YES (2021)

 http://relaxmaxontheroad.com/yes/

 

“abstructus BLUE-tus”(2021)

http://relaxmaxontheroad.com/abstructus-blue-tus/

 

Catcher in the universe 20210101 (2021)

http://relaxmaxontheroad.com/catcherintheuniverse2021/

 

月明かり 日の道   (夢というのは) The day of Moonlit (2020 Apr)

http://relaxmaxontheroad.com/the-day-of-moonlit/

 

EL PORTAL (2019/08)

http://relaxmaxontheroad.com/elportal/

 

EVERYTHING IS LOVELY 全てが愛おしいと感じる人生を  (2018)

http://relaxmaxontheroad.com/everything-is-lovely/

 

Mother Earth is Playground for Children (2017)

http://relaxmaxontheroad.com/motherearth/

 

世界はたえず-I m p r e s s i o n n i s m e – MerhrLicht! (2017 July)

http://relaxmaxontheroad.com/impressionnisme/

 

BLESS UP EACH ENCOUNTER with NATURE 自然との出会いは一期一会 (2017)

http://relaxmaxontheroad.com/blessupnature/

 

Sky is SO BLUE / STILL remember YOU (2014)

http://relaxmaxontheroad.com/skyissoblue/

 

FOLLOW THE LIGHT WITHIN(2014)

http://relaxmaxontheroad.com/follow-the-light-within/

 

Cosmic Awareness 天からの愛のとおりみち (2014 Sep)
http://relaxmaxontheroad.com/cosmicawareness/

 

Noche De Los Muertos (2013)

http://relaxmaxontheroad.com/noche-de-los-muertos/

 

AGUA Y LUZ – 水と光 (2013)

http://relaxmaxontheroad.com/aguayluz/

 

2012.12.21 star people as messengers(2012)

http://relaxmaxontheroad.com/star-people-as-messenger/

 

Parties in Other Rooms  (2006)

http://relaxmaxontheroad.com/parties-in-other-rooms/

 

Rhyme for Christmas Time (2006)

http://relaxmaxontheroad.com/parties-in-other-rooms/

 

:::

WHEREVER YOUARE (2012/2020)

 http://relaxmaxontheroad.com/whereveryouare/

:::

Voice for Three Head by William Gibson

THIS CITY IN PLAGUE TIME  平坦な戦場で 僕らが生き延びること

http://relaxmaxontheroad.com/this-city-in-plague-time/

 

 

 

:::

 

窓の外の鳥ちゃんsaid (something from birdy I )  (2020)

http://relaxmaxontheroad.com/birdy-i-said/
 

 

 

 

 

 

 

窓の外の鳥ちゃんsaid (something from birdy I )

窓の外の鳥ちゃんsaid

 

“Wherever you are
I’m sending my love
from here
so you’ll never be alone!”

 

 

「どこまでも

愛は続く
そこにいる君たちへ
僕からの愛」

 

THIS IS MY LOVE, MY ETERNITY…

 

EVER BLUE stories of PURE DEVINE LOVE

 

JUST for YOU to READ them HERE…

何度か聴いたあの曲

 

repeated THAT tune again and again…

その手元から放たれた風船
消えていくまで眺めていたのは
ついこないだの、昔

 

The ballooon  I just saw  on the screen ages ago…

Never fade AWAY memories

till it gose somewhere into the UNIVERSE…

like YESTERDAYs I heard

そういった君
何処へ行く

so

Where have you been? and where SHALL WE GO?
未来は僕たち

 

FUTURE IS US

朝をつげる
いつか

 

Someday WE SHARE

it on HERE

THE WORLD IS WAKING US UP !”

 

この窓の癒し

 

THE HEALING

ENERGY of EL TIERRA !

それはまた別の世界では
もうすでに叶っている

 

It’s already heard and prayer——-ed

in

UNIVERSE OTRO …. ( someone you know ) to SHARE… not seacret anymore…!

並行世界へ飛ぶ船、星船

 

TOBU (flying)SPACESHIP

——-

HEIKO SEKAI ( shift tilt… and have changed… must have heard before you COME HERE….

宇宙の窓を開き

 

OPENING the

Window

of

UNIVERESE
すでに

Already

今、ここ

UP for IT

揺り動かす

NOW I shall … TEAR and TOUCH

… into YOUR HEART

その
彼方
飛び立った

 

Wonder Yonder Ponder

it

WILL

Set (and Sit ) for

 

 

どこかへ 放たれた風船(いつかみた)のように

 

Like a Dream We share

The Balloons We dreamed of

sometime SOMEWHERE...

 

消えない 記憶
burned my eyes and hearts…

I m r e s s i o n n i s m e – MehrLicht!- 世界はたえず

 

 

世界はたえず
動き続ける
THE WORLD
MOVING FORWARD and TILTING
水のように
瞬間は流れる
LIKE
A WATER in
A MIRROR
in A Moment of NOTICE
時の流れ星のしっぽを
捕まえようと
シャッターをきる
TRACE of STAR SAND
CAUGHT YOU here… on this SPACE SHIP
SHUTTER
RELEASE
…then BLOW UP!
スピードは
いつでも

ほんのすこし
遅いのか
早いのか

SPEED is ALWAYS  with US

little bit LATE
little bit soft and JUST
or… TOO LATE to be IN TIME for… (early BIRDS to FLY !)
絵に描いた一瞬の現実世界

印象派

 

もっと光をと  MehrLicht!
カメラは言った My Camera hear…

I just draw THE WORLD with my CAMERA
LIGHT on to PHOTOGPRAHS

impressionnisme

 INSHO-HA
一瞬の光にきらめきの残像を
カメラは覚えていた
afterGROW in a moment
IMAGEs  never fade away

My Camera still remembers…

 

2017/07/10

C O S M I C A W A R E N E S S  天からの愛のとおりみち

 聖なるパワーをひめた場所

 

聖地

 

うちなる声をきき

ひとつの大きな愛につつまれて 神様とつながる

 

私はただ

天からの愛のとおりみち

 

いれもののように なにも考えずにシャッターをおす

太陽はひとつ 月はひとつ いくつもの星がかがやく 宇宙はいく層にもかさなり 次元をこえたところから とどくエネルギーに

いつも呼ばれるように

 

 

 

CALL  from

Other DIMENSION

Trough Parallel Universe

 

ONE n e s s

for

C O S M I C  A W A R E N E S S  W e

ALL

came from ONE

 

LOVE your SELF

like what you

 

SEE
HEAR
SENSE

 

SACRED LIGHT

スクリーンショット 2021-09-12 13.46.50

 

We ALL have WITHIN

 

elaxmaxontheroad.com    IKUE relaxmax

 

 

月明かり 日の道 (夢というのは) The day of Moonlit

夢というのは

はるか彼方にある向こう岸 つまりは彼岸のことではなく

書いた手紙 そこに記された道標

その道標をたよりに 歩く 月明かり 日の道

relaxmax

 

 

 

I just saw

In my Dream

The road

I was writing my Novel as a Letter to…

 

Never been to the Other side of… this ( or THAT?) reality is always … on this side ( or OTRO mundo?)

