Path of the DRAGON その「光」、今!まだ見えるのに!!

叫びながら
Screaming

 

(叫び声が聞こえる)
Torture?

(I just heard something…screaming voice? Female? Somewhere…)

 

それを聞いて
嬲っている
THEY criminals!
like somebody’s scream!

 

喜ぶやつら
犯罪者がいる
Attacking somebody, Happy Hackers?
 Scary…Painful Scream…

 

怖い
誰も助けられないの?
(叫び声が聞こえても
だいたいどの方角?
ってわかっても)

 

No one can’t help her YET?
Where is? ( Hackers? Or…Victim

 
どこにいるんだろう?
そういう感じ、、、

 
そういえば昔住んでいたところで、、、

そういえばバルセロナで、、、(一晩で3回アタックされて、夜明けに女性の叫び声を聞いたことも)

 
 
I just remember…

I heard somebody’s scream
 
from the street (in Barcelona, it was before “morning” not dark…
 
from somewhere ( mother, boy screaming? Crying? Where? I could hear but I didn’t know where child was crying…)
 
 

、、、思い出したこと!

死にかけたことがある
 
I remember…

I was nearly…
It was closest experience!
 

I didn’t know If I AM 100 percent OKAY! (Means…I…nearly DEAD)
 
 
あの場所
とてもお気に入り

I really love Semuc Champey!

自然のパワーが強い

あの場所

Really Powerful!
My kind of PLACE!

Lime stone, crystal clear water…and
 
 
セムクチャンペイ

 
(そういえば 見たこともない大きな白い蝶もみた!あれこそ白日夢!だけど!!ほんとに見た!!!ああいうの!どうやって写真に撮ったら、、、)
 
 
Semuc Champey
 
 
I saw Huge WHITE Butterfly! there…Few times there! I couldn’t catch, but … sometimes I CAN NOT CATCH!(Something! NATURE!)
 

 

 
ああ、なんでだろう

Scary!
怖い

ふと
今書こう!
と思っても

I just looking my old i phone (someone already hacked! My Memo on I phone! Old one!!!)

古いiPhoneでさえ
ハッキングされて、、、
昔のメール
、昔のメモ
(こういう「世界」でAIの先生もAIの医者もヤバいと思うけど!)

My old i phone memo, my old emails
someone hack, Attacking HARD!!!!
 

事件のことは
あとで調べよう
(I’ll check it later on the net…about…)

 

 

 

だけど、、、
そう!
思い出したこと!

I just remember
I was nearly dead…

closest experience
死にかけたことがある。。。!

 

 

 

「ここにいて、全員そろうまで待ってて」
とガイドは言った

 

The guide guy said
 

“Wait here till everybody comes.”

 
 

あの洞窟の中、、、
そもそも
入る「前」に!私はガイドに聞いた

I asked before We enter the cave,
and one of the guys said…

 

“Can I use life jacket?”

「このライフジャケット、使いたいんだけど」

 
そうしたら、彼がいうには
「まーぺんらい(コレはタイ語)、もうまんたい(のような)」(あの、、、英語で大丈夫的なことを!彼は言った。)

I wanted to use!
but they said… “It’s okay…” (I couldn’t use the life jacket because…)

 
 

洞窟のなか、広場のようになっている(後で思い出すと結構入り口に近いところまで戻って来ていて、、、)
 
In the cave,
We (I didn’t know how many of “WE tourist” were already there…) were at kind of Open Space…(when I recall now, it’s not too far from the “Entrance” of the CAVE! but…there was “DISTANCE”…!

 

天井まで
もうそんなない?(1Mはあいてたかな?)
水嵩が増している(そこまで?)
、、、
 
It was much higher ceiling when We enter the cave but … much lower NOW!
 

 

The water was HIGH.
 

 

歩いて入ったあの洞窟
あの同じ「道」も、、、

The path of the CAVE has already disappeared and…

道ではなくなり
(自然の、、、神様というよりは
 
 
「自然そのもの!」
 
 
自然とは「そういうもの」と
都会に住む人は
どういう「タイミング」で学ぶのか?)
 
There “WAS” path, when We enter
 
but path has gone… JUST WATER!
 
 
nature of GOD!
 
 
or…
Nature itself!
 
 
When do We (live in the city like me relaxmax) learn?
 
About NATURE.
WHEN do We learn? That was timing for me.
 

 

 
向こうの方、、、(入り口、助かる「道」!生きのびること!)
 
 
I saw the light!
 

 
Over there…There IS LIGHT!!!!!
 

 
the gate of THE CAVE!
where We enter…the way to SAVE MYSELF!
 
「どっちかわからないな」(生きてここを出ることが出来るのか?)
I didn’t know whether…
(Can I get out ALIVE?)
 
あんなに死ぬかもしれない
(わからないなってぐらい「死に近づいた」こと!)
 

 

 
Closest experience to DEATH.
 

