Essay list…

Essay list…

COME HERE

ONE EARTH OUR HOME

El sueño de la tierra 蝶の行方

20210211 happy birthday to me! – 2006、天川(愛を運ぶ)

力 = 次元移動 nearly equal ≒moving forward without moving

So this is Christmas, what have you done in 2020?

LIGHT WE SHARE  僕らがみた光 

WEEPING SUNRISE – Message for Climate Change-気候変動に関するメッセージ 

貴船 Eternal Honey Moon  Kibune

鞍馬 KURAMA

 

and some others ;)

FLOATING GARDEN

DSC_0197

“Froating Sunset”    Nov 2010

Online Exhibiton is here  

http://hamburghaus.org/10-on-02/

 

スクリーンショット 2021-09-12 9.51.44

 

 

It’s a online exhibition so we can meet here…(CORONA FREE WORLD is.. online meeting! haha)

 

 

 Into Light  - Powers of Osaka
 
ONE LIGHT
PowersOfOsaka-0 PowersOfOsaka-1 PowersOfOsaka-2 PowersOfOsaka-3 PowersOfOsaka-4 PowersOfOsaka-5

 

 

First light is of course  THE SUN LIGHT ( setting SUN! Reflecting on the buildings… somebody are living…)

THE SUN

always SHINE UPON US…

 

The LIGHT is

reflecting

MY LIGHT WITHIN…

onto Osaka City Scapes

from Froating Garden in Umeda Osaka…

 

Swimming in the SEA of BUILDINGS

ビルの海を泳ぐ

 

空中庭園 大阪

 

人の心の中には いつも光があって

それをみてみたくて、、、私は人と出会う

 

宇宙から届く、太陽の光は

大阪の街を照らす

 

ビルの海を泳ぎ

日々を生きる人

 

街を癒す力

光をみて

自分を癒す

 

自己治癒能力を活性化させ

自分を生かす 人として 宇宙にある

 

2021/08/29  19:41

 

DSC_0183-1DSC_0180DSC_0179-1

スクリーンショット 2021-08-29 19.27.55

Online Exhibiton is here

http://hamburghaus.org/10-on-02/

It’s a online exhibition so we can meet here…(CORONA FREE WORLD is.. online meeting! haha)

 

“powers of Osaka”
(Test type2021) Original photo is from Nov 2010

結局online exhibition には使わなかったけど、ケッコー気に入っているtest-type :)


この投稿をInstagramで見る

relaxmax(@relaxmax)がシェアした投稿

relaxmax 宇山郁恵です
コロナで大変ですが、いかがお過ごしですか?
なるべく安全な場所にいてくださいね。
コロナの日常でも
オンラインエキシビジョンなので
安全にお楽しみいただけます
ドイツハンブルグ と 日本大阪は姉妹都市
ハンブルグ主催のオンラインエキシビジョンに参加いたします
7/29 夜8時スタートです
(思い出したら 安全にお越しください^_^
ハンブルグのアーティストと
日本のアーティスト(サウンド含む)
10組参加しています
元々
Curation しているFabianとは
kyotographie を通じて出会い
(KGのパーティで、鞍馬で、小学校の会場で、、、その時は、お互い当日ぐらいまで同じ会場で展示していると気がつかなかった!GOOD TIME coffee days ;D)
そして翌年
彼がハンブルグ 大阪主催のアートresidency プログラムで2ヶ月大阪に滞在制作(家近所なので不思議なご縁もあり)
そんなこんなで、今回のオンラインVRエキシビジョン参加につながりました。
コロナの日常
安全にアートに触れていただければ幸いです
Relaxmax 宇山

 

 

Be Wise to history, Open your eyes and declare to me

Be Wise to history
Open your eyes and declare to me


歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(82)

Three Cheer’s for Our side

is Keigo Oyamada’s band’s ( Flipper’s Guitar) 1st Album title
They used to listen to this song when they were high school students.
IMG_7173
Three Cheer’s for Our side は小山田君(Cornelius)のかつてのバンド フリッパーズ・ギターの1stのタイトルでもある。
彼らは高校生のとき、この曲を聴いていた。
+++
スクリーンショット 2021-07-22 14.14.06
+++++++

I(relaxmax) had disabled husband when I was living in Bristol

(Somalian boy threw a stone at me…harsh reality I had to face) …

 

I love music

Why he hadn’t learned?
Or has he?
I love flipper’s guitar too…(when I was 15…)

”Be Wise to history

Open your eyes and declare to me”

Can you see how my heart is hurting…?

Olyimpic  is
a page of history
bullying past  is also
a page of history of Keigo Oyamada…

We all now know ( from old magazine’s article)

his past (bullying disabled person) = THE FACT

How do We ( ALL Human) feel about it?

I’ve been listening to his music for 30 years! ( since Flipper’s Guitar … I was high school student)

LOOK !(What’s happening in this world? or inside of  YOU!)

and  FEEL !   (How you feel? )

 

CAN  YOU FIND COMPASSION in YOU?

 

(Have you try to feel as if you are disabled, bullied by Keigo? or…)

 

IMAGINATION

PAIN still We’ve GOT!!

Learning

with PAINFUL FACT!

 

 

(is it easier to understand pain if you have disabled family or if you are disabled or have bullied by or… Is it still “SOMEBODY ELSE’S PAIN”? …I’m not bullying, I wasn’t victim, or I’m not disabled or I have no friends or family who has disability… I HAD DISABLED HUSBAND…)

 

COMPASSION for ALL HUMAN BEING!

 

 

+++++

Article of Mainichi news paper

 

声明では「障害の有無に関わらず、いじめや虐待は許されるものではない」「なぜ自身が『いかなる差別も禁じる』としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そして障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応(ふさわ)しいと考えたのか、理解に苦しむ」などと抗議を表明
声明では「障害の有無に関わらず、いじめや虐待は許されるものではない」「なぜ自身が『いかなる差別も禁じる』としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そして障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応(ふさわ)しいと考えたのか、理解に苦しむ」
声明では「障害の有無に関わらず、いじめや虐待は許されるものではない」「なぜ自身が『いかなる差別も禁じる』としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そして障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応(ふさわ)しいと考えたのか、理解に苦しむ」

障害の有無に関わらず、いじめや虐待は許されるものではない

BULLYING and ABUSE is unacceptable regardless if its people with disability or not.

なぜ小山田氏が 自身を「いかなる差別も禁じる」としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そし て障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応し いと考えたのか、理解に苦しみます

Why Keigo Oyamada  considered himself that he is suitable for Palalimpic  (as Musician) …

( it’s longer sentence… pls google or ask professional translator ;D!)
全国 社団法人 手をつなぐ会 http://zen-iku.jp/info/4353.html

+++++

 

This is what I wrote to Keigo Oyamada (cornelius on twitter … He might have read…)

スクリーンショット 2021-07-22 15.08.28

STOP BULLYING PEOPLE!

BE AWARE

WHAT YOU SAY SEE BEEN TOLD…

WE ALL SOCIETY

WATCH OVER YOU ( KEIGO OYAMADA)

 

 

Keigo Oyamada used to be One half of Flipper’s Guitar…

YOU GUYS taught FANS( PERFLIST! I was 15..when I met your music 30 YEARS AGO…!) so I bought CD! (Orange Juice You Can’t Hide Your Love Forever )

 

Be Wise to history
Open your eyes and declare to me


歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

Three Cheers for Our Side

 

いじめやめましょう!

ALL HUMAN BEING, LET’S STOP BULLYING!

(if Keigo Oyamada (cornelius)  is not the person like…(bullying disabled person) …. I really wanted to hear MUSIC!

 

 

I LOVE MUSIC

 

WE ARE FAMILY

LIVING IN THE GARDEN OF LIFE

http://relaxmaxontheroad.com/#saiho-ji

スクリーンショット 2021-07-23 7.09.49

 

 Computer Incarnations for World Peace

 

 

Twitterで小山田くんに@したので、もしかしたら読んでくれたかな?

スクリーンショット 2021-07-22 14.45.41

”Be Wise to history

Open your eyes and declare to me”

歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

音楽好き  愛してる!

そういうとき

どういう風に

ハートは痛むのか

Can you see how my heart is hurting…?

オリンピックも history の1ページ
彼のかつてのいじめも彼のhistoryの1ページ

目撃するのは 誰?

結局
人が
人を虐める

そういう行為

明るいところで

しっかり

全員で目撃(昔の記事)したとき

スクリーンショット 2021-07-22 15.43.28

みんな(人類!!!!)

どう感じる?
相当なファン(フリッパーズギター好きで聴いてたの30年前の高校生から)、、、いろいろ感じる。
なんて
みんな言っているのか
見て
しっかり

感じて

自分の痛みとして!

 

自分の痛みとして感じ
というのは

Compassion を学ぶということ

 

 

私 昔結婚してたときの だんなさん(イギリス人ブリストル時代)

障害者だった。。。!!!

身近に障害者(家族や友人)の方々
いる方がより自分のことのように感じやすい?

他人事?(自分がいじめたわけでない 自分がいじめられたわけでない 自分は障害者ではない 自分は障害者とは無縁)

そういう意識
+++++

「障害の有無に関わらず、いじめや虐待は許されるものではない」

なぜ小山田氏が 自身を「いかなる差別も禁じる」としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そし て障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応し いと考えたのか、理解に苦しみます」

全国 社団法人 手をつなぐ会 http://zen-iku.jp/info/4353.html

毎日新聞記事

+++++

(いじめする人でなかったら、、 30年彼の音楽好きだから  晴れ舞台みたかったなー) 過去はずっと影響したみたい(彼のこの件に関しては)

いじめやめましょう!

ALL HUMAN BEING, LET’S STOP BULLYING!

(if Keigo Oyamada (cornelius)  is not the person like…(bullying disabled person) …. I really wanted to hear MUSIC!

 

I LOVE MUSIC

 

MY TEENAGE ERA…

https://open.spotify.com/playlist/772xONPKWo9MCUdMDeWUBe

 

Young, Alive, in…

ONCE UPON A TIME

I WAS a teenager and
listen to THESE ;) ( kind of “SHIBUYA KEI” and some others )

 

Be Wise to history
Open your eyes and declare to me
歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(82)

 

いつか
みんなで
目覚めたら  みんなが心 動かしてくれたら

I wish we’d come to our senses and see there is no truth

In those who promote the confusion for this ever changing mood

みんなが 気がついたらいいのに

こんなふうに たえず変わり続ける世の中で

混乱をおしすすめるやつらのなかに 本当のことなんてないって

 

My Ever Changing Moods / The Style Council (84)

 

I ask you Lord why you enlightened me
Without the enlightenment of all my folks

神様にたずねた どうして僕を目覚めさせた

僕の家族たち すべては目覚めていないのに

He said cause I set myself on a quest for truth

それは 君が真実を探究したからだと神様は言う

Tennessee / Arrested Development(92)

 

 

 

ALL LYRICS here on this page is translated by relaxmax

僕らは古い墓を暴く

遠くまで見える

なりだした鐘

名前をつけて

Colour Field/青春はいちどだけ / The Flipper’s Guitar(90)

 

古い墓=レコードとかかな;)

 

むかしむかし
15歳以降、90年代はじめ

 

誰かが「渋谷系」と名前をつけたあの街の音楽(太田さんかな;)

大阪の高校生だった自分にとってはちょっと遠くのキラキラした街

Young, Alive, in Shibuya

 

written on 25th May 2021

 

 

彼らが聞いていて教えてもらって聞いた曲とか

高校生の頃とかに私が聞いていた曲たちなど

10代のころ聴いてた曲でおもに選曲 :)  あとは、その頃の自分に今の自分が聴かせたい曲とか!(昔はその曲知らなかったけどこのプレイリスト作りながら出会った曲!)