Young, Alive, in…

ONCE UPON A TIME

I WAS a teenager and
listen to THESE ;) ( kind of “SHIBUYA KEI” and some others )

 

Be Wise to history
Open your eyes and declare to me
歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(82)

 

いつか
みんなで
目覚めたら  みんなが心 動かしてくれたら

I wish we’d come to our senses and see there is no truth

In those who promote the confusion for this ever changing mood

みんなが 気がついたらいいのに

こんなふうに たえず変わり続ける世の中で

混乱をおしすすめるやつらのなかに 本当のことなんてないって

 

My Ever Changing Moods / The Style Council (84)

 

I ask you Lord why you enlightened me
Without the enlightenment of all my folks

神様にたずねた どうして僕を目覚めさせた

僕の家族たち すべては目覚めていないのに

He said cause I set myself on a quest for truth

それは 君が真実を探究したからだと神様は言う

Tennessee / Arrested Development(92)

 

 

 

ALL LYRICS here on this page is translated by relaxmax

僕らは古い墓を暴く

遠くまで見える

なりだした鐘

名前をつけて

Colour Field/青春はいちどだけ / The Flipper’s Guitar(90)

 

古い墓=レコードとかかな;)

 

むかしむかし
15歳以降、90年代はじめ

 

誰かが「渋谷系」と名前をつけたあの街の音楽(太田さんかな;)

大阪の高校生だった自分にとってはちょっと遠くのキラキラした街

Young, Alive, in Shibuya

 

written on 25th May 2021

 

 

彼らが聞いていて教えてもらって聞いた曲とか

高校生の頃とかに私が聞いていた曲たちなど

10代のころ聴いてた曲でおもに選曲 :)  あとは、その頃の自分に今の自分が聴かせたい曲とか!(昔はその曲知らなかったけどこのプレイリスト作りながら出会った曲!)

 

Flipper’s Guitarチケット買って持っていたけど解散しちゃったからライブみたことなかった!!!高校2年生の頃、解散したあとに出たライブ盤ばっか聞きながらバスから窓の外眺め見てたの、なんか覚えている。学校からの帰り道。(普段は電車、心斎橋ゆき、、、今は地下鉄開通してもう長い。)

 

Flipper’s Guitarを好きになって、そこからいわゆる「洋楽」って呼ばれていたような、いろんな音楽を聴くようになって。高校生のとき、そういえば放送部入って、お昼休みに好きな曲をかけてたなー、全校放送で。

 

 

何をかけていたか(友達と3人で)、、、もう記憶はおぼろげ。。

私がかけたのは、Mon Foot Ball Jazz (Kahimi Karie) Plasticky (Nerories 、、モーマスと一緒のライブもクアトロで見た。その時のDJは滝見さんだったのかな?あの表記、チケット載ってたやつ、、)、、、あとSatisfy Me (Mary Palmと一緒に買ったかな。なんか気に入って両方の曲かけてたかな)、、、あとはFlipper’s Guitarなにかけたか、、あんま覚えてないけど、多分Fab Gearに入ってたあの2曲。(解散してから買ったし、高校2年生だったから。)

 

中学生の時はずっとチェッカーズばっかり聴いて、コンサート行って踊って(Danceは好きですか? checkers は好きですかー? SUKISUKI CHECKERS since I was 8)

 

 

プレイリストの曲たちは、各アーティストのデビューアルバムであること気がつけば多かった!(U.F.O , Cornelius ,  Arrested Development, St. etienne , Ben Watt ,Digable Planets, ATCQ,  Stone Roses,  金延幸子 , Minnie Reperton  などなど)

 

私も、高校生だった90年代から、遠くはなれた場所に今はいる。

 

10代の頃の「遠い記憶」

 

あの曲、「テネシー! 」って歌っていたのはその頃の友達。(だから彼らArrested Developmentのこと知ったんだった!彼女には年上の姉兄がいて、アナログでCafe Bleuとか彼女が持ってた(お姉ちゃんのレコードだったのかな?)。ATCQのMidnight Marauders出た頃(高3)にリイシューでThe Law and Theoryを両方アナログ買っていたのも彼女(だから聴いていたんだなー、きっと。なんか彼女がレコード買ってたとき、一緒にいた気もする。心斎橋かな?)

 

そういえば、パステルバッジは、もうなくしてしまってずいぶんたった。(心斎橋のクアトロ(もう別の場所に)で見た気がするな!)

彼らアーティストたちもデビューした地点から見ると、それぞれの人生の中で、違う場所に立っているのではないかな?:)とあらためて感じたり。

 

 

高校の頃とか何聴いてた?

そういう音楽
思い出して久しぶりに聴いてみた

90年代はじめにあったような

渋谷の街

今はたぶん

ぜんぜん違う街 (レコード屋さんとかへったかな)

 

 

この場所の記憶残して 

RAISE YOUR HAND TOGETHER / CORNELIUS (93)

(remember this place…)

 

 

Talking Loud and Saying Nothing / James Brown

Talking Loud (Gilles Petersonのレーベル)の名前の由来の曲でもあり、同名のパーティもイギリスでやってたみたい。16歳のとき、92年渋谷のレコード屋さんでTalking Loud の12inchを友達のバースディでプレゼントした気がする。(なんの曲か思い出せないけど!レコード屋さんの名前は覚えている。渋谷のどこかのビルの1室)

 

 

We are Loud Minority
We are a part of those concern with CHANGE

我々は大声で叫ぶ少数派 我々は極めて重要な変化の一部

 

 

Loud MINORITY / United Future Organization (92)

U.F.O.はTalkin’Loudからアルバムリリース。92年秋の音楽会というイベントやってて友達と行ったよ;)(いわゆるクラブ的な場所ではなかったけど!)

 

ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ / オリジナル・ラブ(92)

同名のパーティがあったみたい;)

 

 

 

THE LOVE PARADE / CORNELIUS (93)

下北沢ZOOで滝見さんとかがやっていたのかな?私は行ったことないけど、だけど、なんかのパーティで一度だけZOOに友達と行った気がする。。。なんだったんだろ?

 

 

 

Take me to another place
Take me to another land
どこかへ連れていって
どこか別の土地へ

 

But Lord I ask you (home)
To be my guiding force and truth (home)

神様

僕を導く力、真実であって

 

I ask you Lord why you enlightened me
Without the enlightenment of all my folks

神様にたずねた どうして僕を目覚めさせた

僕の家族たち すべては目覚めていないのに

 

He said cause I set myself on a quest for truth

それは 君が真実を探究したからだと神様は言う
He said what I am searching for are
The answers to all which are in front of me

 

神様は言う

探しているもの すべてに対する答えは

すべて君の目の前にある と

 

Tennessee / Arrested Development(92)

 

 

イギリスBIG CHILLでオフィシャルフォトグラファーやったとき彼らの写真撮影したよ;)彼らの曲を聴いていたのは16歳のとき、、、遠い記憶 、テネシー!リアルライフで初めて出会えたのは14年後。

Arrested Developmentは私のカメラの目の前にいた!

 

Its great pleasure to shoot Artist who I’ve been listening since 90s as a teenager ( I was 16 and I met them 14 years later in REAL LIFE … in front of my camera! ! The answers to all which are in front of me!as answered prayer ;D)

 

As an official photographer at BIG CHILL ;)

Bigchillでオフィシャルフォトグラファーやりたい!って願った

その願いが叶った!(Answered Prayer!)

だから私は、その時、その場所=Big Chill にいた!

そしたら、偶然、Arredsted Developmentはその年のヘッドライナーでイギリスに来ていた!(彼らはアメリカのアーティストで、私は日本からイギリスに行っていた。we both on the road! )

 

Miracle encounter just happend ;)

 

私たちは 奇跡の中 生きている。

WE LIVE IN MIRACLES!