 

 
I didn’t know whether…
 

 
近づく、もしくは「わからない」(死ぬかもしれないということを「単なる「可能性」!!!」として?いや!可能性というよりは、「そのもの!」
 
Close? How?
or
I just didn’t know? whether…
was it just possibility ?
 
NO!

 
not possibility, JUST DEATH!
 

 

 

 
わからないな
どっちか
 

 

 

死ぬかもしれないな
と思ったことは
人生で何度かある
 

 

 
(I had experienced in my life… I don’t know how I can get out of here (locked room, locked “FORCED” mental hospitalisation! 医療保護入院 … POLICE DOCTOR INJECTION… I survived but I didn’t know how I could get out of here…(locked room… Police took my passport (and credit card, ID, money, key to my house…!) and went somewhere…)
(あの医療保護入院の、、、あのインジェクションも、、、そのぐらい「近く(死の!)」、、、頑張って生き延びたけど!!!)

 

 

 

広場のような、ちょっと広いところまで戻ってきていて
 
そこでガイド(のうちの1人の)男が言う
 
「ここで全員そろうまで待って」
(え?待つ時間あるの?)
 
Do We have time?
Is there?
 
But the Guide guy said…
“Wait here till everybody comes”
 

 

ガイドは
まだそろっていない「他の人」を探しに(迎えに?)また中の方へ「泳いで」戻って行く
 
「待つ時間、、、あるの?」
 
The guy went back (two of them) and … they tried to help others (who haven’t come)

 

 

どっちかわからないな

 

 

って思ったのは、
あの広場でのことだった?(たぶんそう)

I wonder…was it around ” the place (where We were…)” (I guess) or…
 
ガイドが「みんなそろうまで待って」
と言ってたその時、、、?
それとも、、、
when they said “Wait around here till everybody comes?”
…or
NO!
It was…when I was walking back? (I mean I COULD WALK first, then… I just had to SWIM (water went HIGH! So quick!)

 

 

…and
I HAD to grab the rock not to be swollen,
…then
I was swimming back…
 

(guess the fire had already gone…somebody not me had candle light…it has already gone…)
 

 

I thought
I don’t really know
FOR SURE” (if I CAN SAFE BACK!!!)
 
 
いや、違う!
 
その広場的な場所まで、、、歩いて入った洞窟を
「泳ぎながら」!!!
戻っていた、どこかの途中のことだったように思う
その広場のようなところで、足はつかないから、立ち泳ぎで、、、

 
ガイドは言う「ここで待ってて」
The Guide guy said
“Wait till everybody comes.”
…?
NO!
I can SEE THE LIGHT!
but
if the light goes off…
if the gate has gone…
 
WHY YOU GUYS didn’t SEE THAT?
え?
だって、、、
入り口
なくなったらどうするの?

 

 
There is distant LIGHT!
 

 
Distant one!

Not close ONE!

 
 
LIGHT!
 
 
I CAN SEE THE LIGHT!
 
OVER THERE!,
 
why don’t you SEE?
 
 
THE LIGHT!
 
 
すぐそばにではなく、、、
 
 
向こうの方
 
しっかりと
 
あかり
 
光が!
 
 

まだかすかに
内部に届いている!!!
 
 

DISTANT but LIGHT!!!!!!!
 
 
into the CAVE! It’s the gate for the…

その「光」
今!
まだ見えるのに!!!

 

 

 
THE LIGHT
 
I CAN SEE!
(so I know where to go,
which way to go
I know which way to go!) NOW!
 
(見えなくなったらどうするの?空気、光!)
If you lose the light,
 

 
AIR…LIGHT
 
 
DARK
NO LIGHT
Air started to get thinner
 
真っ暗な中
空気が薄くなり
方向もわからず(入り口の方向は入り口からの光でしかわからない観光客としてのrelaxmax)

 

 
Lose the sense of direction…
 
I was just a tourist.
(They need MONEY and Tourist! the locals!)
、、、そう単なる「観光、アトラクションの一つ、このあたり来たら「観光して帰ってね!(地域のお金にはなる)

 
 
だけど
なんでそんな悠長なこと言ってられるの?
 
WHY
the guide guy said
“Wait till everybody comes?”
 

 

 
We didn’t have much time
left…
 

 
Over THERE!
 

 
DISTANT LIGHT!
 

 
there’s still some space till WATER close the gate…but!
 
あそこ?
入り口(だったところ!?)???
 
 
空気はまだある

THERE IS AIR inside.
 

 
私は怖くてガイドのお兄さんに文字通りしがみついていた
 
I was scared
and cling to the guide guy.
 
もちろん足は届かない、地面だったところは
はるか?水没しちゃったの?
 
I was swimming and holding his body… so scared. 
No ground (where is?)
 

