(日本語は下に)

There certainly are lot of paradise on this planet Earth
Where I want to visit again and again

I’ve reached out to the point
Where I’ve missed little something out

Rather than regret


Do it now, Do it today

Dedicate what we truly love with gratitude

For friends and families who support me
Thoughtful works with wings of imagination
Will fly away….

TRANQUILTY IN YOU
LIFE LESSONS BY LOVINGFUL WORDS

IMMEDIATELY OR SLOWLY

FOR SOMEBODY AS TEARS
FOR YOU AS A HANDKERCHIEF TO WIPE THE TEARS

LIKE A MAGIC HAND IN FRONT OF YOU

IN THE NAME OF LOVE
COMES IN MANY DIFFERENT FORMS
EXIST WITH STAR SEED

EVERYTHING IS LOVELY

満願成就

:::::::::::::::::::::

This poem is for my work “GARDEN OF LIFE”

Saiho-ji Zen garden designed by Muso kokushi.(夢窓国師)
I saw fairies fly…

http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji

I just heard voice, in the silence.
I listen, I write a poem ( first, I got heaven sent words in Japanese ( for this poem) then wrote in English again, its different from just translating… re- create somethign!)
for my work “GARDEN OF LIFE”.

I haven’t thought I am a poet,
recently I noticed, I AM POET.

I tried to recall my early works,
probably first one is

Rhyme for Christmas Time (2005?)

then next one is
Parties in Other Rooms (2006)
(I made short movie from my photos and lyrics (poem), I have it somewhere)

*************************************************************************************************

もう一度いって見たい楽園が 確かにたくさんある
忙しく働いてばかりで 見逃してしまっていたことも

今となっては後悔というよりも

今、できること
今日できることを

いかに感謝を込めて捧げるか

自分を支えてくれる家族たち、友人たち
思いのこもった作品は
たくさんの人に飛ぶ翼を持って飛び立つ

愛ある言葉のレッスンは

即効性あるもの
遅効性のもの

ある人には涙として
ある人には涙をやさしく拭うハンカチとして

そっとその人たちの
目の前に魔法の手のように現れる

愛という名の
いろんな形をした

形あるもの 形なく存在するもの

全てが愛おしいと感じる人生を

:::::::::::::::::::::

GARDEN OF LIFE (http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji) のための詩は先に日本語で降りてきて、英語で書いた。この作品のためのもの。

静けさの中、永遠の声をきく
聞こえたことばを 詩にする
その詩、EVERYTHING IS LOVELY の詩は GARDEN OF LIFE のためのもの。

詩を書く人、と自分のことを自覚したことがなかったけれど
気がついてみれば、いくつか書いていた。

もう残っていないかもしれないけれど

一つ目は

Rhyme for Christmas Time (2005?)

The day is getting longer
昼間がだんだん長くなる

という書き出しの詩で

Sound of Life
生きているって音がする

最後のフレーズは

I saw Angel fly…
天使たちが飛んでいるのをみたこともある

(これが、多分どこにも残していないかも。あまり覚えていない。
確かこれを書いた時は、まだTheklaに遊びに行ったことはなくて、次の夏にブリストル帰った時に
初めて遊びに行った覚えがある。そこではSweet Memory Sound, DerekがDjしていたよ。;)

次の詩は
Parties in Other Rooms (2006)
これは短い映像作品(音楽家のポートレート、パーティスナップなどの写真を組み合わせ、詩とともに映像にしたprototype)として残っているので、いつか発表することもあると思う:)

Leave a Comment