 

Flipper’s Guitarチケット買って持っていたけど解散しちゃったからライブみたことなかった!!!高校2年生の頃、解散したあとに出たライブ盤ばっか聞きながらバスから窓の外眺め見てたの、なんか覚えている。学校からの帰り道。(普段は電車、心斎橋ゆき、、、今は地下鉄開通してもう長い。)

 

Flipper’s Guitarを好きになって、そこからいわゆる「洋楽」って呼ばれていたような、いろんな音楽を聴くようになって。高校生のとき、そういえば放送部入って、お昼休みに好きな曲をかけてたなー、全校放送で。

 

 

何をかけていたか(友達と3人で)、、、もう記憶はおぼろげ。。

私がかけたのは、Mon Foot Ball Jazz (Kahimi Karie) Plasticky (Nerories 、、モーマスと一緒のライブもクアトロで見た。その時のDJは滝見さんだったのかな?あの表記、チケット載ってたやつ、、)、、、あとSatisfy Me (Mary Palmと一緒に買ったかな。なんか気に入って両方の曲かけてたかな)、、、あとはFlipper’s Guitarなにかけたか、、あんま覚えてないけど、多分Fab Gearに入ってたあの2曲。(解散してから買ったし、高校2年生だったから。)

 

中学生の時はずっとチェッカーズばっかり聴いて、コンサート行って踊って(Danceは好きですか? checkers は好きですかー? SUKISUKI CHECKERS since I was 8)

 

 

プレイリストの曲たちは、各アーティストのデビューアルバムであること気がつけば多かった!(U.F.O , Cornelius ,  Arrested Development, St. etienne , Ben Watt ,Digable Planets, ATCQ,  Stone Roses,  金延幸子 , Minnie Reperton  などなど)

 

私も、高校生だった90年代から、遠くはなれた場所に今はいる。

 

10代の頃の「遠い記憶」

 

あの曲、「テネシー! 」って歌っていたのはその頃の友達。(だから彼らArrested Developmentのこと知ったんだった!彼女には年上の姉兄がいて、アナログでCafe Bleuとか彼女が持ってた(お姉ちゃんのレコードだったのかな?)。ATCQのMidnight Marauders出た頃(高3)にリイシューでThe Law and Theoryを両方アナログ買っていたのも彼女(だから聴いていたんだなー、きっと。なんか彼女がレコード買ってたとき、一緒にいた気もする。心斎橋かな?)

 

そういえば、パステルバッジは、もうなくしてしまってずいぶんたった。(心斎橋のクアトロ(もう別の場所に)で見た気がするな!)

彼らアーティストたちもデビューした地点から見ると、それぞれの人生の中で、違う場所に立っているのではないかな?:)とあらためて感じたり。

 

 

高校の頃とか何聴いてた?

そういう音楽
思い出して久しぶりに聴いてみた

90年代はじめにあったような

渋谷の街

今はたぶん

ぜんぜん違う街 (レコード屋さんとかへったかな)

 

 

この場所の記憶残して 

RAISE YOUR HAND TOGETHER / CORNELIUS (93)

(remember this place…)

 

 

Talking Loud and Saying Nothing / James Brown

Talking Loud (Gilles Petersonのレーベル)の名前の由来の曲でもあり、同名のパーティもイギリスでやってたみたい。16歳のとき、92年渋谷のレコード屋さんでTalking Loud の12inchを友達のバースディでプレゼントした気がする。(なんの曲か思い出せないけど!レコード屋さんの名前は覚えている。渋谷のどこかのビルの1室)

 

 

We are Loud Minority
We are a part of those concern with CHANGE

我々は大声で叫ぶ少数派 我々は極めて重要な変化の一部

 

 

Loud MINORITY / United Future Organization (92)

U.F.O.はTalkin’Loudからアルバムリリース。92年秋の音楽会というイベントやってて友達と行ったよ;)(いわゆるクラブ的な場所ではなかったけど!)

 

ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ / オリジナル・ラブ(92)

同名のパーティがあったみたい;)

 

 

 

THE LOVE PARADE / CORNELIUS (93)

下北沢ZOOで滝見さんとかがやっていたのかな?私は行ったことないけど、だけど、なんかのパーティで一度だけZOOに友達と行った気がする。。。なんだったんだろ?

 

 

 

Take me to another place
Take me to another land
どこかへ連れていって
どこか別の土地へ

 

But Lord I ask you (home)
To be my guiding force and truth (home)

神様

僕を導く力、真実であって

 

I ask you Lord why you enlightened me
Without the enlightenment of all my folks

神様にたずねた どうして僕を目覚めさせた

僕の家族たち すべては目覚めていないのに

 

He said cause I set myself on a quest for truth

それは 君が真実を探究したからだと神様は言う
He said what I am searching for are
The answers to all which are in front of me

 

神様は言う

探しているもの すべてに対する答えは

すべて君の目の前にある と

 

Tennessee / Arrested Development(92)

 

 

イギリスBIG CHILLでオフィシャルフォトグラファーやったとき彼らの写真撮影したよ;)彼らの曲を聴いていたのは16歳のとき、、、遠い記憶 、テネシー!リアルライフで初めて出会えたのは14年後。

Arrested Developmentは私のカメラの目の前にいた!

 

Its great pleasure to shoot Artist who I’ve been listening since 90s as a teenager ( I was 16 and I met them 14 years later in REAL LIFE … in front of my camera! ! The answers to all which are in front of me!as answered prayer ;D)

 

As an official photographer at BIG CHILL ;)

Bigchillでオフィシャルフォトグラファーやりたい!って願った

その願いが叶った!(Answered Prayer!)

だから私は、その時、その場所=Big Chill にいた!

そしたら、偶然、Arredsted Developmentはその年のヘッドライナーでイギリスに来ていた!(彼らはアメリカのアーティストで、私は日本からイギリスに行っていた。we both on the road! )

 

Miracle encounter just happend ;)

 

私たちは 奇跡の中 生きている。

WE LIVE IN MIRACLES!

 

I wanted to take photo as “OFFICIAL ” photographer at bigchill ;) and I was there because my DREAM has already CAME TRUE!

and…. Arrested Development were one of the head liners at BIG CHILL, so for me, kind of miracle to catch them!  ( coz I didn’t know they perform till I got there , I just found their name when I arrived bigchill site…!)

画像1

 

I ask you Lord why you enlightened me
Without the enlightenment of all my folks

神様にたずねた どうして僕を目覚めさせた

僕の家族たちすべてが 目覚めたわけでないのに

 

He said cause I set myself on a quest for truth

それは 君が真実を探究したからだと神様は言う

 

+++

 

 

His songs helped me to wake me up,

without noticing, I’ve been listening to their songs…!

then TIME TELLS ME!

 

彼らの歌を聞いていた 16歳の頃、大阪で。

そして

遠い記憶の中のパーティ、Big Chill で、15年前!!に。(今これ書いてるの2021、この写真とったの2006!)

 

スクリーンショット 2021-06-04 14.35.45

蝶々! butterfly on T-shirts ;)   butterfly は変化の象徴

目覚めていた SPEECHする彼らは

私の目覚めを
歌を通して助けてくれた

(私、そしてこの言葉を、今、読む いく人かの人々も。)

 

画像3

画像11

 

割れんばかりの歓声!!!

とてもよく覚えている!その年の個人的にベストアクト!!!一番楽しかったかも;)!

画像12

画像3

90年代はじめ高校生の頃とか聞いていたアーティスト
あの曲、生で聴けて撮影できて一生の思い出;D!) みんなで歌ったよ!

 

Rest in Paradise BABA  OJE

90年代はじめ高校生の頃とか聞いていたアーティスト
あの曲、生で聴けて撮影できて一生の思い出;D!)

2006年から15年経って、BABAはすでに(2018年に)なくなっていたと知る。

だから、あの時、あの場所で、彼らのパフォーマンスを見ることできたのは一生に一度のLIFE TIME ENCOUNTER!

私の人生1度きりの、BABAとの出会い!

 

「 We are eye witness 私たちは目撃者だった

I seal the timelessness… with my camera

私は永遠の一瞬を封印する」

 

POEM “Parties in Other Rooms by relaxmax”

http://relaxmaxontheroad.com/parties-in-other-rooms/

遠い記憶のなかの愛すべきパーティ達

 

他に、2006年出演していたのは、Gilles Peterson, Ben Westbeech, 4HERO, Cold Cut, Mix Master Morris, Mr.Scruff Roots Manuva, AIM,  DJ Derek (R.I.P)  とかとか。

(MorrisさんとCold Cut DJ DEREK 以外はこの年初めて見たかも!Big Chill には合計5回ぐらい行ってる)

画像4

4HERO  Les Fleur 聴いたよ!;)(彼らはTalkin’ Loudからリリース)

 

It blooms to spread love and joy, faith and hope to people forlorn
Inside every man lives the seed of a flower
If he looks within he finds beauty and power

愛と喜びと誠実さ、そして希望を孤独な人に届けるため 花は咲く

すべての人の内側には 花の種が生きている

内側を探せば 美しさと力が見つかるでしょう

 

Throw off your fears, let your heart beat freely

at the sign that a new time is born

恐れをすて

新しい時間が生まれたことに

自由にハートを高鳴らせよう

 

Les Fleur / 4HERO

もともとミニー・リパートンのファーストアルバム ”Come to My Garden” の一曲目:)

最初にこの曲を聴いたのがどこだったのか、覚えていない。どこかのフロア(2002-2004のイギリス)、、イギリスの野外のパーティか。誰かがかけていたのかな?だから、元はミニーの曲だってことも、ずっと後まで知らなかった;)

 

画像5

画像6

Cold Cut とRoots Manuva

画像7

We are tea drinkers ;) Mr.Scruff とLeg wobblers ;) AAAのパス持って笑ってる、若いかなー今より;)

画像8

 

 

Follow your star
BE brave, be faithful and true
君たちの 星を追いかけろ
勇気とともに 誠実でありそして真の自分であれ

HELLO YOUNG LOVERS / STEVIE WONDER(69)

(Clue Lから同タイトルのコンピあったけどspotifyにはなかった:D)

 

dropped to my knees and prayed
I said oh heavenly thing, please cleanse my soul
I said send me a sign to save my life
Cause at this moment in time there is nothing certain in
These days of mine

Yes its a frightening thing when it dawns upon you
That I know as much as the day I was born
And though I wasn’t asked (I might as well stay)

膝まづき 祈る 僕は言った

天からのなにか、、、僕の魂を清めて
僕の人生を助けるサインを送って

この瞬間、この時
何も確かなものが  最近の僕の日々にはないんだ
そう、君の目覚め 夜明けの時 恐れるようなものだって知っている

この世に生まれてくるときぐらい怖いもの

目覚めよと言われたわけではないのに(このままでいたいのに)

Shout To The Top / The Style Council (85)

 
Armagedon’s come too near

今日のニュース聞いた?
アルマゲドンは近すぎるぐらい近い

Foresight is the only key
So my friends to stop the end

予見することはただ一つの鍵
だから僕の友達たち
終わりを止めよう

When You Gonna Learn /Jamiroquai (93)

 

 



地球が病気になってます
そのことが 辛いのです
本当はこれ、むりです と

泣いちゃう Makes Me Cry / 小沢健二(2021)

(90年代とかに聴いてた曲でおもに選曲しようと思ったけどこれだけ2021)

 

 

I’m far away from everything
すべてから遠くはなれて

On Box Hill / Ben Watt (83)
I wish we’d wake up one day – an’ everyone feel moved

 

 

いつか
みんなで
目覚めたら  みんなが心 動かしてくれたら

I wish we’d come to our senses and see there is no truth

In those who promote the confusion for this ever changing mood

みんなが 気がついたらいいのに

こんなふうに たえず変わり続ける世の中で

混乱をおしすすめるやつらのなかに 本当のことなんてないって

 

My Ever Changing Moods / The Style Council (84)

 

 

Summer holiday 1999
This rush to live
Summer holiday 1999
This wish to die

1999年の夏休み、この生への渇望

1999年の夏休み、この死への願望

Summer Holiday 1999 / Momus (90)

 

(もともと1990年にフリッパーズがいたから出たコンピ FAB GEARに入ってた

日本語詩・ double knockout corporation)

 

Would you know my name if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
I’ll find my way
Through night and day
‘Cause I know I just can’t stay
Here in heaven

もし天国で再会したら 僕の名前を覚えていてくれる?
強くあらなきゃ 生きていくの続けなきゃ
道は見つけるよ
夜をこえ 昼をこえ
だって天国にいること できないんだ

Tears In Heaven / Eric Clapton (92)

 

画像9

93年大阪で小沢健二がカバー。

デビューシングルをリリースした時のイベントで。”461 Ocean BLV / Eric Clapton ” を紹介していてCDで買って高校生の頃聞いていた。何枚かアナログを紹介していたとき(オークションSesso Matt もあったよ)

 

画像10

青いライオンのジャケットをなんか覚えていて、自分が撮ってた写真には残ってなさそうだったけど。

 

後になって“Adventures In Paradise / Minnie Riperton” をなんかのタイミングで聞いていた時

(多分、4HEROのLes fleur の歌詞(というか、もともとミニー ・リパートンの曲だったなーと色々彼女の)他の曲も探していた時に、この青いライオンのジャケット写真を見て)

 

ikue17notrelaxmax

 

photo by IKUE17 (not relaxmax) I just found it…! (はっけーん。ないと思ってたら出てきた!)