 
JUST WATER
 

 
The path We came in was already under the WATER…
 

 
確か
 
歩いてふつうにチャプチャプ中に進んで行って、、、
 
We walked in (some with flip flops? I was NIKE sandals! ) …
 

 
歩ける
We CAN
walk, pass trough, sometimes We needed to swim…the path was under water…climb up, the rocks, narrow bit and…
 
くぐる
たまに
水のなか
はい上がったり
よじ登ったり
ほんとに狭く

 

only for one person…
人 一人分のところとか
 

or like kind of “plaza” place…
逆に水たまって広場のようなところ
 

or a pool…
あらかじめ
泳ぐぐらいの水の高さの
プールみたいな場所
 
the water!
 
 

water fall
like a curtain



向こう側
くぐって
その先
まだ
 
 
After that,
is there …?
 
 
まだ?
道があって、、、
 
there was still “more to GO”
 
 
くねくね
曲がって
下りたり
登ったり!!
 
 
long and winding
path
to climb up and down…
 
 
水のないところ
石、
岩、、、道なき道もあり
 
No water around?
or
stone, rocks…
 
path without …
 
腰より深い?(そこをみんなローソク片手を持って!泳ぐ!アドベンチャー!笑!!!今思うと絶句。)
 

 
Some place We had to walk in the water…water was around waist and…only candle light in their hand…
 

 
みたいな
蛇腹
じゃばら道!
 

 
that kind of winding road like a sneak
sneak stomach
 

 
THE PATH FOR THE DRAGON
(not for human)
THE PATH OF WATER
 

 
龍の道
 

 
水の通り道
鉄砲水になる
 

 
Path of the DRAGON
 

 
path of WATER
Flash flood… when it rains in the mountain…there is a “LAKE”… and the WATER comes into the CAVE…
 

 
The Land
The Mountain
Local KNOWS
 

 
sometimes happens…(they didn’t tell but some dead… )
Tourists go into the cave only with CANDLES!
(Guide had head torch)

 

(山で雨が降ったらたまにこうなるよ、死人も何人か出てるよ、と地元の人は知っている)みんな(観光客14、5人?何人いただろう?)ろうそく!だけをもって中に進む!(さすがにガイドの人一人?はヘッドライト持ってた?)

 

 

 

They had life jackets.
I SAW!
 
…but they didn’t let me use…
ライフジャケット
そこに!!!
見えて「ある」のに
貸してもらえない!
 
They asked me “can you swim? “,
and I said
“Si”…

泳げる?
って聞かれて
Si
って答えたら
 
…then they said “Okay!” (if you can swim, it’s okay…ah.. but I WANTED TO USE!!!!)
 
 
SAFE JACKET!
If I could’ve use that…it was much easier…
 
じゃあ、いいよ
(えー、でもやっぱ貸して欲しかった!聞いているんだし!あったほうが安全!safe jacket!浮くこと出来る!楽!体力温存!!寒さ 空気の薄さ、、、方向感覚 時間感覚 なんでも)

bit cold, my strength in the water…
sense of time
sense of…
AIR… still?
which way to go…
 
命とり
 
ah…if I could’ve use SAFE JACKET!
it was…bit easier…but I didn’t have LIFE JACKET!
 

 

死と隣り合わせ!
 
closest I was
to DEATH…
じぶんが一番死に近づいた
(自然の脅威で)場所!
 

 
NATURE
teach US!
 

 
どっちに転ぶかわからない
 

 
生きて出る(ことできたいまでも、そのとき思うと、、、)
 

I didn’t know whether …

「どっちかわからない」
 
恐怖が蘇る
 

 
I never felt like that.
 I didn’t know if…
 

 
「これ、もしかして危ない(死ぬ)んじゃないかな?」
 
ふと

 

アタマよぎった、のは
この時が、
それまでの人生ではじめてだった。
 
I was thinking
it’s… is it okay? CAN I GET OUT OF HERE for SURE?
 

 
PERLIGROSSO
 

 
2012年グァテマラ
セムクチャムペイ
 
Semuc Champey, Guatemala 2012
 

 
Path of DRAGON
 

 
(まーぺんらい?なのかな タイ語では?)

 

 

 

 

Water getting high…
quick

 

 

水かさはどんどん増す!
 
(目で見て渡れると思っていても、一気に川が氾濫するに似て)
 
(If you “SEE” and think, I CAN CROSS… but Water getting high so quick… like the river…flooding…I guess sinking ship is…when it start to sink… who knows “HOW FAST”?)
きっと
船とかも
沈みかけたら
一気!
 
加速というより

 

 

 

危ないと
思うんだけどなーー
 

 

 
I was thinking
it’s…PELIGRO
 

 

 
「みんなそろうまで待って」
 
“Wait here till everyone comes.”

 

 

 
このガイドさん(悪気ないし その彼の判断も、ガイドとして、、このときは、、、後になって、、、)
(I guess his words are as “GUIDE”…)
 
って言うけど
 

The guide guy said but…

 

 

 

あそこの
 
遠くの
 
光!
 