 

I wanted to take photo as “OFFICIAL ” photographer at bigchill ;) and I was there because my DREAM has already CAME TRUE!

and…. Arrested Development were one of the head liners at BIG CHILL, so for me, kind of miracle to catch them!  ( coz I didn’t know they perform till I got there , I just found their name when I arrived bigchill site…!)

画像1

 

I ask you Lord why you enlightened me
Without the enlightenment of all my folks

神様にたずねた どうして僕を目覚めさせた

僕の家族たちすべてが 目覚めたわけでないのに

 

He said cause I set myself on a quest for truth

それは 君が真実を探究したからだと神様は言う

 

+++

 

 

His songs helped me to wake me up,

without noticing, I’ve been listening to their songs…!

then TIME TELLS ME!

 

彼らの歌を聞いていた 16歳の頃、大阪で。

そして

遠い記憶の中のパーティ、Big Chill で、15年前!!に。(今これ書いてるの2021、この写真とったの2006!)

 

スクリーンショット 2021-06-04 14.35.45

蝶々! butterfly on T-shirts ;)   butterfly は変化の象徴

目覚めていた SPEECHする彼らは

私の目覚めを
歌を通して助けてくれた

(私、そしてこの言葉を、今、読む いく人かの人々も。)

 

画像3

画像11

 

割れんばかりの歓声!!!

とてもよく覚えている!その年の個人的にベストアクト!!!一番楽しかったかも;)!

画像12

画像3

90年代はじめ高校生の頃とか聞いていたアーティスト
あの曲、生で聴けて撮影できて一生の思い出;D!) みんなで歌ったよ!

 

Rest in Paradise BABA  OJE

90年代はじめ高校生の頃とか聞いていたアーティスト
あの曲、生で聴けて撮影できて一生の思い出;D!)

2006年から15年経って、BABAはすでに(2018年に)なくなっていたと知る。

だから、あの時、あの場所で、彼らのパフォーマンスを見ることできたのは一生に一度のLIFE TIME ENCOUNTER!

私の人生1度きりの、BABAとの出会い!

 

「 We are eye witness 私たちは目撃者だった

I seal the timelessness… with my camera

私は永遠の一瞬を封印する」

 

POEM “Parties in Other Rooms by relaxmax”

http://relaxmaxontheroad.com/parties-in-other-rooms/

遠い記憶のなかの愛すべきパーティ達

 

他に、2006年出演していたのは、Gilles Peterson, Ben Westbeech, 4HERO, Cold Cut, Mix Master Morris, Mr.Scruff Roots Manuva, AIM,  DJ Derek (R.I.P)  とかとか。

(MorrisさんとCold Cut DJ DEREK 以外はこの年初めて見たかも!Big Chill には合計5回ぐらい行ってる)

画像4

4HERO  Les Fleur 聴いたよ!;)(彼らはTalkin’ Loudからリリース)

 

It blooms to spread love and joy, faith and hope to people forlorn
Inside every man lives the seed of a flower
If he looks within he finds beauty and power

愛と喜びと誠実さ、そして希望を孤独な人に届けるため 花は咲く

すべての人の内側には 花の種が生きている

内側を探せば 美しさと力が見つかるでしょう

 

Throw off your fears, let your heart beat freely

at the sign that a new time is born

恐れをすて

新しい時間が生まれたことに

自由にハートを高鳴らせよう

 

Les Fleur / 4HERO

もともとミニー・リパートンのファーストアルバム ”Come to My Garden” の一曲目:)

最初にこの曲を聴いたのがどこだったのか、覚えていない。どこかのフロア(2002-2004のイギリス)、、イギリスの野外のパーティか。誰かがかけていたのかな?だから、元はミニーの曲だってことも、ずっと後まで知らなかった;)

 

画像5

画像6

Cold Cut とRoots Manuva

画像7

We are tea drinkers ;) Mr.Scruff とLeg wobblers ;) AAAのパス持って笑ってる、若いかなー今より;)

画像8

 

 

Follow your star
BE brave, be faithful and true
君たちの 星を追いかけろ
勇気とともに 誠実でありそして真の自分であれ

HELLO YOUNG LOVERS / STEVIE WONDER(69)

(Clue Lから同タイトルのコンピあったけどspotifyにはなかった:D)

 

dropped to my knees and prayed
I said oh heavenly thing, please cleanse my soul
I said send me a sign to save my life
Cause at this moment in time there is nothing certain in
These days of mine

Yes its a frightening thing when it dawns upon you
That I know as much as the day I was born
And though I wasn’t asked (I might as well stay)

膝まづき 祈る 僕は言った

天からのなにか、、、僕の魂を清めて
僕の人生を助けるサインを送って

この瞬間、この時
何も確かなものが  最近の僕の日々にはないんだ
そう、君の目覚め 夜明けの時 恐れるようなものだって知っている

この世に生まれてくるときぐらい怖いもの

目覚めよと言われたわけではないのに(このままでいたいのに)

Shout To The Top / The Style Council (85)

 
Armagedon’s come too near

今日のニュース聞いた?
アルマゲドンは近すぎるぐらい近い

Foresight is the only key
So my friends to stop the end

予見することはただ一つの鍵
だから僕の友達たち
終わりを止めよう

When You Gonna Learn /Jamiroquai (93)

 

 



地球が病気になってます
そのことが 辛いのです
本当はこれ、むりです と

泣いちゃう Makes Me Cry / 小沢健二(2021)

(90年代とかに聴いてた曲でおもに選曲しようと思ったけどこれだけ2021)

 

 

I’m far away from everything
すべてから遠くはなれて

On Box Hill / Ben Watt (83)
I wish we’d wake up one day – an’ everyone feel moved

 

 

いつか
みんなで
目覚めたら  みんなが心 動かしてくれたら

I wish we’d come to our senses and see there is no truth

In those who promote the confusion for this ever changing mood

みんなが 気がついたらいいのに

こんなふうに たえず変わり続ける世の中で

混乱をおしすすめるやつらのなかに 本当のことなんてないって

 

My Ever Changing Moods / The Style Council (84)

 

 

Summer holiday 1999
This rush to live
Summer holiday 1999
This wish to die

1999年の夏休み、この生への渇望

1999年の夏休み、この死への願望

Summer Holiday 1999 / Momus (90)

 

(もともと1990年にフリッパーズがいたから出たコンピ FAB GEARに入ってた

日本語詩・ double knockout corporation)

 

Would you know my name if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
I’ll find my way
Through night and day
‘Cause I know I just can’t stay
Here in heaven

もし天国で再会したら 僕の名前を覚えていてくれる?
強くあらなきゃ 生きていくの続けなきゃ
道は見つけるよ
夜をこえ 昼をこえ
だって天国にいること できないんだ

Tears In Heaven / Eric Clapton (92)

 

画像9

93年大阪で小沢健二がカバー。

デビューシングルをリリースした時のイベントで。”461 Ocean BLV / Eric Clapton ” を紹介していてCDで買って高校生の頃聞いていた。何枚かアナログを紹介していたとき(オークションSesso Matt もあったよ)

 

画像10

青いライオンのジャケットをなんか覚えていて、自分が撮ってた写真には残ってなさそうだったけど。

 

後になって“Adventures In Paradise / Minnie Riperton” をなんかのタイミングで聞いていた時

(多分、4HEROのLes fleur の歌詞(というか、もともとミニー ・リパートンの曲だったなーと色々彼女の)他の曲も探していた時に、この青いライオンのジャケット写真を見て)

 

ikue17notrelaxmax

 

photo by IKUE17 (not relaxmax) I just found it…! (はっけーん。ないと思ってたら出てきた!)