 

「!(あ、そういえば、あの時、持っていなかったかな?小沢健二の手に)」

 

 

 

と、ふと思い出すこととなる。(Gilles がいうところの Joining musical dots    for me ;)

 

小説 LIFE IS PARADISE by relaxmax より引用

 

+++++++

「 意味を母国語のように理解していなかったから

知らなかった!

だけどそれは

もうすでに聞いていて

すでに書かれていた

 

It wasn’t in her native tongue,

So she didn’t catch the full meaning of it

Didn’t know but it was already said, and heard…

 

By chance I give birth to my visions
Life is so fantastic it will come as no surprise
偶然に出会い現実化する
ヴィジョンを産み出す
なんにも驚くことはない
人生はなんてステキ!
‘Cause every day is adventures in paradise
Woven well through the fabrics of time

だって毎日が美しい冒険
パラダイスを生きること!

時の魔法が
とってもキレイに
すでに織りなされていた

あの青いライオン

BLUE LION on it!」

 

+++++++

 

 

 

あなたから遠くへ / 金延幸子(72)

雨の日比谷野音(93年小沢健二のソロデビュー)でかかってた。17歳の頃よく聞いていた。この日聴いた ”27to28 / Tokyo No.1 SoulSet” も好きな曲(だけどspotifyにはなかった)”サタデーナイトフィーバー”(この日にもらった赤いA4の歌詞カードはもうないけど!)の方が、歌詞実は好き。”天使たちのシーン”もこのsportifyリストに入れたかったなー。

 

 

無垢の日々静けさの時 何もいうことはないけど それでいい GOOD MORNING

27to28 / Tokyo No.1 SoulSet

 

本当のことへと動き続けよう

生まれ落ちる 新しい世界へ

受け入れる心の扉を開き

声をあげて変わりゆく時代

サタデーナイト・フィーバー / 小沢健二(93)

 

 

冷たい夜を過ごす 暖かな火をともそう

暗い道を歩く 明るい光をつけよう

 

毎日のささやかな思いを重ね 本当の言葉をつむいでる僕は

生命の熱をまっすぐに放つように 雪をはらいはね上がる枝を見る

天使たちのシーン / 小沢健二(93)

 

なんか、この歌詞のこの部分の引用は

17歳の頃、友達同士?でつくっていた新聞?笑に

この曲の、この歌詞を引用して!!紹介していたらしい

7月だからアルバム発売前だけど、野音でもらった赤いA4の歌詞カードからの引用だったのかな、、、

何十年もたって(もちろん ほとんど すっかり忘れている!)

、、、そうか、、、ここだったんだ!

(この曲の、このあたりの歌詞にグッときていたんだ、、、17歳の頃、、、今だったら、、どこだろう?)

 

 

The chime will ring to bring
the rhyme that is a sting to sing
I’ll gladly realize it’s the END of OUR YOUTH
やがて鐘が鳴り
痛みのある韻詩を運んでくる
僕はよろこんで 僕らのユースの終わりを知るだろう

The Chime Will Ring / The Flipper’s Guitar (89)

 

 

Be Wise to history
Open your eyes and declare to me

歴史に気づいていて
目を開いて 私に知らせて

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(82)

 

Flipper’s Guitarの二人が80年代半ばかな?高校生の頃聞いていたこの曲。 さっきパッと訳してみた (もちろんDouble Knockout Corporation の日本語訳 とは全然違うんだけどね!答え合わせはフリッパーズがいたから出た いるかがぴょんのCDで;D)

 

I’m just like a whisper on the breeze
Praying to the team oh don’t say me
I’m just like a whistler on the tree
Praying to the breeze oh don’t move me

I’ve seen that silence can break your heart
It’s like a bond of iron we’ll rend apart
We sit her in torpor by our old fireside
And just agree to differ — Three cheers for our side
You can laugh at danger all day long
Still be laughing when the sun has gone
Be wise to history
Open your eyes and declare to me

See them wending, never ending, smiling cheers
You know that very shortly they’ll turn to tears
We sit here for ever by our old fireside
And won’t sing in spring — Three cheers for our side

Say not so long
Sift through the sand
Wave of the hand
Goodbye

 

そよ風のささやきみたいに
チームに祈る そんなこと言わないで
木に登って口笛を吹くみたいに
そよ風に祈る 僕を動かさないで

 

沈黙が
君の心を砕くのをみた
鉄でくっつけているみたいな
僕たちが
離れていってしまうみたいに

僕たち 古い暖炉のそばで冬眠する
違っているってこと わかりあってこう言う
“Three Cheers for Our Side” (僕たちに乾杯)

危険なときにも
1日中 笑い続けることだってできる
まだ笑いつづけてる
たとえ 太陽がさってしまったとしても

歴史に気づいていて
目を開いて 僕に知らせて

彼らがくるくる回るのを見る
終わることのない 笑顔とありがとう
すぐに君は知ることになる
涙に変わってしまうということ
僕たちは ここにいつでもいる
僕たちの古い暖炉のそばに

春には、もう歌うことなんてないんだ
“Three Cheers for Our Side”

さよならなんて言わないで
砂つぶたちをより分ける
波の手
手を振ってさよならする

Three Cheers for Our Side / Orange Juice(83)
訳詞 by relaxmax

 

この曲名は、Flipper’s Guitarの1st アルバムのタイトルでもある。彼ら二人が高校生の頃聞いていた。カセットテープ2本。ケルアック、ハート描いていたとか。。。You Can’t Hide Your Love ForeverがOJのアルバムのタイトルだった。

 

 

僕たちのドーナツトーク

our-do-nut talk going round and round, we’re so vain

 

意味のない言葉を繰り返すだろう/向こうの見えない花束のよう

so i’ll repeat some meaningless words

like a huge bunch of flowers that blocks your view

 

可笑しい程いつもただすれ違うことがセオリー

it’s kinda funny, all we know is

that we never know who we’re talking to

 

Love and Dreams are back /ラブ・アンド・ドリームふたたび / The Flipper’s Guitar(90)

(日本語詩、英語詩・double knock out corporation)

 

かつて、Flipper’s Guitarがどこかのインタビューで言っていた

喫茶あずてくのマスターが、”恋とマシンガン” 弾き語り聞かせてくれるって!笑(別の宇宙のお話だったのかな?)

 

真夜中のマシンガンで/君のハートも撃ち抜けるさ/

もっと素直に僕がしゃべれるなら!

Young, Alive, In Love / The Flipper’s Guitar (90)

 

YEAH!

 

 

COME HERE

Gods are calling me

 

Come here !,
come here and take some photos for us! “
I just follow something 
SPECIAL FORCE OF THE NATURE.
 
I call it THE POWER OF THE UNIVERSE.

I DO HEAR CALLING FROM GODS

Feel THE POWER OF THE UNIVERSE within,
Oneness with the Devine,
Transcending me, then I could see the light path inside me.

 

I, relaxmax is THE PATH OF THE LIGHT

 

 

 

The portraiture of THE EARTHhttp://relaxmaxontheroad.com/#divine-light

I am the catcher of the miracles

Follow the clear voice,
Fill myself with the inner light 
Listen honestly
What the GODs are taking to me, and
the GODs lead me
SOMEWHERE BEAUTIFUL.
Sometimes,
I don’t really know why I’m going there, then suddenly
I understood
The meaning of LIFE
My life purpose is 
Spreading good energy to ALL
through my photos
I’ve got special energy of the Earth.

My special gift is these miraculous portraits from the UNIVERSE.

 

スクリーンショット 2021-01-25 11.27.08

The sun rises center of the two rocks aligned to mt.Fuji

The path of the light on summer solstice

I heard myth said there is the god  of the guidance for opening new roads ;D (SARUTAHIKO )

2011年夏至の太陽の光の道

太陽の方向に富士山が、海の底には道開き(導き)の神さま(猿田彦)がいるという。。

 

神様に
ここにおいで
ここに来て写真を撮っておくれ
と言われ
素直にその声にしたがうと
いつも
なにか
不思議な力に誘われる
その力が
宇宙の力
そういう力を感じて
自己を超越し
神様とひとつになり写真を撮る
ONENESS WITH DIVINE LOVE
そうすると写真を撮るうちに
自分の内側
光の道が見える

I, relaxmax is THE PATH OF THE LIGHT

その道で出会った
たくさんの奇跡たちのような
美しい地球のポートレート

 

どこへ導かれ
なにと出会うか
そういうフォースに敏感であれるよう
いつも自分の内側を光で満たし
いい状態を保ち
たくさんの聖域に導いてもらう
声に素直にしたがった賜物
授かりもの、授かったいいエネルギー

 

 

*************************************

I gave Alex Webb 
the print of MEOTO IWA (husband and wife rock of GOD)
when I first met him in Oaxaca Mexico 2018.
スクリーンショット 2021-01-25 11.27.08
The title is “Awakening”
I took this photo
On summer solstice 2011.
Climate Change
Human kind
On planet Earth 
At this point
Of the Universe
Is in crisis
How do we choose?
GUIDANCE for me is
In my portraits of the EARTH.
I wish everyone who see my photos can get special force of the nature and get the important message within their inner light.
この作品、夫婦岩は
初めてアレックスウエブにオアハカ でお会いしたときにプレゼントしたプリント
そのタイトルは
awakening 目覚め
人類の危機
地球上の変化
自然環境、気候変動
そういった
地球に生きるわれわれ人類が
これからどうやって
光の道を歩んでいけばいいのか?
そういう道しるべを
自分自身が撮影した写真作品からメッセージとして受け取り文章を書いている。
それぞれのハートの中で
年月をかけ
時代に
萌芽する
かたちある地球には
寿命があって
その地球に渦をまく
宇宙の力は
実は私たち個々のハートの中に
存在していると気がついて欲しい
本来の姿
うつくしい Paradise Earth
今あるもの
これから失われゆくもの
かたちを変えて残る希望
そういうポジティブな波動を作品に込めて
この先
自分の生きる世界において
地球に愛を感じ
いかにすべてを尊重し
たいせつに
当たり前はないと
日々
感謝と祈りをこめて
生き抜くか

 

生きている限り撮り続けていく
プロジェクト
FOLLOW THE LIGHT WITHIN

 

20210211 happy birthday to me! – 2006、天川(愛を運ぶ)

 

地球の寿命

数十年ではなく

にじゅうすうねん

(そのさいごのすうねんは

人でなく

(人類でなく)

受かったヒト族だった

あるいみ

天体 planetary 意識がいるセカイ)

そういう2006、天川(愛を運ぶ)でみた あの光 エネルギー は、、、、
降りてきて
そっと「中(innner center ではなく! うちがわ within worth a fly!!)」

LIGHT

JUST

CAME

TO

ME

 

INNER LIGHT marge into ME from OUTER WORLD

TEN (HEAVEN) KAWA ( RIVER)天川 SUMMER 2016

 

スクリーンショット 2021-02-12 8.50.00

( this photo is not on that day, but its from TENKAWA!  Frogs are singing, We walked along river road… during the Night,

I saw mega light on top of ( or over ) the mountain,

I thought, it was UFO ( coz  later I heard, Tenkawa is famous place for watchng UFO) …

I didn’t know, but other guys almost forgot everything, but I do have photos of others…

I don’t know how many of them have caught that light…

We just walked back ( maybe scared? somehow…)

 

The LIGHT CAME TO ME AND MARGE INTO..