あれ
 
なくなっちゃわない?
いけるの? 待ってて?

 
 
 

DISTANT LIGHT!
WATER IS QUICK!
SO HIGH!
Almost closing GATE!
I didn’t think there was TIME to WAIT…

 
 
 

THE LIGHT!
OVER THERE!
 
 
見えてるよ!
 
 
私、先にあっち泳いどこ!(すぐに抜け出せるように)
 

 
I CAN STILL SEE THE LIGHT!
 

 
I GO, THE LIGHT, I CAN SEE NOW!
 
一人で
出口に近づいて
 
I swam towards the light, to THE GATE! where We came in
 
…was almost
 
…disappearing.
 

How high WATER was to the …DARK?
 

一応
待って?
(ちょっとは。。。?)
 
 
I looked back (everyone was there)…
and wait a bit(?)
 
…then
 
GO!
 
WENT OUT from the GATE!
でも、パッと出た!!!
 

 

 

I was alone, everyone was still “WAITING” as guide said.
 
たぶんガイドの彼はそこまで、必死というわけでもなさそうで、、、(私ほど「死に近さ」感じておらず、現地で事情もうちょっとわかっているガイドさん?でも、、、)
 
I guess the guide guy knows more about this place…but he looked like he didn’t think he was close to death…how?
 
悪気というより(みんな助けるつもり)そろわないと(動きづらい)
 
guess, he was a nice guy, trying to help ALL, … so he was saying
 

 
“wait here till everybody comes.”
 

奴らおいつく?(いけるとちょっと甘い判断? みんなに待ってもらうという「ガイドの判断」(だって先に外出てもらっていないと!(中のやつらまだ生きてんの?出てこないな、、、帰ろうか?ぐらいの「助けにきた方の地元のやつら」だったぞ、、、順番に1人づつ!ぐらい「助け出しているところ!」、、、1番最初に助かっている私は見ていたけど、、、)
 

Are they coming? (Guide guys inside didn’t realise it was that close to DEATH, till the gate CLOSE! WATER close the GATE…! … I guess…) If I wasn’t OUT first! … how they (locals who helped us out… waiting somebody to come out) know… if THEY are “STILL ALIVE”. I … I was watching from bit far above … THEY were coming out with BROWN WATER…!(it was clear water when I got OUT FIRST!)

I decided by myself.
The guide said…
“Wait till everyone comes.”
and somebody didn’t see “THAT CLOSE to DEATH” and just followed what the guide said…and WAIT…didn’t make move…they said to me… “The Guide said “Wait””.
…BUT!

 

I GO,
I follow WHAT I SAW!

I saw THE LIGHT!
…and I SWAM to the LIGHT.

 
先に自分で「決めて」
(ガイドがなんて言ってても!(ここで待ってて)、それにしたがっていた他の観光客がいても(ガイドが待っててって言ってるよと彼らは言う)、、、)

 

 
「それでも!私は!自分で決めて!先に泳ぎ出す!」
 

 

そうして「1番に助かる」!!!
 

 
、、、たぶんガイドの彼は
私ほど「死に近い」とは感じておらず
、、、
だからみんなに言う
「ここで、みんなそろうまで待って」(待つ時間あるの?)
ーーー
 

 
だけど!
 
だから!
 
私は
 

 
一人で
先に入り口の方へ泳ぎ出した!
 

 

 
I was saying!
Look!
Is that gate?( is it almost 20-30cm?? High to the ceiling…? It was much higher when We were entering few hours ago? (60? Or 90? Minutes?)
 

 

 
みて!
あれ
入り口じゃない?
もう見えなくなっちゃうんじゃないの?

 

早くしないと
危ない!
 

「待ったほうがいいんじゃないの?(かってに行くより)
 
みんなそろって行動って
 
ガイドの彼も言っているんだし!」
 

 

 
(だけどね、彼はおそらくそこまで自分が「瀕死」の状況にいると全く気がついていなかったのかな?)
 

 
泳いだら
そこまで
遠くない距離
 
 
でも「距離!」
Distance!
あるんだよ!!!
 

 
「そこまで無事で安全に泳ぐ間、入り口が一気に加速して水で塞がってしまうまでの」時間
 
時間と光
そして距離
それ
測れる?
 
安全てそこ!!
入り口
ふつうに泳いで
「くぐれる(潜ることなく)」ぐらいは
 
空気も
あかりも
漏れている
あの
木漏れ日
でなくとも
透かしみる紋様
そういう
風紋
砂紋
動きがつくる
美しさ
流れのかた
足跡
龍の道
蛇腹の道
水の神様の住まう
「道」
 
それは
龍のためのもの
人は「かんこう?」
(たまに死ぬだけで知らせないしらない、観光だから、お金だから)
 
私は入り口を見た
光が見えるrelaxmax
光の道を見る人
心にしたがう
というあれの答えは
実は
そこ!
 
光を見るということ!
 
ふつうに!
泳いで戻れた!