 

「!(あ、そういえば、あの時、持っていなかったかな?小沢健二の手に)」

 

 

 

と、ふと思い出すこととなる。(Gilles がいうところの Joining musical dots    for me ;)

 

小説 LIFE IS PARADISE by relaxmax より引用

 

+++++++

「 意味を母国語のように理解していなかったから

知らなかった!

だけどそれは

もうすでに聞いていて

すでに書かれていた

 

It wasn’t in her native tongue,

So she didn’t catch the full meaning of it

Didn’t know but it was already said, and heard…

 

By chance I give birth to my visions
Life is so fantastic it will come as no surprise
偶然に出会い現実化する
ヴィジョンを産み出す
なんにも驚くことはない
人生はなんてステキ!
‘Cause every day is adventures in paradise
Woven well through the fabrics of time

だって毎日が美しい冒険
パラダイスを生きること!

時の魔法が
とってもキレイに
すでに織りなされていた

あの青いライオン

BLUE LION on it!」

 

+++++++

 

 

 

あなたから遠くへ / 金延幸子(72)

雨の日比谷野音(93年小沢健二のソロデビュー)でかかってた。17歳の頃よく聞いていた。この日聴いた ”27to28 / Tokyo No.1 SoulSet” も好きな曲(だけどspotifyにはなかった)”サタデーナイトフィーバー”(この日にもらった赤いA4の歌詞カードはもうないけど!)の方が、歌詞実は好き。”天使たちのシーン”もこのsportifyリストに入れたかったなー。

 

 

無垢の日々静けさの時 何もいうことはないけど それでいい GOOD MORNING

27to28 / Tokyo No.1 SoulSet

 

本当のことへと動き続けよう

生まれ落ちる 新しい世界へ

受け入れる心の扉を開き

声をあげて変わりゆく時代

サタデーナイト・フィーバー / 小沢健二(93)

 

 

冷たい夜を過ごす 暖かな火をともそう

暗い道を歩く 明るい光をつけよう

 

毎日のささやかな思いを重ね 本当の言葉をつむいでる僕は

生命の熱をまっすぐに放つように 雪をはらいはね上がる枝を見る

天使たちのシーン / 小沢健二(93)

 

なんか、この歌詞のこの部分の引用は

17歳の頃、友達同士?でつくっていた新聞?笑に

この曲の、この歌詞を引用して!!紹介していたらしい

7月だからアルバム発売前だけど、野音でもらった赤いA4の歌詞カードからの引用だったのかな、、、

何十年もたって(もちろん ほとんど すっかり忘れている!)

、、、そうか、、、ここだったんだ!

(この曲の、このあたりの歌詞にグッときていたんだ、、、17歳の頃、、、今だったら、、どこだろう?)

 

 

The chime will ring to bring
the rhyme that is a sting to sing
I’ll gladly realize it’s the END of OUR YOUTH
やがて鐘が鳴り
痛みのある韻詩を運んでくる
僕はよろこんで 僕らのユースの終わりを知るだろう

The Chime Will Ring / The Flipper’s Guitar (89)

 

 

Be Wise to history
Open your eyes and declare to me

歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(82)

 

Flipper’s Guitarの二人が80年代半ばかな?高校生の頃聞いていたこの曲。 さっきパッと訳してみた (もちろんDouble Knockout Corporation の日本語訳 とは全然違うんだけどね!答え合わせはフリッパーズがいたから出た いるかがぴょんのCDで;D)

 

I’m just like a whisper on the breeze
Praying to the team oh don’t say me
I’m just like a whistler on the tree
Praying to the breeze oh don’t move me

I’ve seen that silence can break your heart
It’s like a bond of iron we’ll rend apart
We sit her in torpor by our old fireside
And just agree to differ — Three cheers for our side
You can laugh at danger all day long
Still be laughing when the sun has gone
Be wise to history
Open your eyes and declare to me

See them wending, never ending, smiling cheers
You know that very shortly they’ll turn to tears
We sit here for ever by our old fireside
And won’t sing in spring — Three cheers for our side

Say not so long
Sift through the sand
Wave of the hand
Goodbye

 

そよ風のささやきみたいに
チームに祈る そんなこと言わないで
木に登って口笛を吹くみたいに
そよ風に祈る 僕を動かさないで

 

沈黙が
君の心を砕くのをみた
鉄でくっつけているみたいな
僕たちが
離れていってしまうみたいに

僕たち 古い暖炉のそばで冬眠する
違っているってこと わかりあってこう言う
“Three Cheers for Our Side” (僕たちに乾杯)

危険なときにも
1日中 笑い続けることだってできる
まだ笑いつづけてる
たとえ 太陽がさってしまったとしても

歴史に気づいていて
目を開いて 僕に知らせて

彼らがくるくる回るのを見る
終わることのない 笑顔とありがとう
すぐに君は知ることになる
涙に変わってしまうということ
僕たちは ここにいつでもいる
僕たちの古い暖炉のそばに

春には、もう歌うことなんてないんだ
“Three Cheers for Our Side”

さよならなんて言わないで
砂つぶたちをより分ける
波の手
手を振ってさよならする

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(83)
訳詞 by relaxmax

 

この曲名は、Flipper’s Guitarの1st アルバムのタイトルでもある。彼ら二人が高校生の頃聞いていた。カセットテープ2本。ケルアック、ハート描いていたとか。。。You Can’t Hide Your Love ForeverがOJのアルバムのタイトルだった。

 

 

僕たちのドーナツトーク

our-do-nut talk going round and round, we’re so vain

 

意味のない言葉を繰り返すだろう/向こうの見えない花束のよう

so i’ll repeat some meaningless words

like a huge bunch of flowers that blocks your view

 

可笑しい程いつもただすれ違うことがセオリー

it’s kinda funny, all we know is

that we never know who we’re talking to

 

Love and Dreams are back /ラブ・アンド・ドリームふたたび / The Flipper’s Guitar(90)

(日本語詩、英語詩・double knock out corporation)

 

かつて、Flipper’s Guitarがどこかのインタビューで言っていた

喫茶あずてくのマスターが、”恋とマシンガン” 弾き語り聞かせてくれるって!笑(別の宇宙のお話だったのかな?)

 

真夜中のマシンガンで/君のハートも撃ち抜けるさ/

もっと素直に僕がしゃべれるなら!

Young, Alive, In Love / The Flipper’s Guitar (90)

 

YEAH!

 

 

Sky is SO BLUE / STILL remember YOU

People die twice.

First, death of the body.

Second, fade away from our memories…

but my father never die twice…

THANK YOU DAD!