I was inside of The light, or I am still?? STILL!!!

 

 

2021/2/11 happy birthday to me!

地球の寿命
あとどのぐらい?
そういうこと考えたら
大切なもの
より整理しやすい?
それなら
なにも「モノ」
いらない?
それでも
なにか産み出す?
喜び
それって
片方では
足りない
足るを知る
知 という
良い知識
良識?
どこの世界 世代?
なにか 超えて残せるもの?
残す 遺産? 世界遺産
そう 誰に?
手元に 「手」 もとに? 戻す??
そういう「知」 という
曖昧さではない
見てすぐ「パッと」わかる
直感で決める
この日!
この人!
なぜだか
合ってくる(つじつま? 合わせてるの? それは まだ「足りない」の証拠 根拠?!!!
根っこ、寝っ転がると
なに?見えた?
宇宙(そら)
宇宙に帰る
帰還先がhome地球
よんで
きおく
たどる
記憶の底 そこには

日本を「離れて」外国に住んだことあれば、身につく「視点」 でも

「点」というより
「視座」(でも「座」というのは座標軸 ベクトルが4次元でも  もっと高次でも「イイ」!!!)
助かる地球
そこに焦点
「点」
そこは
「点」
分岐点 「点」
ここは 点 というより
「天の道」 「天」
「天体」 「天」のカラダ?
空(から)だけではなく
空から降ってくる
ふっと 沸く
湧く 勇気のように
心から
正しき 「知性」 性とは
性「交」
降ってわくアイディアを
下ろす
「下」に?
でも
上(「高次の次元」はabove? 上、にほんご??)
そう
突然言われた
地球の寿命
あと20(数年)
それ言われて
素直に一回書いた(書き加えた)
その後 一回消した(そういう時は、それぞれに「なんらかの」理由がある)
そして、
今朝!というか、誕生日の朝 夜中にやたら早くに目覚めて 朝ごはん
もう一度言われた

地球の寿命

数十年ではなく

にじゅうすうねん

(そのさいごのすうねんは

人でなく

(人類でなく)

受かったヒト族だった

あるいみ

天体 planetary 意識がいるセカイ)

そういう(2006、天川(愛を運ぶ)でみた あの光 エネルギー は、、、、
実は 私そのもの「そのもの」だったみたい!
あんまりにもキレイで泣いてしまった!!!!
私 「そのもの」の光
降りてきて
そっと「中(innner center ではなく! うちがわ within worth a fly!!)
消えるまえに
約束
かわした
(らしい、今 書きながら
教えてもらってる)
私の寿命とどっこい?
(先に地球なくなる??)
2021/2/11  ON MY BIRTHDAY!



力 = 次元移動 nearly equal ≒moving forward without moving

地上で書いた文章と
宇宙から(その地上、地球を眺める視点から)書いた文章では

 

What I write

HERE on Planet Earth,

or

WHERE I COULD SEE the EARTH from ABOVE

 

THE POEWER OF “HAND”

 

 

Moving forward without moving

 

Traveling “THROUGHT” TIME AND SPACE =DIMENSIONAL CHANGE

 

MY WORDS
CREATE
SOMETHING IMPORTANT CHANGE IN “YOU”(who can get HERE(=on this page))

RAINBOW CHILDREN

http://relaxmaxontheroad.com/#rainbowchildren

スクリーンショット 2021-02-09 9.50.29

(地上 と宇宙で書いた文章の)何が違うかというと

その発想する
想像力 「力」 みぼうのちから
みわざ おん手

手の力

次元を移動するというのは

あの本、doors for perception 知覚の扉は、、、、

郁恵の場合
意識の「窓」

窓の外の風景を眺めて
旅「=移動」

移動の距離と発想「力」

であったりすることと

そうでない「キョリ」= 移動せずに移動=次元移動(nearly equal ≒)

自宅にいながら
発想「力」
想像「力」

それらを駆使

駆ける気持ち
翔ける
書ける言葉は
欠けるものをうめて
「なにか」を産む
架けるのは虹の架け橋

 

その「力」があれば
次元の移動も可能

可能性の「性」
指向性
思考性
「性」はさが

目指すものというより
Origin そのもの
もともとあったものへ
戻る旅=LIGHT WITHIN

光は人の心に内在
うち(内)にある(在)る光

光を神と捕らえる とると
闇は そのもの
あるがまま「在」るが「まま」
まま=母
母なる愛
母なる大地、自然
自分が全きものと識る

然 「そのとおり」

次元を超えた視「点」

観るのは「点」
だけど違う次元から
「眺める」
「見ない」
「観察」
「あきる」
「みない」
「しらない(みないふり)」

などなど
すると
その「点」を超えた

いろんな可能性 「性」

それを想像力が産み出す

産む力 「力」

力をもつ 魔王尊の御棒

神の石 五体力 意識

それが宿る

宿木
粛清 粛正 縮図ごと癒す

宿を癒す

寄生ではなく共生

共に生かす

Eternal portal to the universe / 宇宙をのぞく永遠の窓

 

 

魔法はこの世界の住人たちすべてに開かれている。

 

The eternal portal to the universe is for everyone who needs.

 

その魔法の源にほんのちょっとでも近づくことができるよう、想像力の翼を広げてみる。

 

Spreading the wings of imagination

Approaching to the origin of the magic on the road

I heard the sound of LIFE when I realease the shutter…

 

生きているって音がする。

写真にそんなことのすべてが写ってしまっている。

印画紙の上に光を捕まえる。

私は奇跡の捕まえ手。

 

I catch the light onto photograph.

I am the catcher of the miracles.

 

僕らが見た光。

Light we share…

 

 

青年からもらった、宇宙の石が語りかける言葉を聞き取ろうとする。

「ほんとは、なんでもないんだよ。

ただの石に魔法をかけたのは、君の言葉。

ほんとうの言葉には、魔法が宿っている。 SIMPLE FACT!」

 

I try to hear the voice of the stone he gave me.

The stone of the universe.

 

The stone told me…

“It’s nothig special. I am just a stone.

Your words made a spell on me!

TRU WORDS have MAGIC itself.

SIMPLE FACT!”

 

「宇宙の石さんありがとう!カッコイイこと言ってもらった!」

“Thank you my stone of the universe!  You are so cool, mate!”

 

名前のない島の
静寂の夜
月明かりの下
星たちのささやきと同じぐらい小さな声で

語られる本当のこと

 

Noname island

In the quietest night

Under the moonlit

 

As small voice as whispers of stars

My stone of the universe told me TRUTH!

 

 

星砂がわたしたちに言う。

愛について語るときに(なんて言ったか聞こえた?)、、、

 

Starsand tells us …(Can you hear what the star sing?)  when we talk about love.

 

 

Orion came down to the horizon.

From the window,

I saw it just before I fell a sleep…

I could only see it like this from the eternal portal to the universe…

on Noname island!

 

スクリーンショット 2020-12-25 8.41.00

眠りにつく前にみた、あの窓からはちょうど地平線に近づき降りてきたオリオン座が見える。

水平線に近いオリオン座は、この窓からしかみたことがない!
甘い夢の上 名前のない島で

In a sweetest dream on Noname island

わたしは、その永遠の愛に触れる。

I touched the eternity in LOVE.

 

 

The eternal window of the universe. Perfection.

宇宙をのぞく永遠の窓。

 

完璧さ。
月明かりの下、波の音だけが響く。

Only silent waves sing under the moon light

 

静かで完璧に護られた
誰にも邪魔されることのない眠りが

 

To Noname island

To this house

To  this perfect window

 

For the eternal portal of LOVE

No one bother you

We all have good sleep tonight!

In quietest bed we have here,

We’ll see each other in our sweetest dreams.

 

この島に
この家に
この窓に

 

やってくる。
夜明け前に目覚め、窓の外をみる。

I woke up before sunrise, and saw the colour of DAWN from the perfect window.

 

 

夜明けのうすむらさき色の空が教えてくれる。

「もうすぐ太陽がやってくるよ」

The purple sky of DAWN tells me ”The sun is coming soon!”
いつか夜は静かに明けてゆく。

The night has already gone somewhere…

 

(つづく 27へ to be continued )

 

小説版 PERFECT VIEW FROM THE WINDOW (novel version)
written in Japanese 2017, in English during 2019 till annular solar eclipse2020 by relaxmax


photo by relaxmax

 

目次はこちら index for the novel

 

写真絵本(にほんご)Perfect View from the window (JP)

English version

 

写真集のご購入はrelaxmaxontheroad@gmail.com まで

旅先の偶然の出会いには、不思議な引力がある。
CHANCE ENCOUNTER LEAD MY WAY!
彼らも、 いつか、どこか、前世でも出会っていた人たちなのかもしれない。
I might have seen them before… sometime somewhere in our previous lives.
そんなおとぎ話のような、カリブに浮かぶ名前のない島の、ある日の出来事。
わたしたちの人生が交差した一瞬。
NOVEL (小説版)version of  Perfect View from the Window

 

白日夢のような本当にあったお話。 A TRUE STORY like in a DAYDREAM.

モロッコで出会ったこどもたちの言葉 「ここは静かだ、、、relaxmax 」から名前をもらう
I was watching full moon rise from the dessert, kids said” It’s tranquil here… relaxmax”

So this is Christmas, what have you done in 2020?

So this is Christmas, what have you done in 2020?

War is Over if you want it ♪

Merry Christmas!

2015 Tokyo on Christmas Day!
1909657_10153669709335412_3897516078183736949_n
This was my second Yoko’s exhibition I saw after Barcelona (2003?) .
I didn’t know before visiting exhibition, “Window” is something important for her as well…
(to me I made a photobook “Perfect view from the Window” from my travels, I met my window in 2012 and I first enlarged my perfect window as REAL SIZE ! in 2015 spring time, in the photobook I said “YES” to some question on NONAME ISLAND, you can check the answer in my  photobook in ICP NY or you can order it ;)
I bought “YES” badges and pen!:) for souvenir. I still keep it SAFE for my HAPPY MEMORIES!
One of most impressive art from Barcelona is “Play it by trust”
Massive sized all white chess set
…. like there’s no meaning to fight, no one win no one loose,there’s no “black and white” in the world…kind of impression I had
This photo is from 2015 Tokyo, “Voice Piece for Soprano for Simone Morris”
I took selfie with it
I asked somebody from the museum to press the shutter for my selfie :)!I wanted to go to John and Yoko’s Double Fantasy as well…but I JUST CAN’T!!(from Osaka …to Tokyo, traveling is fatal (for me in corona time …:( )

Wishing US ALL

PROTECTION fromCORONA!!