 

 
(いつのまにか
片方のNike
今回の旅のため
選んで
買ったばかりで旅立った、お気に入りのサンダル!メキシコの山登りには向いていなかったけど笑
そのNIKEのサンダルは水に流された、洞窟のどっかで)
その後、次のちゃんとした大きな街
フローレス!で
しっかり歩けるサンダル!
Keenのエメラルド!
旅行中には
ちょっといい買い物!のお値段!
(5泊分?ぐらいかな?現地の価格、しっかり今も旅の相棒!!)それで遺跡に行った!
 

TIKAL!

 
片足裸足で宿まで歩いて帰るハメになる、山道を、、、これって「じゅうぶんあんぜんだったのにおおげさ?」
 
 
生きていても、、、
 
 
片足になった
サンダル
、買って気に入った
旅を共にした
 
 
「そこまで!助けてくれてありがとう!!」
 

 

 
片足だけになったけど(サンダル一つなくすだけですんだ)生きては出てこれた龍の道
 

 

 
中入って行くときは
全員で
ゆっくり
どうくつ?
ピクニックぐらい
周辺地域の
(ちょっと見あぶなそーに?
そこまでみえない?
でも中米だから?
 
あんないかにも危険なこと!
やる?
みたいな
地獄のロード!みたいな自転車で山降りたり(それって南米のどこか?誰かの写真とかでみたなー)とかの?
観光の一種?
(だったとか
なんとか
知らない!)
 
なんで行ったかというと
たぶん
せっかく来てるし
アクティブに
なんかやらなきゃ!
的に
まだ
はりきって笑!
いろいろ
やってたのかもー
 
まぁ
水辺で
写真撮ってうっとりー
っていう
ハイキングも
毎日
朝 一番ノリ!
 
して
ウットリしまくっていたけど!^_^
 
 
、、、
私は
じぶんで
泳いで戻った
 
 
「泳ぐ」
がまだできた!
体力?酸素 洞窟にどんだけ? 光? 方向? 入り口どこかなんて
全く知らなかった!
 

 
あかり
 

 
あったから
 
「見えた」
から
そっちに泳いだ!
 
(泳ぐ「力」残っていたからできたこと!!)
 
頭
ぶつけず
ふつーに
入り口(だった数十センチの穴)
 
泳いで
外に這い出た!
 
人がいるのが見えた
 
自分で立って
歩いて
上の「大地」
土のところまで!
戻れた!
その体力
なんとかあった!
 
洞窟に数時間?時間感覚ないよ、思ったより長く歩くんだな?そんなおおきいの?とかどこまで?とか
よく知らず、、目的地 てきななにか、、、まで全然遠かったらしいけど!
 
どうやら
半分は進んでいたのかな?
 

まださき(洞窟はどこか違うとこまで続いている?!そこで折り返し、戻る、、、一山さき?)
歩く?
Tubeはやいよー
(水多そう 止めようぜ!)
 

 

 
水の勢いどんどん増す
鉄砲水の
超絶ふっといやつ!
 

 

 

足は震えている
、止めようと思っても
どうしようもなく
震えてしまう!
 

 

 
外に出て
安全な場所で
、他の人が、まだ誰も出てこないのをみていて
 

 
十分に
入り口(だった穴!)
から
距離とって
 
少し高台
みたいになってる
洞窟と同じ種類の「岩場」ではない
 

 
茶色い「土」のとこ
そこにいて
入り口を
震えて見ていた
地元のひと(おそらく)たち数人が、救助には来てくれていた(らしい)
 
私のあと、、どのぐらい後とか
全く覚えてないけれど!
 
わりとすぐ?
数分はあったの?(なんで次出てこないと恐怖だったのは救助に来たひと!コイツ一人しか泳げないぐらいの酸素なの?迷った?あいつらどーする?どーしよ、なんもできない、、、とかだったのかな?)
 

 
一応ロープ垂らしとこ
、、、
 
みたいなやりとりで
あったのか
なかったのか、、、
 
あれ?
でも
濁流
茶色いモノ
になってて
真水
ではなくなていたな、、、
 
 
茶色いなにかとともに
日本人のカップル
(女性と男性 二人旅、彼らと確か連絡先メアドかなんかは交換したかな)

 
助けに来てくれた人たちの
 

を借りながら!
 
「手」
 
あったんだよ!
 
 
そう
 
誰かの「手」
 
自分で
這い上がるの?
ロープ伝いに
引っ張りあげられる
女性がおそらく先?
そして続いて、、その連れの男性
 
(水、強くなってた、、、
私が自分で出た!時よりは!!!
 
水圧で 床 水 滑りまくり、、、中に水圧で戻されちゃう?)
 
生きた心地しない?
救助あってよかった
 
「誰かの手」と「ロープ」
外からひっぱり「出す」人の「力」
水圧に負けないよう「引っ張って!」中に残っている人たちを「助け出そうとする救助の!!!!」
 
「力!」人たちの「手」!
 