On the day my father fly away to the next world,

 

 

Sky is SO BLUE

 

 

+++++++

 

人は二度死ぬという。

 

一度めは、肉体の死。

二度めは、人というものは、だんだん忘れてしまうということ。

 

それならば、父は二度死ぬことはない。

THANK YOU MY DAD… 2014年、彼が旅立った時に見た空はとても青かった。

 

(words inspired by トーマの心臓/萩尾望都 Moto Hagio, “Thoma’s Heart” from Thoma’s testament letter…)

 

 

 

 

136358313_3885880664766823_2421832711896931489_n
I release the shutter …. coz I always want to remember….
(otherwise, it might fade away…  みんなそんな記憶力いい?)
おぼえていたいから、わたしは写真をとるのかも。。。
   スクリーンショット 2021-01-11 11.02.08
父の 瀬戸山 優(まさる)の遺影に使われたのは19年ぶりに再会したときに撮った写真
My Father, Masaru Setoyama’s memorial ceremony in Dec  2015 (1 周忌)in SETOYAMA’s house ( my grandad…. I remember he used to work for Hanshin depertment store…
I haven’t been to grandad’s house for long time since my parents devoced…( I have been my grandad’s house few times after divorce, but I don’t really remember when was the last time in my childhood…)then, I went back after my father’s sudden death, was sad memory…
He bought me a cap ( black , felt Tiger Embroidery(for baseball team) when I was school kid ;D)at Hanshin depertment store in UMEDA.
瀬戸山のおじいちゃん家で撮影。
離婚していても、子供の頃はいくつぐらいか忘れたけどこの家何度か遊びにきていたな。
IMG_2478
753 東三国の瀬戸山のおじいちゃんちの前
父がなくなって初めて、家の中に入った。悲しい思い出。
おじいちゃんは 阪神百貨店勤務、阪神の球団の黒いフェルトの刺繍の帽子を小学生の頃、阪神デパートでかってもらったのおぼえています。)
This i s what I photographed my father, on the day I first met him after 19 years absence.
( I guess, its only photo I’ve shoot after I am 20 years old …)
136720489_3885880808100142_816943819512536212_n
大人になってから私が撮った
彼の写真はそれぐらいしかないかも
そのとき父が見せてくれた
財布の中にずっと入れていた
136411356_3885880688100154_6373575473348011519_n
写真も父に再会した、その日、喫茶店の机の上にのせて撮影した。
This is the photo he showed me…from his pocket, it was in his black wallet.
We had coffee and chat, after been to michelin awarded SOBA noodle shop.
He used to lived in Higashimikuni(station), and this KISSATEN is just 1 min from the station.
(and also his grand dad house is near Higashimikuni station)
大阪の東三国という地下鉄の駅にある旨い蕎麦屋さんに連れて行ってもらった。
その後で、立ち寄った駅前の喫茶店で撮影。
帰りには母と妹にも食べてもらってとお菓子も持たせてもらったな。。

 

EVERYTHING IS LOVELY 全てが愛おしいと感じる人生を  

_RLX0582
(日本語は下に)

There certainly are lot of paradise on this planet Earth
Where I want to visit again and again

I’ve reached out to the point
Where I’ve missed little something out

Rather than regret


Do it now, Do it today

Dedicate what we truly love with gratitude

For friends and families who support me
Thoughtful works with wings of imagination
Will fly away….

TRANQUILTY IN YOU
LIFE LESSONS BY LOVINGFUL WORDS

IMMEDIATELY OR SLOWLY

FOR SOMEBODY AS TEARS
FOR YOU AS A HANDKERCHIEF TO WIPE THE TEARS

LIKE A MAGIC HAND IN FRONT OF YOU

IN THE NAME OF LOVE
COMES IN MANY DIFFERENT FORMS
EXIST WITH STAR SEED

EVERYTHING IS LOVELY

満願成就

:::::::::::::::::::::

This poem is for my work “GARDEN OF LIFE”

Saiho-ji Zen garden designed by Muso kokushi.(夢窓国師)
I saw fairies fly…

http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji

I just heard voice, in the silence.
I listen, I write a poem ( first, I got heaven sent words in Japanese ( for this poem) then wrote in English again, its different from just translating… re- create somethign!)
for my work “GARDEN OF LIFE”.

I haven’t thought I am a poet,
recently I noticed, I AM POET.

I tried to recall my early works,
probably first one is

Rhyme for Christmas Time (2005?)

then next one is
Parties in Other Rooms (2006)
(I made short movie from my photos and lyrics (poem), I have it somewhere)

*************************************************************************************************

もう一度いって見たい楽園が 確かにたくさんある
忙しく働いてばかりで 見逃してしまっていたことも

今となっては後悔というよりも

今、できること
今日できることを

いかに感謝を込めて捧げるか

自分を支えてくれる家族たち、友人たち
思いのこもった作品は
たくさんの人に飛ぶ翼を持って飛び立つ

愛ある言葉のレッスンは

即効性あるもの
遅効性のもの

ある人には涙として
ある人には涙をやさしく拭うハンカチとして

そっとその人たちの
目の前に魔法の手のように現れる

愛という名の
いろんな形をした

形あるもの 形なく存在するもの

全てが愛おしいと感じる人生を

:::::::::::::::::::::

GARDEN OF LIFE (http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji) のための詩は

先に日本語で降りてきて、英語で書いたこの作品のためのもの。

 

静けさの中、永遠の声をきく
聞こえたことばを 詩にする
その詩、EVERYTHING IS LOVELY の詩は GARDEN OF LIFE のためのもの。

 

詩を書く人、と自分のことを自覚したことがなかったけれど
気がついてみれば、いくつか書いていた。

もう残っていないかもしれないけれど

一つ目は

Rhyme for Christmas Time (2006?)

The day is getting longer
昼間がだんだん長くなる

という書き出しの詩で

Sound of Life
生きているって音がする

最後のフレーズは

I saw Angel fly…
天使たちが飛んでいるのをみたこともある

(これが、多分どこにも残していないかも。あまり覚えていない。
確かこれを書いた時は、まだTheklaに遊びに行ったことはなくて、次の夏にブリストル帰った時に
初めて遊びに行った覚えがある。そこではSweet Memory Sound, DerekがDjしていたよ。;)

次の詩は
Parties in Other Rooms (2007)
これは短い映像作品(音楽家のポートレート、パーティスナップなどの写真を組み合わせ、詩とともに映像にしたprototype)として残っているので、いつか発表することもあると思う:)

2012.12.21 star people as messengers

Mágico México – photobook http://relaxmaxontheroad.com/#magicomexico

2012冬至の一日後にみた太陽の光!

昼間はだんだん長くなる!

The day is getting longer… “THIS” Light of the SUN I saw in 2012, Palenque,

JUST 1 DAY AFTER! WINTER SOLSTICE!

2012

when Mayan calendario

end and start a new cycle…

 

2012年 マヤのカレンダーが終わり、新しいサイクルが始まる時

 

スクリーンショット 2020-12-21 14.03.57

 

In past life At observatory in Palenque

 

relaxmax as an astronomer

could prophetic see …the future

She have wished to the Venus

 

“Oh my lord, Kukulukan,

In futurity,

 

I prophetic see the Earth

 

Please send us star people as messengers

With mission to save beautiful planet Earth…

 

Guide us to flourish our star seeds

Crystal clear eyes of awareness of truth

Help the resuscitation of Paradise Earth

 

 

    With powerful prayer of

    Eternal Love

       and

    Light

       With reflection of

    Eternal Peace in our beautiful soul

       Please, Please save our beautiful planet Earth FOREVER

 

 

君は未来予知をすることができる

その力は実は、そんなに多くの人が持っているものではない

マヤ人の高位の天文学者たちもそのうちの一人 star gazer

relaxmaxは、その時、その天文台で、遠い星、金星を眺めながらこう願った

「神様、いつかこの星が

本当に危機に襲われた時に

どうか、この美しい星を守るために

使命を持った人々を使わせてください

そしてその者たちがスターシードを開花させ

真実を見ぬく眼を持つ者たちを集め

この地球の生まれ変わりを助ける

祈りのパワーの強い者たちを集めて

 

楽園の地球を永遠に

この星を永遠に救ってください」

 

この言葉が降りたのは2019年1月28日、、、Light Withinの一部として降りてきた言葉。

This heaven sent words I wrote it down on 28th Jan 2019…as part of Light Within

BLESS UP EACH ENCOUNTER with NATURE 自然との出会いは一期一会

I could only see it once in a lifetime,

chance encounter of perfection.