Yoko Ono さんの大きい白いチェスの作品
2003?にバルセロナで見た

 

バルセロナでみた展示で一番印象に残っているのは全部が白いチェス

(世界に白黒なんてなくって、戦うことなんてナンセンス、どっちが勝つどっちが負けるそういうものでないような、、Play It By Trust!)

 

そして2015年、

記念に
YESピンバッジと白い小さな缶バッジ、そしてボールペンを買って今も大切に持っている^_^
そしてこの東京展示
タイトルがfrom my window窓!だった
あんまり知らなかったけれど、、、(私にとっても「窓」はperfect view from the window の写真絵本も作ったように大切なもの、2012年に出会った窓、2015年の春にはじめてreal size にプリントした「あの窓」、名前のない島に戻ってある質問に「YES」と答えた!その質問が気になる人は、NYのICPの図書館で本を読んでみるか、私にオーダーしてね!)

 

このVoice Piece は確かこの場所にいた学芸員の方かな?どなたかにシャッターを押してとお願いして撮影したselfie!

今東京でやっているJohn とYokoの展示もみたいけど、コロナでちょっと大阪から出かけて見にいくのは無理そう!

So this is Christmas, what have you done in 2020?

War is Over if you want it ♪

Merry Christmas!

2020.12.21 HAPPY GREAT CONJUCTION on WINTER SOLSTICE! / FLOW OF CO ORDINATION

It’s the DOOR for the new GATE!

 

NEW GATE just APPEARs,

COME VISIBLE

 

TIME itself is ART!

 

We do VALUE what WE GET, what We NOTICE, and what We( no longer exist) were, what We used to BELIEVE ( not any more!)

 

If we see this celestial ART from 3 dimensional Earth,

the timing is perfect AS IT IS and AS IT USED TO BE!, however,

 

If We ( who already BE “We”) see this eventful UNIVERSE from (kind of ) ABOVE,

It’s HAPPENING EVERYWHERE, ANYTIME, just “YOU” need to choose “WHERE” ( I mean FLOW OF CO ORDINATION)

FLOW OF CO ORDINATION

this is NEW WAY of ADMIRING ART of the UNIVERSE! … HOW We SEE! the …

 

ENERGY

always have its own INTENTION!

 

 

+++++++

グレートコンジャクション!

 

このような宇宙のありようも

変わってゆく

 

 

次は いつ? って 今の宇宙からの視点、

 

だとすると

 

次!

の宇宙に

 

移行 がすんだヒト We ( who already BE “We”)

 

からの視点からみれば

もちろん

 

モノサシ (モノって星の動き? 次の宇宙には 「ない」視点)  

FLOW OF CO ORDINATION宇宙のエネルギーの流れのなかの座標!

this is NEW WAY of ADMIRING ART

 

は変わる!

 

 

 

 

 

WEEPING SUNRISE – Message for Climate Change-気候変動に関するメッセージ 

2019/9/25 9am ( I wrote this just after the news about Greta Thunberg met Barack Obama

オバマ氏との面会でトゥンベリさんは「世界に影響を与え、変化を及ぼすのに存在が小さすぎる人など一人もいない。だからできることは何でもしよう。創造的になろう」と訴えた。

 

 

message for Climate Change 気候変動に関するメッセージ

学校では教えてもらっていないことを
大人になる段階で習いながら自然とともにカメラと過ごすうちに気がついたこと
I noticed something while I’m learning with my camera thru the nature.

体感として地軸は傾き
自然破壊の代償は今支払っている
数倍の規模になりうる
ただしそれをストップする可能性があるのは

The Earth tilting on its axis according to my bodily sensation.
We are paying the price for the climate change now.
It might be getting several times the scale.
With my optimistic instinct, We can stop it with

人の祈りの力
the “Power of Prayer”  
DSC_0208-1

POWER OF PRAYER  MISOGI from ” FOLLOW THE LIGHT WITHIN”  summer solstice sunrise 2011 夏至の禊

 

何を願う?
何が叶う?

What We human want?
What We could get as “answered prayers”?

世界で水が豊富な地域とされている日本で
人災、事故であった(あの)発電所の周りの海から
2011年以降、どこまでも世界中に人にとっては有害なものをばらまいてしまっている。

We have blessed water situations in Japan, though
the leaking water from the plant is going on and on after 311/2011.

DSC_0207-1

Weeping Sunrise 2011 on Summer Solstice

Awakening with the pain after Fukushima disaster.   痛みとともにめざめた2011年。

隠された情報を鵜呑みにしているのか
考え、感じるのをやめたのか
これまで通りの生活が可能と信じ込もうとしている人がたくさんいる今の日本。

We’ve been believing the blocked information in Japan. (Do We?)
or
Stop thinking? Stop feeling?
Those who try to believe…We could keep the life we used to have before.

どこに行けば安全な水、食料が手に入る?

“How (or where) we could get safe water?safe foods?”

We didn’t need to ask these questions when I was small kids.

という疑問は
私の子供の頃はそこまで必要なかった。

自分の子供たちの世代は
「(これまでになかった、新たな不必要な)問題解決」能力を身につける必要が出てきている。

For our children’s generations,
they need to acquire the new (unnecessary) abilities to solve the problems. (Of course, we all need)

食料危機を救うような発明はある、と預言はすでにもらっている。
水も生まれ変わる、というより人の耐性も少し生まれ変わる。

I’ve already got the messages(prophecy) that we will have new way to save the food crisis.
The water itself will re-born… or our human body system of resistance will also re-born.

大切な地球という概念とともに、
大切な「人としてのボディ」をどう環境に応じて進化させていくのか

As well as the concept of “OUR PRECIOUS EARTH”,
how we evolve “our BODY as human” depending on the severe environment.

汗で調節?
目が見えるのか?霧への耐性?
毒素排出能力を上げる?
何から鍛えあげる?

Adjusting the temperature with sweat?
Can we see with our eyes? Resisting to mist of some sort?
Increasing the capacity of toxin excretion ?
Which ability comes first to train ourselves?

僕たち 私たちの地球へ対する配慮のなさは
親世代から、、と半ば呆れ諦めるというポーズをとる余裕は全くない「今、ここ」

Our silliness…lack of consideration towards the Earth.
We have no time for… we only have “HERE AND NOW”

This kind of shit comes from our grandparents’ age?
So what can be done after all?
How many answers do we have?
We just can’t say “ah… it’s because of our parents’ (minus) heritage.”

Where can we go?

どこへ向かいたい?

最初にあった破滅の預言ではない「新しい予言」をどうカタチづくるのか?

How do we create the new prophecy instead of doomed one?

メッセージを伝える手段とともに
サイキック能力を強く持つ人々は直感として感づいている。

Those who have strong psychic abilities
have already got the way of sending our messages,
felt as an intuition.

「危機」としての問題というより
「危機管理、危機回避、進化」

We need to focus on
“management and avoidance of crisis, evolution as human being”
rather than becoming the part of the problem itself as “crisis”.

問題シフト、問題解決、人の能力を進化させること。

Sifting, solving and evolving the ability of human.

そういった点に関してすでに受け取っている1番のメッセージは「食料危機は回避、解決できる」ということ。

The first and the one of the most important message is…
“We can avoid and solve the crisis of food.”

「危機」自体は 理論の計算上はいつも存在している。
そこまで到達するのに何年?のモノサシがついこないだの森林破壊でぶっ飛んだ。

With the theoretical calculation,(IDFK (I Don’t Fxxking Know )the numbers. Who knows?)
there is crisis “in the future”.

However, We already know that
the scale of “how far or how near the future is”
have already flew away after the 2019 Amazon rain forest fires.
Who has proper numbers?

机上の空論ではないけれど、人の想像力を超える何がそうさせた?
Dose “In the future” means impractical proposition with our limited imaginations?

あの311の落とし前、まだついていないどころか
どこへも排出できないものを薄めてどうする?懸念を伝えるか否かより、誰が諦めた?
We haven’t got perfect solutions for 311 disaster (emissions to the sea?).
How come? Dilute and release?
Who didn’t say truth? Who resigned?

想像力をストップさせた 怒りや恐れ「人の住むのに適していないワイルドな浄化中の地球」
からいかに
「ガーデンマイルド 人がリラックスしてchillして生きることできる浄化中の地球」
に生まれ変わるのか?

Stopped imagination,anger,and fear…. have led us to
“the wild Earth (not for human) on purifing ”

How can our imagination create
“the wild Earth”into
“the garden mild Earth (for chillers of human kind)”?

意識の変化、その種子は全ての人の中。

We all have got the seed for
the changes of attitude towards the Earth
in our abilities to the future.

種子の名前はスターシード
開花するのは
新しい未来予知
It’s named “star seed”.
It spread and bloom the new future prophecy.

未来を明るく捉え直し
どこからなにができる?
Recapture the future.
From which point,how can we do that?

明るさ、暗さは人の意識次第。
ある人にとっては輝く未来
ある人々にとってはかつての栄華のようにはいかない暗い現実?
It’s depending on “how we see it”.

The brightest future of NOW
or dark present from lost glory.

どこに意識のポイントを置く?
Which point do we choose to see it from?

お金で買えるものの価値の中で
食物の価値を今後
全人類で真剣に分かち合う必要がある。
We need to share the true value…valuable “SAFE” food seriously.
Something We can buy with money ( something we CANT buy…) … the value WE pay for.

数年ではなく、数ヶ月?
In few years or few months?

どこかへお出かけするときに
安全な日?
安全な移動?
ごはんはある場所?
頼りになるのは本当の友人たち。

Is this safe day to travel?
Safe to move?
Is there enough food?
The best knowledge might come from true friends.

どこまでいけば「?」この疑問符を取って話すことできる?
How can I talk about these
without “?” question marks?

空想となじられるか
数値を持って説得するかの違いだけ
Are they all my imaginations? or someone could tell the stories with numbers(of some facts).

必要な人には
知識として埋まっていたコードが
解読されつつある。

We start to decipher the knowledge beneath.

現実適応能力
サイキックパワーは
「普通に」
人の中にあって、それを活用して生きていく能力の一部として使い始めている。

We start to use the psychic power for surviving the severe situations…
it’s the ability. Adjusting to the climate change.

“Just ordinary people” dose have that.

「この食べもの安全?」

“Is this safe to eat?”

数値(も必要)だけではなく
「野生の直感」を磨け!と母なる自然から教わって
2011/3/11以降、そうやって生きてきた。

I’ve learned to live with “wild intuitions” not only depending on the numbers. (we need the numbers tho..) after 311 2011.

2011年フクシマの地震の10日程前に、津波の夢を見ていた。

その夢を思い出した時、夢占い辞典的なものをネットで検索して調べて見たら「変化の前触れ」的な説明だった。

今思えば、「予知夢」として見ていたと言ってもいいのかもしれない。

I had a dream 10days before Fukushima disaster in 2011.

“TSUNAMI” dream.  It means “harbinger for the change ” in dream dictionary on internet.

I could tell that I had prophetic dream when I recall that now.

どこまでも海は広く
世界を覆い
地球の表面を青で塗りつぶし、、、
そこから 大気への影響は?
雨、降っているね?
空気には水分も?
霧?毒?
どこにも逃げる場所がない、、、
というより
どこにいても安全に「サヴァイブ」という意識よりは
「普通に」安全に生活するには?

The sea is wide open on planet Earth…then how it will be affecting to the air?
The rain fall?
The water in our precious air?
The mist.. might be toxic fog?
There is nowhere to hide.

How can we live an ordinary life rather than “live on survival”?

 

そういった知識の共有は
はじまりつつある
スターシードを開花させること

 

This is something I want to spread… the knowledge of “star seed”.

FLOURISH OUR STAR SEED.