まだ中、なんにん?
 
 
あの人(て、これ 私 relaxmax )先でといてくれてた
からこそ!
内部
残された「空気」
全員 息!!
まだ!
できる余地 残して!
体力!(肺活量 体重 その日の調子 心肺機能!)
 
 
息が続かない
光(希望)がない
呼吸不全
不安
 
なんか
呼吸、、、変わった?違う?
 
って気がついてしまって
はじめて泣きそう!
になる人も、生きてはいて
 

 
感謝なのは
 

 
「生かされた」
 

 
光 先に「見て」!
そっち
に飛び込んだ!
 

 
だから
 
「今」 「生きて」
いる
 

 

 

 
思い返せば、、、
で思い当たること
 

 
私のは
天気、
とライフジャケット!
 
あとは、、、
今日
久しぶりに
あの日の出来事
 
思い出しながら
今
フト
思い当たった!
 
途中で
誰かが持っている
ロウソクに
頼らなければ
ならなかった!
 
 
だって
私(も!というか全員が)
ローソク片手に足場悪い中
ゆっくりゆっくり、、、
 
だけど
なんか
途中
フトしぜん?に消えた?
 
落としたわけでない
自分の手元に
自分の手持ちのあかり
ない不安!
 
 
(そこまで暗いわけでなくほの明るい
 
それは
ライムストーン?石灰石の
あのあたり
 
 
 
独特の地形と
地質
そこにしかいない
なにか珍しい現象も
たくさん
(幻のように。。。大きくて白い、、、見たこともない、美しいなにか、、、蝶!)
 
 
生きているものたちを
ガブリと
飲み込む
へびの腹
 
じゃばらのくらやみ
 光の道
 
 

そこで
なにか
照らしていたのは

 
智慧

 
気がついた
 
そこ
かしこ
 
暗喩
メタファー
 
そう!
危ない!(て思って生きていて、ちょっとなにか失くす)
そこで、、、
 
いくつかの
サイン
 
見て
 
あれ?
 
って思って、、、
 
 
だけど
なんで
ライフジャケット(欲しいのになー
なんで貸してくれない?あるのに!泳げるならいいでしょ?、、、、
て言われても
絶対欲しい!!!
 

危険とまで思っていなかった
 
、、、
のは
天気!
(まだ雨、降る前!)
 
 
降らすのは
もちろん
龍!
神様は
知っている
 
嫉妬に負けない
高貴な魂をさえ
 
ひきずりこむ
 
ソイツらではなく
一網打尽!
引っ掛ける
とか
這い出す
とか、、、
 
わかりやすいのは
歩いて入り
泳いで出る洞窟の
カラクリ!
 
 
それは
地元の人たち
知っていて
 
 
当たり前(自然の現象の一つでとくにたいしたことなく)
 
 
だから
 
気をつける?(ナニソレ?かって知った、、、
 
危なければ、死ぬ、、、生きてたな、よかったんだよ
 
生かして出してもらえた!)

 
腹から出す、、、
悪い虫 やなヤツ
イヤと自分で気が付かない
嘘つき
自然を、、、
 
蔑む ゲスい心意気のなさ!
 
そう、
なぜか消えた el fuego
 
 
 
なんだろう?
はい進むぐらいのスピード、、、
速度!
 
空気
「なくなる」
速度!
?あったのかな?
途中で
風でなく
ローソク
確か
消えちゃって
(フッと)
 
誰かにとっては
それは
一つの兆候(サイン!悪いととる、、、必要
実はあまりないのは

 
「危険」
peligro
と書いてあるようなもの!

 
 
 
サイン!
教えてくれている、火消える
炎がない lost the fire… )
 
 
そっち行くなよ
危ない
ってこと!
 
だったのかな、、、今思えば
 
 
消えたよ、炎
なくしたよ(「手」のなか、手中にあったモノ、ローソク)
 
人が多数(二酸化炭素、どこに出る?酸素と二酸化炭素、、、循環?水、、、たまる?)
 
普段より
参加人数が多かった?
デイツアー
 
だったことも
遅々として進まない遠因
だけど
気がつけば
けっこう奥の方(それでも、半分!だったらしい。。!!)

まで来てしまっていて
 

 

 
火、
消えてしまう
 
 
というサイン!

 
 
 

サインがあったのは
後!
気がつく
とすれば
私も
今より10近く
Younger だった頃のことを
思い出し
なんとか
あの「恐怖感」を
描き出そうと
筆をとっている
 

 

 

あの「かんじ」
 
今、思い出す、、、
 
 
 
それは
私 relaxmax には
最後の方
あかり見えて来たときより
 
 
Peligrosso
危ない!
 
 
 
GO!
 
 
 
水!
増えてる、、、いきなり!ゴォーーーーってすごい勢いの
 
カーテン
水のカーテン
 
戻って!
戻って!!
急いで!!!
 