:::::::

 

BLESS UP EACH ENCOUNTER with the NATURE!

 

It’s perfect today,

It will be super nice tomorrow…!

Everyday is magical.

 

Thank you God of weather

for answering my prayer…!

 

It’s done!

:::::::

This poem is what I feel when I shoot in the sacred nature…

:::::::
:::::::
I’ve been coming back to KURAMA since 2006.
It was the most snowing mountain on 15th Jan 2017.
(the heaviest amount of snowfall in 14 years… the nose of Tengu at the Kurama station was broken … :( then now they’ve got new face !)

I could only see it once in a lifetime, chance encounter of perfection.

It’s perfect today, It will be super nice tomorrow…! Everyday is magical.

Hope you hike up with me
from Niohmon (仁王門)
_RLX0015
to Hondo ( main hall)  (本堂 )
and  receive sacred energy thru photos.
_RLX0054
It was snowing hard when I arrived main hall (本殿金堂)
_RLX0146
I asked to see BLUE SKY, to see the RYUGAMINE (龍が峰 mountain of the dragon)
Thank you God of weather for answering my prayer…! It’s done!

SILENT SNOW KURAMA

http://relaxmaxontheroad.com/archives/gallery/silent-snow

:::::::
annai_pic1

 

*******

自然との出会いは一期一会。

今日もステキ、明日も素敵。毎日がすばらしい。

お天気の神様ありがとう。

*******

 

この詩は、自然の中で写真を撮っている時にいっつも感じていること!

 

*******

SILENT SNOW KURAMA
http://relaxmaxontheroad.com/archives/gallery/silent-snow

*******

2006年から鞍馬のお山に通っていて、鞍馬では一番の積雪だった2017年1月。
(2020年現在14年間で一番の積雪、確か45センチ?)
何年も通っていても、一度しか見れない景色がたくさんある。
_RLX0101
今日もステキ、明日も素敵。毎日がすばらしい。
写真を通してみなさまが一緒にお山に登って、
_RLX0111
浄域の霊氣にふれて、いやされますように♥
お山の頂上に着くと、吹雪いていて対面の龍のお山はまったくみえない。
青空みせてください♥とお祈りするとほんとうに晴れてくれた!
お天気の神様ありがとう。
***

Summertime 2021 Parties in Other Rooms mixtape

Other Poems are here…

 

SUMMERTIME 2021- Parties in Other Rooms mixtape-

Sometime Somewhere
Somebody must have heard

Selectors drop De needle
DJs play
Singers sing

Killer tunes on the dance floor
Dancing by the sea
Lying on the grass
In your room
From the radio
With sound system

Somewhere We find meaning of life
I met inner god in us
LIFE IS FULL OF MIRACLES!

いつかどこかで/ 誰かが聴いたことある/
誰かがかけてくれた/誰かが歌ってくれた/
芝生にねっころがって/海のそばで/お家で/ラジオで/サウンドシステムとともに/ダンスフロアで/
強烈な音楽がかかる/生きているって素晴らしい/
どこかで知ることとなる ”Meaning of Life”

 

hummingbird ハチドリ の意味    幸せ 愛 美しさ 体と魂を癒し 導く そういう役目!

スクリーンショット 2021-06-04 5.46.37
スクリーンショット 2021-06-04 5.46.46

Bigchill 2005 ;)

If you want to check full list, it’s here…

“Parties in Other Rooms by relaxmax”
遠い記憶のなかの愛すべきパーティ達
http://relaxmaxontheroad.com/parties-in-other-rooms/


Party is a machine

パーティはいまを通り越したマシン、、、
to see the visions of the future
to see the miracles

Tune in with smiles
笑顔でtune in し
Release your soul
魂を解き放て

スクリーンショット 2021-06-04 7.24.59
スクリーンショット 2021-06-04 7.24.43

 

(私もハチドリの影を見た!旅の幸運を!)

LOVE from Hammingbird relaxmax!

スクリーンショット 2021-06-06 7.59.24

Summer of Love 2008

It was a lovely summer…!

I wish we could get together. No more Corona… ;( , missing summer without Corona.

コロナのなかった頃の夏を想う。

またみんなで集まりたいな! 夏、太陽、海、パーティ!

スクリーンショット 2020-09-02 8.33.39のコピー

I LOVE YOU BAD!

 

relaxmax (2008)

ALL PHOTOS and DESIGN by relaxmax 

 

LINK for Photobook

http://littlemore.bccks.jp/bcck/20638/info?viewer#B20638,P0

 

 

スクリーンショット 2020-09-02 8.35.40のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.35.48のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.35.58のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.36.09のコピー

スクリーンショット 2020-09-02 8.47.50のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.47.24のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.36.21のコピー

スクリーンショット 2020-09-02 8.37.44のコピー

スクリーンショット 2020-09-02 8.38.24のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.38.34のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.38.57のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.39.07のコピースクリーンショット 2020-09-02 8.39.35のコピー スクリーンショット 2020-09-02 8.39.51のコピー

http://littlemore.bccks.jp/viewer/20638/

 

 

 

Mother Earth is Playground for Children

“Like in Paradise”

Mother Earth is playground for children
We are Angels on Earth

Becoming part of the Earth

Connecting to the Source of the Universe

Opening the door to the eternity

 

We are the angels on the Earth

Sending love to the core of the Earth
and heal the Earth

We are what we LOVE

Our peace of mind will heal the EARTH
Because it’s a reflection of our beautiful souls

 

母なる地球はこどもたちの遊び場
わたしたちは地球の天使

地球とひとつになり
宇宙の根源と繋がり
永遠への扉をひらく

光の柱を立て
地球の中心に愛を送り
地球を癒す

わたしたちは愛するものでできている

わたしたちの平和な心が地球を癒す
この世界はわたしたちの美しい魂のリフレクション

 

+++

My installation “ LIKE IN PARADISE” is

A fun fair for Inner Child

Setting up the light pillar in the museum,
Sending love to the core of the Earth
To heal the Earth

We are what we LOVE

Through this Installation “LIKE IN PARADISE”,
Children (and adult with kid’s heart) will experience and understand the prayer in Art.

+++

こどもたちと、こどもの心を持った大人たちが
アートにこめられた祈りを遊びの中で体験し
楽園のような地球を理解することができるインスタレーション

 

光の柱をミュージアムにたて

祈り

愛を地球のコアに捧げる

地球を癒すため

 

LIKE IN PARADISE インスタレーションは インナーチャイルドを癒す遊園地

 

statement

 

LIKE IN PARADISE photos are here..

 

p-17-

SWALLON bent

https://www.youtube.com/watch?v=vsDBjqHDTWY

With you in my garden
It’s more peaceful inside
Don’t need anything else
To make me feel alive
You electrify me
And I want to be in your arms
For always
For always
Our love is swollen
Made of the quietest shade of loud
Holds me like an anchor
Floats just like a cloud

 

AGUA Y LUZ – Mizu to Hikari- 水と光

“Where the river hides beneath the Earth”
“Sacred Water” in the Maya Qéqchi´

 

Adobe Photoshop PDF

マヤ語で「聖なる水」
「地球に隠れて流れる川があるところ」

Semuc Champey Guatemala 2012

 

:::::::

 

Swimming on the Dragon’s back
I saw signs
Spirits up above

In a cloud  on the sky
On the rainbow
In a tree
In a shadow
In water reflections

All cells are full of joy
Floating hearts
High on the Earth

Listen to your voice of TRUE SHINE

Morning lights in the jungle
Dew on your soul
Wake us up

Big White Butterflies
I’ve never seen before
Are floating around
Outside of the shutter
relaxmax

Agua Y Luz (2013)

 

:::::::

 

I wrote this poem in June 2013 when I was printing photos for a book dummy.