 

relaxmax

 

 

STARSEED 01       WEEPING SUNRISE -Message for Climate Change – 気候変動に関するメッセージ

 

STARSEED 02      “SOIL” with SOUL -cultivate the Earth with our HUMAN BODY and break new ground!- 魂の容れ物である人類のボディを土として魂を耕し、地球の進化を手助けする

 

2012.12.12  Our bodies are  temple of Lights   わたしたちのからだは光の神殿

 

ONE EARTH OUR HOME   HOPE from OUR younger generation (His Holiness the Dalai Lama wrote a letter to…)

 

 

Other light years, (other) Planetary TIMELAPSE / ほかの光年 星系  

 

光の速度は

本当は

時間で測れない

 

What we call “TIME” on this planet EARTH,

is not always same “TIME” AT ALL!

 

When We see the light, how far, how long, dose it or DO THEY! travel SO FAR, FASTER THAN

We could IMAGINE! ( if we “CAN” imagine, something rather faster the light itself, we call it “PROPHECY” will BE) ,

 

TIME CAN TELL TRUTH and

LIGHT itself has LANGUAGE to SHARE!

 

時速

高速

という概念、言葉や 測りかた

 

ALL ( concept itself is it ALL?) , LANGUAGE, (how do THEY) TRAVEL ( to go FAR not SLOW or FAST)

is depending ON

WHERE YOU SEE THE DISTANCE (or” IT!”) from…

 

IF

“YOU” SEE them from THIS PLANET EARTH ?

or

from SOME OTHER TIME-LAPSE in OTRO planetary SYSTEM (or AN AREA) .

 

 

などは便宜上 生まれただけで

 

他の光年 星系 からみれば

 

どこも

違った物差しが

生まれ続けている

 

NEW AREA IS BORN as if NEW TIME IS BORN!

 

 

あの 星の映像

HUBBLE caught the STAR EYE..

 

今 ここ

郁恵が生きる現実

 

生きる現実で映像としてみた

 

あの動きの速度(映像としての尺度の長さ)は

ここでは

ある意味一瞬として観ているが

 

もし私が、、、

 

 

もし

あの星の中で 意識を持ち

 

その星の、他の時間(便宜上の物差しとして)から

あの同じ天体ショーを観察したとしたら

それは 私(そこにいる)の一生の、、「長さ 」として感じるようなもの

I AM A TIME TRAVELER pt.2 – 自分の意識を扉として自由にタイムトラベルする

(宇宙飛行士の視点で捕らえるとしたら?想像力を加えた文章を追記)

 
宇宙の大きさ(質量ではなく)自体は
Expanding 大きくなり続けている
その一方
中身(その中に 何がある、 なにもない と仮定したとして)は一定ではない
 

それが次元移動の秘密

でもある

 

Universe is expanding (how big is it? It’s not about weight tho…), however,
What’s inside is never be same.
(Assuming, need to know if “ THERE IS” or “NOTHING IN IT”)

That’s how we travel beyond “THE” dimensions ( like going up the stairs…)

 
液体の 膜 のように
水滴のように
しずくのドロップのように

LIKE
Fluid, stretching film has formed,
Drops like CANDY
Ripples just expanding like UNIVERSE!
Moisture bead from AVOBE!

 

誰かの意識が拡張する

 

Our imaginations
Our destiny
Expansion of consciousness

意識の拡張と宇宙の有り様

は少し似ている

UNIVERSE is forming
Just like HOW WE LIVE=HOW WE EXPAND OUR DESTINY = HOW WE CREAT and RE-NEW OUR CONSCIOUSNESS TOWRDS…

THE EARTH, THE NATURE…!

 

意識が変容し

そのひと自体が変わる

 

 

WHEN OUR IDEA has FINALLY TRANSFORMED into…
Something NEW
Somewhat We’ve never explored

 

We can REACH OUT WHAT WE DREAMED OF…
Something We are LIVING FOR ( not DIEING FOR!)

 
ひとが変わればその人が「かつてみていたなにか」も
もちろん違って透視(み)える

If

We human being are (or have been already)

starting to transform into something

 

We start to see things

( what they used to recognize, no longer exit? or… )

We start to admire fact

( as it is!)

 

見え方が変わるタイミング(方法も)はいくつも有り

 アセンションというのも 

そういうたくさんあるポイント

Those beautiful transition points

 

We Human already pass,
Or
We ( or some of US) can create new points

CREATING
NEW RULES, NEW WAY OF LIFE, NEW TIMING!

WHAT WE CALL “ ASCENSION”   is
ONE OF THOSE!

 

 

面の宇宙の1点でもあり、本当は面ではなく遍在!!!

 

It’s

COULD BE A FORM
COULD BE ONE KIND
… IT’S A SMALL WORLD TO TRANSFORM INTO…

A POINT

Is
“NOT A POINT AT ALL”

TRAYwhich can be a vessel or Vehicles

 

A POINT on
A TRAY ( VESSEL and VeHICLES)

is

ASCENSION POINT

 

ASCENTION POINT
is

ALREADY THERE FOR YOU!

ALREADY means EVERYTIME, ANYTIME, ANYHOW, ANYWEHERE!

 

不在はないもの=それが多次元、多次元的に生きるということはそのすべてのポイントがきちんと知覚して見て触ることができるということに少し似ている

 

THERE, ALWAYS BE there for you

THIS IS KEY key phrase for you

Multidimensional
In between those Aspects

WAY of BEING ( LIFE! itself)

BE THERE and EVERYWHERE    if YOU

CAN

TOUCH and HEAL and PERCEIVE

“AND”  REALIZE!

ALL “TRAY which can be a vessel or Vehicles”=
CREATING NEW ACENTION POINTS!

 

「そもそも すべて と呼べるものはある!」

 

ALL is ALL

IF YOU CAN

“ STAND on A POINT ( or vessel or vehicle…) “ and

Recognize EVERYTHING as ALL..!

You can “CALL”

ALL is…What do you want to call “IT”?

 

 
時間、という流れるものの一部でも有り

いくつも繰り返される 癒しのポイント

実は、一つあれば
それで全てが癒されたことの証
 
という映像作品を見て遊んで、一度瞑想してほしい
(いつか、また別の場所で星船遊び、インスタレーションはどこかの国、どこかの街で体験してもらうtraveling exhibitoin)

その天上から落ちてくる Realization  何かに気づく「きづき」

 

星船のアートの中では 上から「光」がふってわいてくるもの

 

In my art installation

“Earth from the starship window”

You can catch “THE LIGHT” from avobe!

SOMETHING out of THE BLUE!

無重力の宇宙空間の中(内側 light within) で感じるとしたら

心の中から光がわく、勇気が湧いてくるように!

実際の宇宙にいるヒトにとって

それ、「光」はある意味、「あたりまえ」

Or
If you feel it

Inner SPACE ( without any gravity from the EARTH)

Inside your LIGHT ( light within)

You
JUST FEEL

THE BIRTH OF THE LIGHT, like we feel braver and…

You can “BE LIGHT” in cosmic space

THE UNIVERSAL SPACE

which exists between celestial bodies

 

 
地球の土のうえに現在位置をもつ(いまの)relaxmax にとって

(もしくは水の中?大気に抱かれ?炎の間?黄金の中にも!)

relaxmax “BE” CURRENT Crystalline AXIS AS NOW

(here… Crystalline AXIS  is not three or four or any dimensional thing)

On the EARTH : On the Ground

Inside the SEA

AIR surrounding the Earth

MAGMA between FIRE

Or EL dorado somewhere We’ve been

HERE
(or BOTTOM )

「そこ」宇宙のISS      は      想像の「なか」            のようでいて

 

ISS is
As a part of her imaginationary visionary “INSIDE”
“AND”
JUST A SPACE IN HER HEARTS (Of course,  WE CAN SEE ISS itself in the sky =OUTER SPACE!)

 

AWARENESS

that

SHE HAS

( or EVERYONE)

SPACE IN HEART

 
SIMPLEST FACT!

 

宇宙空間を自分の心のなかに持っている

というシンプルな事実、「気づき」をもたらすこと

 

 THANK and AWARE USUAL FACT!

 

「あたりまえ」に「きづく」

 

 

 

 

気づく、築くこと!

 

前提を変える 前庭、、、
前にあった平和な庭のような、、、

Notice and RE BUILD

What We have forgotten

( WE as EVERYONE had in CAVE AGE)

CHANGE what We VALUE (prior )or NOT

What We lived in PARADISE EARTH as GARDEN MILD

 

before…

In our heart
In our imaginations
In our space…

 
 
星船のアートインスタレーションの中では

それが地上に落ちる瞬間

落ちる、「時」

光が地上に降ってくる

 

宇宙空間の「そこ」では「どこでも」

 

光は

あり続ける、存在し続ける、いつか消えてしまうまで

 

 
いつか光が消えてしまうということ、これを宇宙の終焉と捉えるか、別のなにかに「ただ変容」とするかのちがいは、

実はあまり、ない!

神々にとっては、どちらも「ある状態」

存在が「ある」状態と存在が「ない」がある状態

 

 

こういうことを感謝とともに捕らえる、

光の気づきをつかまえる!手の中に、ある早朝のiPhone メモとして

 

 

ときというのは流れ、雫

しずくの連なりのように

雫自体は丸みを帯びて、その中に、水分と光、宇宙のすべて

意識自体もそれと似て

何かが生まれる(超新星のように)瞬間は

 地球の表(おもて、面)に放射状に(星船インスタレーションの中で写真が放たれるように)、波紋、意識の波状効果、ひろがり
 
次つぎと、重なりあう重層的な意識想い出
 

その光の中心にむかって

ここでいう「光の中心」とはヒトそのもの

 
意識の波の点となる 一点
1天一流
そこに
一つの天国
すべての宇宙

 

それらの源につながる装置(マシン)

装置としてのヒトの知覚の扉、儀式ではなく瞑想的に生きるということ

 

すべては瞑想

 

 寝ること
起きること
息をすること
食べること
笑うこと
愛すること
育てること
許すこと
変化するように誘うこと

 

ヒトが人として生きる一生のうち理解し難いなにかに出会えたとすると

その 「理解可能」は

すべて 正解と呼んでもいい

 
 
 
意識が拡大しながら、波のように穏やかさとともに
一つの光、水のながれのような「とき」
 

時と意識は同化する瞑想

 

時と意識は同化する

 

 

その流れ
意識の流れとしてのヒト
宇宙空間を満たすモノ
時間そのもの、光と同化

その流れに導かれ、光を超越

その一天から
次の次元への扉、時間旅行、
癒しの旅、私達の内なる平安の心で星船地球の今を癒すこと
星船というのは
時間も空間もこえて
生命をのせて旅する
地球そのもの
 

一天とは 

一つの天上の扉のような 

(うつわ)を変えるとき

思い浮かべるときのコードネームのようなもの

 

(もう私、relaxmaxは扉はすでに潜っている(くぐって))

  

自身の意識を宇宙船に見立てて、飛ばすといい

 

 

接点はそこ」にある

 
意識の底(無意識に鍵の窓があることもある)
 
「そ」を扉として自由にタイムトラベルする、アイアム ア タイムトラベラー relaxmax

I am a time traveller

 

 

 

 

MAGICO MEXICO- NOVEL

El sueño de la tierra 蝶の行方

 

 

El sueño de la tierra 蝶の行方

My flow of consciousness,
Kindness in prayers

Those who look trough further,
Could hear the voice from “THE OTHERS”

And
Also

Wake people UP!

 

Prayer for DAWN
Awakening

 

Lightning process
Quickening
Cradle

 

意思、と同時に
流れ、緩やかな祈り

見晴るかすことができる人は
呼ぶ声もきくことも
それを呼び覚ますこともできる

覚醒の祈り

雷、
というより
胎動
のようなゆりかごの動き

 

 

EL TIERRA
Paraíso

KEY

In your fellowship on the road



地球 パラダイス
パソコンに書いてあったメッセージ

 

Twinsoul


Who you’ve already met

 

Accelerate
Evolutionary

 

Stories
You’ve already wrote, read, re-read, recall…
Will have new approach
To spread

 

 

REVIVE

 

 

Awaken all your sprits!