 
GO GO
 
 
確か
私は
その
ちょっとした水量が、、、
 
(ほんとチョロチョロ、、だったあれ!あの水の量が、一気に「増す」ところも見ていて!だからこそ、、、
 
「危ない、勢い、水、流れ、、、一気に変わるから!!」
 
 
(歩いて、走って、来た道を戻っていたのが、いつの間にか!!!
 
流されてしまわないようにつかまりながら!!!!の水量!)
 
 
チョロチョロしてたよ、
「ついさっき」まで!!!
 
なんで?(いまはしらない、でた後の種明かしまで)
 
とか
なんで
を考えることもなく
 
わって
一瞬で行動
それがサイン!(天気のサイン!、、、がここに出ていたんだね、遠くで鳴る
 
 
 
遠雷
 
 
 
外
出る(入り口あってよかった!水没してしまうまでに出れてよかった!空気吸える肺、あってよかった外気、、、気圧変わる、低気圧、、、地響きのような遠くの
 
 
 
ゴオオオオオオて水の音!
 
周波数が地元の人には(繊細敏感!)

 
聞き間違いない(私きいたこと、、その当時はなかったな!)
 
 
 
ありゃあ、「来る」
知って やって「いた」
 
 
私には
まだ聞けなかった
 
いま知って聞けるようになったのは
 
開眼というと心の眼を開くこと、開拓、開けて啓く、ひらく、扉!のため
みみをひらくこと
耳の門、ゲートの一つ(for me!)
 
耳の門
 
その時
「聞けなかった」(比喩)ということと
今は、、、
 
 
 
ほんとは
なんか
あっちの方
天気あやしいな
 
あめ?降るの?そっち、降ってる?的に
 
「なんとなく」
気にしていた
天気、だったように思う!
 
 
 
遠くの雷
遠雷(聞いてないけど!)
(どっかんおっこちる空、水!)
 
 
 
天空の龍の棲家

 
 
 
私が1番最初に出て来て
(まだ他の誰も出て来ていないその間?それとも、、、)
 
彼ら
地元の人が言っていたのは
 
 
「地形」の話
山の天気
山の上の方
湖があって
そこで「雨」が降ると、、、
 
 
たまにこういうことが起こるらしい
(その水、山の神様龍の通り道!)
 
雨が山の上の方で降ると
もっと下の方(それこそ洞窟の入り口のあたりで)は降っていなくても!!!
 
そうすると
あの「洞窟」
 
水、神様
龍の道!
湖の水が
あふれる「鉄砲水」!
そういう地形!
そういう「洞窟」
 

龍の腹
お金にはなるからね、観光!
 
地元の観光資源の一つなのかも?(ただし、時には危険、(知らされていないけど)死人はたまに(年に数人!)出るらしい。)
 
入ってきた
その「入り口」、、、
 
開いたままだったのは、、、
「私(ひとりだけど)」出た!!!から、
「あ、まだ生きてた、いるんだ、中!(ぐらいのんき?)」
 
、、、
全員がちゃんと這い出た頃に
その入り口は水で塞がれてしまう
 
救助に来てくれていた地元の人たちは
、私が1人外に出てきた後
 
 
(、、、どのぐらい時間かかっただろう?)
1人ずつ
全員をロープでひっぱり上げて
救い出す
 
 
 
一応、全員外に救出出来た「すぐ後」!
洞窟の入り口、であった「小さな光が洞窟の中に差し込む「穴」であったところ」!は水の中に沈んでしまった、、、
 
 
、、、生きてたよ、全員
 
 
 
それを震える足で
見ていた
 
 
 

それからしばらく
水が怖くなり
 
「水恐怖症」
水にあまり近寄れない
(遠目に見てるだけ、、、なんとなく水の近く行きたくない、、、あのメキシコの「あの場所」にいたあたりはそうだったな、、、その「水恐怖症」を克服したのはベリーズ!ブルーホール!!!ダイビング!、、、水、近寄るの怖い!(あの、、、セムクチャムペイ以来、、、でも!)ブルーホールダイブで克服した!(なにかギアがあれば安全に感じるらしい、水に「潜ること!」)
 
 
 

1番死に近づいた経験
グァテマラ、セムクチャムペイ2012
龍の道
 
 
「どっちかわからないな」
 
という恐怖と足の震え
 
助かっても!

 
恐怖

 
自然に対する畏怖
、知らないことを「知る」こと!
 
 
 
(だいじょうぶかな?これ?生きて出れる?)
 
 
本気でわからない!!!
 
(100ぱーだいじょうぶ、生きて戻れるかわからない!!!!)
と突然
悟って
必死
 
必死だったから
あまり
覚えていない
 
部分ごとの記憶
 
歩いて戻って(走れるような平地でなく 起伏も多い、、、水 バシャバシャ やって、、、)
 
 
それで、
なんか
突然
もう
泳いでいた!!!!
 