This poem is for ” Semuc Champey” I really wanna go back before it’s  more getting difficult to go …

 

I forgot about this poem( and butterfly)  … then my poem I wrote years ago suddenly reminds me of “Big White Butterfly I’ve never seen” in the Jungle by Dragon Pond “Semuc Champey”…!

 

I will upload more photos sometime later…

 

Agua Y Luz  title is from this song

 

“Spirits up Above”  is from Jose James’s song

Can’t you feel the spirit up above?

Up above, up above

_RLX0188--

Swimming on the Dragon’s back

_RLX0881-

All cells are full of joy

_RLX1015

I saw
Spirits up above

ドラゴンの背中でおよぐ
浮かぶ雲に

_RLX0165-

In a cloud

_RLX0967--
_RLX0966----
In a tree

木の枝と影のゆらぎに
水鏡のなかに
サインをみる

_RLX0971-
In a shadow
In water reflections

 

:::::::

ドラゴンの背中でおよぐ
浮かぶ雲に 虹に
木の枝と影のゆらぎに
水鏡のなかに
サインをみる

喜びを細胞から感じて高揚する
ふわふわと心を泳がせ
クリアになった心の声に耳を澄ます

しっとりと湿気を含んだジャングルの
朝の光のシャワーは
精神を目覚めさせてくれる

初めてみる白い大きな蝶が
何度も目の前を横ぎっては
シャッターを切る前に飛んでゆく

relaxmax

Agua Y Luz (2016) (水と光)

 

:::::::

 

この詩は日本語で書いたあと、英語で書いた、Semuc Champeyの作品のためにのもの。

本のダミーを作ろうと60枚ほどプリントした時(2013年6月)に生まれたかな?

戻るのが難しくなってしまう前に、また行きたい地球の楽園のひとつ。

 

4年ぶりに、探し出してこの詩を読んでいると、

見たことないぐらい大きな白い蝶のことを思い出した!

(詩を書いたときはもちろん覚えていて、それからすっかり忘れてしまっていた!

自分の詩を数年ぶりに読んで、思い出すことができた。。)

 

本当に大きくて!(人の顔ほどもある!)

何度も、ひらひらと目の前を横切ってくれたことさえ忘れてしまっていた!

 

次会うときは、カメラとコンニチワ!してくれると思う!

 

(英語詩にある“Spirits up Above” はJose James の曲のタイトルから:D  )

作品タイトルは Agua Y Luz この曲から!)

 

 

 

THIS CITY IN PLAGUE TIME   平坦な戦場で 僕らが生き延びること

THIS CITY
IN PLAGUE TIME
KNEW OUR BRIEF ETERNITY

OUR BRIEF ETERNITY

OUR LOVE

OUR LOVE KNEW
THE BLANK WALLS AT STREET
LEVEL

OUR LOVE KNEW
THE FREQUENCY OF SILENCE

OUR LOVE KNEW
THE FLAT FIELD

WE BECAME FIELD OPERATORS
WE SOUGHT TO DECODE THE
LATTICES

TO PHASE-SHIFT TO NEW
ALIGNMENTS

TO PATROL THE DEEP FAULTS

TO MAP THE FLOW

LOOK AT THE LEAVES
HOW THEY CIRCLE
IN THE DRY FOUNTAIN

HOW WE SURVIVE
IN THE FLAT FIELD


THE BELOVED (VOICES FOR THREE HEADS)
BY WILLIAM GIBSON

 

:::::::::::::::::::::::::::::

I found this poem
in manga of “River’s edge” by Kyoko Okazaki when I was 17.

In the time of Covid-19,
We hope to see you both alive
whenever we could travel safer…

” HOW WE SURVIVE IN THE FLAT FIELD”

コロナの時代、

「今度会う時まで、お互い無事で生きていて!再会しましょう」

と遠くに住む友人たちに思う。
いつでも自由に安全に旅ができるようになる、その日まで。

「この平坦な戦場で
僕らが生き延びること」

::::::::::::::::::::::::::

 

この街は悪疫のときにあって
僕らの短い永遠を知っていた

僕らの短い永遠

僕らの愛

僕らの愛は知っていた
街場レヴェルののっぺりした壁を

僕らの愛は知っていた
沈黙の周波数を

僕らの愛は知っていた
平坦な戦場を

僕らは現場担当者になった
格子を解読しようとした

相転移して新たな
配置になるために

深い亀裂をパトロールするために

流れをマップするために

落ち葉を見るがいい
涸れた噴水を
めぐること

平坦な戦場で
僕らが生き延びること

愛する人(みっつの頭のための声)
ウィリアム・ギブスン 黒丸尚 訳

17歳の頃、岡崎京子さんのリバーズ・エッジを読んでいて出会った詩

FOLLOW THE LIGHT WITHIN

 

fol-last

:::::::

This poem come to me just like heaven sent gifts
when I was creating self published HANDMADE BOOK “Follow the light within” in 2014.

 

_RLX0666

 

Following the light within I found the god in the nature…
it’s the reflection of our inner light.

This is the medicine
for healing your soul…
realization of the light within us
as well as portrait of the Earth.

The Sun and the moon
Path of the Light
Blessing of the rainbow
Dragons, Quanin(観音様), Buddah ,Maria, Angels, and some dogs too…

When our soul are healed,
the earth will be healed too.

Because it’s a reflection of the beauty in our soul.

I wish our inner light will shine the future Earth.

:::::::

I create this series “Follow the light within”

http://relaxmaxontheroad.com/#divine-light

I was just FOLLOWING MY INNER LIGHT

Drawing with light and Camera!

I always connect with divine nature then press the shutter bottom
to catch something I felt in the nature.

 

“Nice feeling” “Healing Force” ” Positive Energy” “Dignity”
What I felt are caught directly onto my photographs.

 

I am collecting

miracles in the nature,

eternity moment of beauty.

I am a catcher of MIRACLES :)

 

My inner light attract miracles on my photographs,

Photos into POEMs, then going onto small essays…

Just like dew to the river to the Sea…

 

 

:::::::

FOLLOW THE LIGHT WITHIN
ONENESS WITH DIVINE LOVE

うちなる声をきき
おおきなひとつの愛に包まれて
神様とつながること

:::::::

この詩は
2014年にそれまでに撮りためた自然の写真作品をまとめて
一冊の私家製本を作ろうとしていた時におりた言葉

:::::::
:::::::

心の中にある光をおいかけて
たどり着いた聖地
時間も空間も超えてある光
太陽と月の通り道
虹の祝福 龍神さま、観音様、マリアさま、天使たち、、 、

外側の世界にある光と
私達の内側にある光は
実はひとつのものだと気がついた

目に映るすべてのものは、人間の本質は光の存在だと思い出させてくれる
昔から人々は自然の中に神様たちを見いだしてきた
その神様たちは、私達の心のなかにある光のリフレクション♥

写真を見た人々が
それぞれの内側にある神聖さ、内なる神、光のありかを思い出し
地球を明るく照らし、未来を再創造して行く

:::::::
:::::::

“Follow the light within”