ツインソウル

の意味も
再び 進化して加速度的に
新たな物語とともに
変化 成長する

役立つのは
リバイブ

vibe を再び
呼び覚ます

 

ALL

Is

ALL

 

 

MORE of THOSE (You didn’t know if YOU COULD!)




全部叶えていいし
全部以上叶えていい

 

 

 CHANCE ENCOUNTER

 

ALWAYS
ALWAYS
LEAD YOU!

 

 

YOU ARE LUCKY TO MEET ME!

 

 

Birdy I on the road

CREATING

NEW ROAD

NEW PROPHECY

 

NEW GATE

Just

APPEARs

Infront of  YOU!

 

IKUE
Can
PROPHETIC “SEE”

 

With CLEAR HEART ( so she could HEAR clearly!)

And

STRONG PRAYER for ALL

(For some, they use ability for seeing with different sense of human kind)



地図がない島に
偶然導かれて
たどり着くラッキーガールな君は

地図自体を
実はクリエイトする
予言というのは
そういう行為

未来予知は
自分の祈りのパワーと
クリアなハート 耳(ある人には目)
その二つを組みあわせ
祈るように書くのが郁恵

 

+++++++

I heard

Somebody was singing…

In the mountain

In 2000

Oaxaca



歌う人もいる

 

+++++++

Someday

(You didn’t visit 2 or 3 times…but if you want)

You can visit Bonampak

 

Just passing beauty of OLD prophecy

Falling love
in ETERNITY
In A brief SPACE

 

sueño de mariposa
moment en Eternidad

絵にした
かつてのマヤ人 Bonampak は
いつか また

いくといい


古びた予言の
美しさを知る

儚い、というものはなく
散る行為そのものの美しさ

見とれてしまうような

一瞬の蝶の夢

MágicoMéxico054

 

 

sueño de mariposa
moment en Eternidad

 

+++++++

 

Mágico México – NOVEL

El sueño de la tierra 蝶の行方

I AM A TIME TRAVELER – 自分の意識を扉として自由にタイムトラベルする

 

Mágico México – photobook

http://relaxmaxontheroad.com/#magicomexico

 

In past life At observatory in Palenque

relaxmax as an astronomer could see the future

She have wished to the Venus

“Oh my lord, Kukulukan,In futurity,

I prophetic see the Earth

Please send us star people as messengers

With mission to save beautiful planet Earth…

君は未来予知をすることができる

その力は実は、そんなに多くの人が持っているものではない

マヤ人の高位の天文学者たちもそのうちの一人 star gazer

relaxmaxは、その時、その天文台で、遠い星、金星を眺めながらこう願った

「神様、いつかこの星が本当に危機に襲われた時に どうか、この美しい星を守るために、

使命を持った人々を使わせてください 。そしてその者たちがスターシードを開花させ 、真実を見ぬく眼を持つ者たちを集め、

この地球の生まれ変わりを助ける祈りのパワーの強い者たちを集めて 楽園の地球を永遠に、この星を永遠に救ってください」

I AM A TIME TRAVELER – 自分の意識を扉として自由にタイムトラベルする

宇宙の大きさ(質量ではなく)自体は
Expanding 大きくなり続けている

その一方

中身(その中に 何がある、 なにもない と仮定したとして)は
一定ではない

それが次元移動の秘密でもある

液体の 膜 のように
水滴のように

しずくのドロップのように

誰かの意識が拡張する

意識の拡張と宇宙の有り様は、少し似ている。

意識が変容し
そのひと自体が変わる

ひとが変われば、その人が「かつてみていたなにか」も
もちろん違って透視える

見え方が変わるタイミング(方法も)はいくつも有り

アセンションというのも

そういうたくさんあるポイント(面の宇宙の1点)
時間、という流れるものの一部でも有り
いくつも繰り返される 癒しのポイント

実は、一つあれば

それで全てが癒されている、と気がつくことができるようにもなる

AGUA Y LUZ
という2016年に作った映像作品を見て
一度瞑想してほしい(いつか、また別の場所で星船遊び、インスタレーションはどこかの国、どこかの街で体験してもらえると思う!)

 

星船 というインスタレーションアートの一部

 

その天上から落ちてくる
Realization  何かに気づく「きづき」

それが地上に落ちる瞬間

落ちる、「時」
光が地上に降ってくる

 

ときというのは流れ、雫
しずくの連なりのように

雫自体は丸みを帯びて、その中に、水分と光、宇宙のすべて

 

意識自体もそれと似て

何かが生まれる(超新星のように)瞬間は

地表に、写真が放たれる、
放射状に、波紋、意識の波状効果、ひろがり

次つぎと、重なりあう重層的な意識、想い出

その光の中心にむかって、意識の波の点となる 一点

1天一流

 

そこには一つの天国であり、すべての宇宙の源につながる装置

意識が拡大しながら、波のように穏やかさとともに

一つの光、水のながれのような「とき」

 

時と意識は同化する 瞑想

 

 

時と意識は同化する

 

 

その流れに導かれ、光を超越し
その一天から
次の次元への扉、時間旅行、
癒しの旅

自身の意識を宇宙船に見立てて、飛ばすといい

接点はそこにある
意識の底(無意識に鍵の窓があることもある)

そこを扉として自由にタイムトラベルする、
アイアム ア タイムトラベラー relaxmax

I am a time traveller

His Holiness the 14th Dalai Lama 夢をみること。チベット砂曼荼羅と心。

2011 年 高野山でラマ様のお写真を撮るきっかけをくださった、龍心さんという方にご説明いただいたメールを探しだしてきた。

 

I happened to meet his holiness the 14 th Dalai Lama on Mt. Koya in 2011. It was fantastic experience when he smiled to me ;) !

偶然にお車で通りがかったダライラマ様が、私を認識して、見てくださり、ニッコリ微笑んで下さった!

一生の一枚!
o0811054013818846459

 

I found the mail from Ryushin ( 龍dragon-心heart)  who gave me ticket for his holiness the 14th Dlai Lama’s teaching.

I happened to meet Ryushin at Izakaya on Mt. Koya.

(ラマ様のお話を聞きたかったけど、チケットなくって、、というときに偶然出会って(当時のお友達が高野山の宿坊で住み込みで働いていて、その人と居酒屋で早めのお食事中、知り合えたのが龍心さんたちだった)

おかげさまでお話を聞くことができました♥)

 

Ryushin said

「砂絵じゃなくて、砂曼荼羅(マンダラ)ですね。

あれを描くにも修行が要りますし、チベットでは僧侶になる条件にもなっています。

日本で今掛け軸になっているマンダラの源流があの砂マンダラです。

” It’s a “SAND MANDALA”. You need to practice drawing SUNAMANDARA (sand mandala)  to become monk in Tibet.

 

 

あのマンダラは(注:2011年高野山で描いていたものについてメールで会話していたらしい)

この灌頂のためにチベットの僧侶達が五日間かけて描いたものです。

Tibetan Monks draw SAND MANDALA for 5 days “Kanjo ceremony”  in 2011 on Mt. Koya.

 

本来なら儀式の最後に法王が砂を崩されるのですが、今回は高野山に資料として残すため例外的にそのままにしておくそうです。

Originally His holiness the 14th Dalai Lama would break it at the end of the ceremony,

but Monks from Mt. Koya wanted to keep the SUNA MANDALA (sand mandala) for the future students ( as  reference ?) at Mt. Koya. Its quite exceptional.

 

 

意味合いとしては仏の世界(心)も我々の世界(心)も本来は同じものでその有り様(ありよう)によって違って見えているだけである。

あの美しいマンダラも全ての砂を混ぜ合わせてしまえばただの土色に固まりになる。といったことをあらわしています。

It’s one thing “The world (Heart) of Buddha” and “Our world( Heart)”. It looks different when it has different forms for different occasions .

The sand mandala will be “a lump of the sand’s colour ” when he mixes all the sand in MANDALA.

 

夢については灌頂の初日に草を配られてそれを敷いて寝たときに見た夢でどんなことがどのように成就するかわかるという夢占いのようなもので特に色を覚えておいてくださいといわれたのですが二日目その説明がなかったので質問されたんでしょう。

About the dream, we were told that we need to remember the colour of the dreams when we slept with the plant underneath the pillows. They give us plant on the first day of KANJYO ceremony.

It’s like a divination through the interpretation of dreams. ( what kind of dream they dream? and what kind of future they want? what they saw as dreams with pillow underneath plant.

 

そもそも密教では行の中で夢を非常に重んじる傾向があります。夢占いや星占いはほぼ密教がルーツになっていますよ。

Esoteric Buddhism is the roots of the astology and the oneiromacy. ( this is what Ryushin wrote in his email to me)

Monks ( of Mikkyo 密教) really respect the meaning of the dreams when they practice. ” from Ryushin

 

龍心拝」

 

 

以下は、私がそのメールを読み直して感じたことを書いたことばたち。

 

この世界は心の現れであり

夢を癒すことによって(ex 「君の名は。」も夢のお話。)

今も、現実も、未来も癒されて変化していく、、

ということがすごくふに落ちた:)

 

This world is made of our dreams, our hearts. ( “KIMI NO NAWA” is also the tale of dreams)

When we heal ourselves in our dreams, “NOW “, “THEN”, and “FUTURE” will be healed and changed for our better days. 

These are the thoughts, after I re-read email from Ryusin(龍心).

 

 

FIDING MY VISION – hecho en Oaxaca! – Mágico México

After clearing my vision
with Alex Webb and Rebecca Norris Webb’s workshop in Oaxaca 2018 ;)

I created my dummy “MAGICO MEXICO”.

WEBB先生たちのワークショップ(2018年オアハカ)で受けて、
自身のヴィジョンをクリアにした後に生まれたのが”MAGICO MEXICO”!

(2018年6月最初のversion完成、そのあと現在もupdate中。2019年に計画して(起らなかったけど!今年もステイホームな2020年、旅するのは難しい)次にメキシコに行ったら撮りたい写真、春分の日(もしくは秋分)が一枚、

その写真は後でポストカードとして、出版されている本にご希望で挟んでもらおうかな! この本の魔法)

 

 

The road signs  are…

MAGICO MEXICOのダミー本を製作するにあたり、道しるべとなったのは

 

“Stick this on your wall ” that’s what Rebecca said to me.(When I got back my photos…) then she picked ONE out of 5, it was the photo of the window…She was collecting everyone(at workshop)’s photo on the desk!

and I received untold words like this…
(stick it on the wall then) “TALK WITH YOUR VISION”

レベッカが最初の5枚のうちから1枚(窓の写真)を選んで (workshop参加者全員の集めていて)

 

その残りの4枚を私に戻しながら

「この写真を壁に貼って、写真とお話ししてね」そう言って、

Stick this on your wall “その彼女の一言で自分自身のVISION(写真)とお話するということを

意図的にすると、あの本が出来上がることになった!