 
流されて
岩につかまり
水嵩
ましていて(いつから?知らない!!)
 
 
確か
途中のとっても狭い部分
(一人ずつ よじ登り、、来る時は
ローソクを岩にくっつけて
灯りにしてたな、確か)
 
その狭い部分
、1人ずつよじ登って、来た道を、、、抜けて
降りる!
 
そこは
通り過ぎて、、、
戻るほうがやっぱ早いな、、、
 
片手でローソク持って泳いでいたのは
 
(割とすぐに消えた、、、私、ロウソク持って泳いではいた?
 
中に入って来る時(行きしな)にすでに、、、もう私のロウソクは、、、すでに消えて私は持っていなかったんじゃないかな?
 
私ではなく
なんか、ちょっと離れた
近くにいた「だれか」?
 
その人
器用に
ローソク持ったまま
泳いで!!
 
私は
おそらく
戻る列の
最初の方というより
 
真ん中?(やや後ろ?)
つまり
進む行列の
水路、、だった
蛇の道、、、
蛇腹の、、、
 
 
 
水が
カーテンのように
そこを
乗り越えた
後、、、
 
(水のカーテンを1人ずつ!歩いて「超える」、、、それを待っている「のこりの人たち」、、、そういうポイント!洞窟の蛇腹の、、、半分ぐらいと地元の人は言っていた)
 
私より
後の、順番に1人ずつカーテンの「こちら側に」あと数人は、、、
ふつうに
その
水の壁、カーテンを
 
乗り越え
コッチ!
 
(そしてまだ半分くらいは?)
アッチ!!!
 
 
 
その状態で
水増えちゃって!!!
急に
 
ゆるやかな水の流れ
が、いきなり
勢いを増し
、滝の!!!強さ!!!!
 
 
ゆるやかなカーテンが

 
 

GO!
GO!
 
 

突然!
 
向こう側戻って!!
てかんじで
突然引き返す!!!
ゴォーーーって
音も変わり
景色も変わる
 
 
 
そこから
急ぎ足、、、
足場
、こけないよう、、、
 
もっと先まで来て(カーテンより進んで)いなかった人たちが
先に引き返し出したと思う
 
 
匂いにきがついて
ヤバ、(絶句 水、飲む?硫黄?違う 異臭? 炎、、無くす?(爆発ないよね?)
 
 
時間の感覚、、、
 
暗い中歩く
もしくは
太陽のない場所
 

ある種の極限状態、閉鎖恐怖症、、、
 
だけど私は「それ」より
「空気の量」より
 
 
 
「水」、「そのものの勢い」
 
 
 

水そのものに対する恐怖
龍の道
 
むかっしから!だったなにかが
変わらざるを得ない
 
「常態」はない
情の厚い あついのは情け

 
無用は 、、、knockではなくtraveller でなく
Tourist!(て誰が謗る?)
 
 
来た道、、、歩いていたはずが(小走りというか、、、足場が悪いので走るのは無理
一瞬で
歩くとか、、、
じゃなく、、、流されながら「泳いで!」戻る
 
 
蛇腹道(みちなき道)
 
水で

この「歩いて来た道」自体が
 
自然の脅威のひとつ
「地形が変わる、道、水路(これもミチ!)、、、そういう
 
 
水のための「道」(ヒトのものではない自然)
 
 

Change of Course
あらがえない
「力」!!
 
 
あらがう
でなく
、したがうでもなく
 
よりそい
それに
そえるよう、、、
生き方自体
 
CHANGE!
 
 
 
Game changer という
単語、熟語?
 
機は熟す
熟すのは
憂い、、、ののち
流された「靴、というか買ったばかりではなればなれのサンダル!NIKE!(買う時に、実は、コレ、、、かわいいけど、マジックベルト、とれちゃわない?(脱げちゃわない?と考えてみる想像力、、、あったけど買ってしまったな、、、気に入ったから!)
 
 
 
私が
一人で、
自力で
 
自分の判断で!!
 
泳いで
出ることできていた
 
のと
ぜんぜん違って!!!
誰かは言ってたよ、
「ガイドは待てというから、待ったほうがいいよ」って
 
 
 
でも
自分で「決めて」
生きのびた!(1番最初に助かった!)
 
 
 
自分で
思ったのは
 
自分のsense 感覚
 
怖い
危ない
 

 
あっち!
 
あそこが
入り口(だったところ)
あんな狭い!だから危ない!
 
 
 
人が何と言おうと
「みんなそろうまで待って(ガイド)」
 
「ガイドがああ言っているから、待ったほうがいいよ」(と彼らは待つ)
、、、私が泳ぎ出しても “そこにとどまったまま!!”だった彼ら!
 
 
 
私は行く

 
光、見える
 
見えたから!
泳いだ!
自分で!
一人で決めること
 
I am a surviver
relaxmaxontheroad.com

 
IKUE relaxmax

Leave a Comment