JUST FOLLOWING MY INNER LIGHT
http://relaxmaxontheroad.com/#divine-light

カメラと光でお絵かきするように、永遠の中、奇跡を捕まえる。

写真を撮影する時は、いつも神様とつながって「ひとつになり」
ヒトの中にある神性なものをpurify して撮影するように心がけている

「気持ちいい」「癒し」「POSITIVE ENERGY」「威厳」

そういう感じたものが、
すぐに
そのまま写真には映し出されている。

うちなる声を聞いてできた写真作品から、この短い詩がおりて、文章として結実。
雫のような心の波紋が、やがて川となり、海へと続いて行くように。。。

Parties in Other Rooms / 地球(テラ)へ 、、、Towered the Terra(EARTH)

 

IMG_4593

Parties in Other Rooms (2006)

 

Lov is what we need
私たちは愛を探していた

I was an eye witness … Lost and found
私は目撃者だった

I seal the timelessness… with my camera
私は永遠の一瞬を封印する

To search the heavens
約束の場所を探して

Into the lights
ひかりのなかへ
Into the groove!
きせきのなかへ

It’s alright, Time is on our side
大丈夫、天はこっちの味方

Visions
夢見たヴィジョン
Other Voices, Other Rooms
遠い声、遠い部屋
In Our Heart…
私たちの心のなか

Party is a machine

パーティはいまを通り越したマシン、、、
to see the visions of the future
to see the miracles

 

Take me to another land

どこかへ連れていって どこか別の土地へ

 

I Knew where the miracles is
私はきせきの在り処をしっていた
うつくしい予言

I remember new spell
あたらしい魔法を思い出した

 

Inside every man lives the seed of a flower
If he looks within he finds beauty and power
誰もがそういった花の種をもっている
自分の内側を探せば、美しさと力がみつかる

 

I seal the timelessness…with my camera
私は永遠の一瞬を封印する
to spread love and joy fate and hope to people forlorn
愛と喜びと、運命そして希望を孤独な人に届けるため

 

そのとき、その場所に居合わせた奇跡について
変化し続ける日々の中で
記憶の中ではもう遠くなってしまって
本当にあったことなのかな?

って思ってしまう様な事も永遠の中に封じ込める

 

(All is distant memories

 

in our ever changing world

 

Was it really happen to our life?

 

I seal timelessness with my camera.

 

MIRACLES  being ”HERE AND NOW” )

 

 

“Parties in Other Rooms by relaxmax”
遠い記憶のなかの愛すべきパーティ達

 

また戻りたいなって思う場所がいくつかあるけど
もうそこへ行くことはできないかももしれないって思うと

あのとき
あの場所でみた風景は
かけがえのないものに思えてくる

わたしたちはそういった奇跡の中生きている

 

(We wanna go back many places

but We knew some places might be hard to go back again…

 

We knew

What We saw

What We share

What We felt

are so important, so irreplaceable

We live in those miracles)

 

“Other Voices”

 

Trying to remember the shapes and the Groove
このGroove 軌跡をきざみつづけた

In other rooms
遠い部屋のなか

To come back here again
いつかまた ここへ戻るため

I remember Other Voices
思い出す
In Other rooms
声が聞こえる

All they said  was TRUE
語られていたのは
すべて本当のこと

Tune in with smiles
笑顔でtune in し
Release your soul
魂を解き放て

Trails , Beauty
うつくしい軌跡

Living here by Miracles
私たちは奇跡のなか生きている

We are eye witness
私たちは目撃者だった
Who is happy?
それはここに集うみんな

With the tone of past and presence
現在の音と過去の音で
Walk into the future
未来へと導かれる

…and We meet up again
いつかまたここで奇跡に再会するため
To see miracles

 

Answered Prayer
願い事の叶う世界に生きること

Life is full of miracles
うつくしい予言に満ちた世界

Ready for the picnic with Dandelion Wine
たんぽぽのお酒のじゅんびはできた

On the way to Dance in summer field
サマーフィールドの舞踏会はもうすぐはじまる

To find the black bird you’ve never seen in October sky
見たこともない種類の黒い鳥が
ふと見上げた10月の青空をよこぎっていくような

Timelessness
分割された永遠の一瞬

 

Life is full of Miracles

私たちの世界は うつくしい予言にあふれている

 

Warmth for the people forlorn
孤独な人の冷えた魂を暖めるあたたかさ
Paint the world with Dream Spell
このアイロニカルな世を夢見る力で塗り替える
時間をかけて、年月を超えて続く魔法

 

I’m loving this music
この音楽を愛している
I’m feeling FREE
解放されて自由なかんじ

 

Have you heard Other voices from Other rooms?

目が覚めて、ああいい夢を見たと思うこと
Wake up and find that We were in the sweet dreams

 

Have you enjoyed my parties?
私のパーティ、楽しかった?
I’m stepping out the door…
私はドアから出て行く
I don’t care if you call it prayer or fate
それを祈りとよんでも運命とよんでもかまわない

At the sign that a new time is born
あたらしい時間がうまれた

世界はうつくしい予言に満ちている
Life is full of Miracles

 

Parties in Other Rooms (2006)

kissoriginal

photo is taken at Bigchill 2005

where I started to shoot photos of MUSIC!

写真はbigchill2005、音楽の写真を撮りはじめるようになったきっかけの場所。

:::::::

This poem was in the short movie (prototype ) called ” Parties in Other Rooms” (Show in 2006 Tower Record Cafe 3rd Anniversary photo exhibition)

 

I wrote this poem in 2006.

(Many phrases are from the title of Manga, the books, or lyrics…!
How many can you find?  I do remember what was my own words, and which one is from ..! I put my soul in it! )

 

In 2020 when I look back, I almost forgot what I wrote in “Parties in Other Rooms” ,
so I had to find out from my prototype short movie…

In the age of Covid, We are having difficult time to get together under a groove in one place…

I do miss those miracles… Parties in Other Rooms!

 

lovelypeace

:::::::

以前prototype を製作したshort movie (写真、詩、を組み合わせたもの)を
地球(テラ)へというタイトルのshowで流していた。

2007年より1年ほどまえに書いた(多分10月だったのかな?)。
漫画や小説のタイトルや歌詞などの引用からできている。もちろん魂込めて!笑、いくつかわかりますか?

もちろん私自身の言葉(引用ではないことば)もあって、どことどこが何からの引用とか、全部言えるはず。

ただこの詩を書いてから(2006)時間は経っていて、2020年ほとんど忘れていた。

探し出して映像作品から抜き書きしてきた…(昔からあんまり言っていることは変わらない。)

 

いま、ライブやフェスティバルなど
みんながその時、その場所にいて、
奇跡のような音楽を味わうこととか なかなかできないコロナの時代を生きていて、
ふと思い返すのは、こういういろんなパーティに行けた幸運!

 

I seal timelessness with my CAMERA!

私はカメラで永遠の一瞬、奇跡を写真に封じ込める

 

昔、(確かmixiの日記で)書いてた

「そのとき、その場所に居合わせた奇跡について
変化し続ける日々の中で
記憶の中ではもう遠くなってしまって
本当にあったことなのかな?

って思ってしまう様な事も永遠の中に封じ込める」

 

YOUNG ALIVE, in …

https://note.com/relaxmax/n/n1849c35509d7

 

いつか、そういうパーティ写真もネット上に戻すこともあると思う;D

(みんなで想い出を共有するためにflickrでたくさんのパーティスナップを公開していた。2003?(ブリストルの野外パーティとかイギリスに住んでいたときのbigchillでオフィシャルフォトグラファーやったときとかの)Outlookとか色々。日本のもいくつか;D)