 

 

(それまではMAC上での作業で完結していて、

プリントアウトして壁に貼って初めて製作したのがMAGICO MEXICO)

 

I forgot exactly what Alex said to us pupils, but something similar ;D

It’s better to shoot another one hour after you might think “this enough”,
so I could push myself to visit to Ruin Yagul on the day
M.7.2 Erthquake happened( February 16, 2018 at 17:39)…

アレックスさんの

「もう十分いいのが撮れたと思っても、あと1時間撮ったら、もっとすごいのに出会えるぞ!」

正確に、どういう英語で言っていたか記憶が曖昧になってしまった。

だけど、その言葉を覚えていて実行できたから
あの地震のあった日、ヤグール遺跡まで足をのばす事ができたと、今も思っている。

道しるべは
こういうきっかけとなる、教室での言葉たち。

 

On the first day at Centro Fotográfico Álvarez Bravo ,

Alex and Rebecca choosed 5 photos
(out of 30 prints I brought as homework,
these are photos from my 5 month journey from Mexico in 2012)

初日に、宿題として持参したこれまで主に2012年に5ヶ月メキシコを放浪して
撮影した中から選んだ30枚ほどのプリントから、彼らが選んだのはこの5枚の写真たち。

_RLX0359-

MIKAGAMI (水鏡 MI=water KAGAMI =mirror)

_RLX0561-

Perfect Rainbow ( Tulum)

001-RLX_0002

Hierve el Agua  in Oaxaca (Sacred place for Zapoteco)

 

015-RLX_0096-------

Undefined Flying Object ( 2012.12.01 ) in Oaxaca ( I saw at hostel cielo rojo!)

RLX_0196

The window to somewhere… ( Oaxaca : Centro Cultural Santo Domingo)

This is the photo Rebecca choose out of 5.

これが先生が5枚の中から選んでいた一枚。生徒みんなの写真を一枚ずつ選んで並べて教室に置いていた。

 

これら、先生が選んだ写真を改めて見ると、コアな自分のヴィジョンがよりクリアに解った!

After seeing those photos (5 photos from Alex and Rebecca’s choice) ,
I realized true-self more clear than ever.

This is what I did for making dummy ( after workshop in Feb in Oaxaca, I started book-edit in May 2018 ( after I had HIMATSURI exhibition at Jyunpu elementary school in April as KG+ )

I just sticked my photos on the wall and talked with them!

ブックダミーを作り始めたのは5月
(ワークショップの数ヶ月後、帰ってすぐにHIMATSURI show at KGでそれが終わってすぐ。)

先生達に30枚のプリント宿題で持っていく時に、数千枚はきっと撮っていたであろう中から絞って、
100枚ぐらいプリントしてあった。
そこから再度ブックダミー用に選びなおし、ワークショップで撮影してきた新作、
そこからある程度並んできた時に、
さらに記憶の底から2012年に撮影していた写真たちを新たにデザインしながら追加して製作していった。


View this post on Instagram

A post shared by relaxmax (@relaxmax) on

 

 

そしてSHOOTING の実習 (午前中がクラスルームでの授業、午後はフィールドでのシューティング実習)

翌日の前日に撮影した写真の中から自分でまず25枚選んで教室で提出し(A:10枚 B:15枚)から

スライドショウの様に教室の壁に映写しながらみんなで見てみんなのVISIONを学び(Groop edittingの面白さ!)そののち、

数枚をそれぞれのためにALEXとREBECCAが選んでくれるという合同でのグループediting 直感編集の実習。

その数枚ずつを繰り返し四日分を、最終日にストーリーとして組み立てる演習がFINAL EDIT。

 

 

どういう風に直感で自身のイメージとお話しするのか?

選択する基準(というか彼らが何を見て、”いい”とピックしてくれた自分のイメージ(25枚からの数枚)と、他のクラスメート達の作品のピックの仕方をを合同で見学しedittingを学ぶクラスルームでの実体験。

こう言った姿勢と眼差しを

彼らのワークショップで学んできたから、

MAGICO MEXICOを作り上げるきっかけをもらえたと思う。

The final edit ” Oaxaca Magic” at the workshop with Webb senseis !

ワークショップを通して作成したファイナルエディット(12枚)と先生たちの参考図書が、本のダミーの魔法の材料!
001-RLX_0002

002_RLX0013

003_RLX1808

004-_RLX0021

005-_RLX0010

06_RLX0194のコピー

07_RLX0086

08_RLX2081

09_RLX0134

10_RLX0027

11_RLX0018

RLX_0196

These photos (5 photos and 12 final edits) and

Webb’s reference books (The narrow road to interior Basho Matsuo  /  Illuminance  Rinko Kawauchi / Richard Misrach: Desert Cantos / Mark Klett: Saguaros / William Clift)

and my inspirational books

(Slant Rhymes Alex Webb and Rebecca Norris Webb / Jack Kerouac : On the Road / TIMELESS : Takashi Nakagawa designed by Mitsuo Katsui 勝井 三雄)

are magical ingredients for my dummy book!

IMG_2562-

IMG_6841-

This is what I was reading ( got when I was 15? On the road Jack kerouak , I brought with me in 2012 and I left somewhere ( I know where it was, I hope to get it back if its still there… hopefully!)

 

この本を持って2012年旅をしていた(確か買ったのは15歳ぐらいのとき) どこかへ置いてきた(shared library)どこかは覚えているから、もしまだそこにあったら、取りに戻りたいな!いつか、ね!

 

so here is link to my dummy (ダミーへのリンクはこちら)  MAGICO MEXICO!

 

The Earth saved me, so I want to save the Earth.

地球が私を助けてくれたから、私も地球を救いたい。

_RLX0134 3

The road of ruinas Yagul told me ( There was earthquake during workshop in Oaxaca, but there was no shake at all on the road towards Yagul)

“ Okay, You have costal crack,  so We will save you.

You can’t go home (can’t get on an airplane), if you receive damage from the earthquake now…

I know you love this road,

You’ve  come here again and again(2000 2012 2018 …and )

Nostalgic Great Plains of your past life as a cave girl.”
ワークショップの期間中、オアハカで大きな地震があった。オアハカ市街地はとても揺れていたみたいだけど

(震源ははるか南車で5、6時間ほど)

あの道で写真を撮っていた私は全く、地震があったことさえ知らなかった(全然揺れていなかった!)

 

その時にいたあの道、ヤグール遺跡への道は私に言った。
「君は肋にヒビがはいっているね、僕たちが君を助けよう。
このまま地震のダメージを受けては、君は家に帰れなくなってしまうね。
家に帰れるよう、僕たちが守るよ。

君はこの道を愛しているのを知っている。何度も戻ってきてくれた。(2000、2012、2018、、、そして)

原っぱをかけまわり遊んでいた

原始人の少女の過去生の頃から。懐かしい、この道」

 

ヤグールからオアハカ市内のステイ先の友人の家に戻って初めて地震のことを知った。

その日に、突然、一気に視界がクリアになったかの様に感じた。

(地震があったのに、私がいたあの道では何も揺れなかったことにショックを受けて、神様と自然に感謝して泣いた)

そして一気にファイナルeditの原型を仕上げた。

地震の翌日が授業の最終日。

 

写真のセレクトは私が提出したときほぼそのまま、

最初は時系列に並んでいたのを(どう並べていいのかさっぱりアイディア湧かなかった)

先生たちに手伝ってもらって並べ替えてもらった。不思議が増した!(確か2枚抜いて、追加はしなかった。抜いた写真もこのほんの中には入っている。

workshopのシークエンスをする特訓!;D完成させた、してもらった!いい思い出;

 

 

I didn’t know that there was big earth quake until I got back home in Oaxaca city centro.

My friend told me, and I just cryed…!

I felt my vision somehow cleared by shock of earthquake (It didn’t happen where I was … on the road, but there was!)

I cried, and thank god and nature.

Then I finished my edit of Oaxaca magic ( choice was almost as I selected , few photos my teacheres didn’t use for final edit, I was arranging in chronological order, then Alex and Rebecca helped me to seaquence images in different order with their VISIONs)

 

 

 

ワークショップで生まれた別の作品

other gift from the workshop… Ritual of Lent  in Oaxaca “LOS DIABLOS”

 

2012年の旅で生まれた別の作品 Other gifts from the my days on the road in 2012

“Sometime Somewhere” (even chance encounter is destiny…!)

“Perfect View from the Window” 

 

magicmexicoのコピー2

 

The World is Made of Dreams We Share / 世界は誰かが見た夢で出来ている。

The world is made of dreams we share.

We find ourselves,

sometimes in same dream at the same time!…or

I just happen to be in somebody’s dream he dreamed, it might be a CAT in that novel? or a song … called Blue Shinin’Quick Star I was listening when I was 15.

 

この世界は夢みたいなもの。
世界は誰かが見た夢で出来ている。

画像6

 

ときどき

おなじ夢の中 目覚め

もしくは

誰かのすでに見た夢のなかに遊びにいくように

自分を、その物語の中に再発見する。

 

誰かが書いていた小説のなか、夢みていたのは猫なのか?

それとも、15歳のとき聴いていたあの曲、Blue Shining’ Quick Star

で語られていた沈黙のなかの真実とは?

 

それぞれの夢が宇宙を作り、ひとつの世界でつながり
時おり交差して、日々の暮らしを形作っている。

 

画像4

 

Our dreams create the universe we want

 

Sometimes

Our daily miracles cross our destiny

 

to share the beauty of the world

画像5

魔法は日常にたくさんひそんでいる。

それをすくいだす錬金術が、音楽や文学、マンガ、写真たち、

あらゆる種類の芸術のなかにある。

それらは、

大きな宇宙の小さな秘密を、少しずつそっと教えてくれる。

 

画像3

 

We find hidden magic in our everyday life

Alchemy is in music, literature, mangas, photographs, and all sorts of ART we admire!

Secret of the huge universe

We explore with these miraculous treasures

 

画像7

 

あの島の、

あの窓の魔法が、

写真を通して、

またこの赤い本の物語を通して、

たくさんの人を

うつくしい白日夢のなかに誘いますようにと、祈る。

 

The magic moment we share

In this red book

I wrote some nice words I heard

画像2

The house, The window!

画像8

I ask for answered prayer

For SURE, for REAL!

 

We are living in daily miracles!

 

Daydreaming of THAT island…

画像1

 

小説版 PERFECT VIEW FROM THE WINDOW (novel version)
written by relaxmax
(in Japanese 2017, in English finished around Annular solar eclipse 2020)


All photos by relaxmax

目次はこちら link for each chapter in  this novel

 

写真絵本(にほんご)Perfect View from the window (JP)

English version (photobook)

If you want to buy my print or picture book, email me to…

relaxmaxontheroad@gmail.com

写真のえほんやプリントご購入希望のかたはメールしてね;)

 

 

Eternal Honeymoon 貴船

 In between
  Brightest afternoon and  Darkest night

 

at Kibune shrine, Yui no Yashiro : 貴船神社 結社にて

_RLX0028

 

 Nostalgic New Prophecy for us,

 Eternal Honey Moon to the Universe!

 

2019  TANABATA

_RLX0019-eternalhoneymoon

 In between
 Brightest afternoon and Darkest night 

_RLX0064

 

貴船神社 KIBUNE shrine, Kyoto

 

_RLX0001 _RLX0014  _RLX0021-

ご神木の桂さん  Sacred KATSURA tree!

_RLX0030

相生の杉 AIOI NO SUGI (cheddar tree)

They’re growing up together and getting old together…

「相生」は「相老」仲良く年をとっていくこと。

_RLX0041 _RLX0044 _RLX0046 _RLX0054

奥の院の宵 OKUNOIN at dusk

 

_RLX0055

FUNAGATA ISHI 船形石 is the ship shaped rock

Tamayorihime ( 初代神武天皇の皇母・玉依姫命) , who is the mother of the first Emperor took the boat from Osaka to KIBUNE.( according to the myth)

_RLX0064

2020 年の旧暦七夕は8月25日

In Old lunar calendar, TANABATA is on 25th Aug 2020.

 

_RLX0063

Waiting for someone …

 

 

 

In the time of COVID-19,

Kyoto seems distant dream … I really want to go back there peacefully and safely…!

 

コロナの2020年に、去年の写真をみかえしてみると

写真のなかの貴船は遠い夢のように見える。

 

また世界中の人が、

安全に、豊かに

貴船まで足を運んで旅することができますように、と祈る。(2020年9月現在入国はまだ制限あるのかな?)

 

KIBUNE(貴い船、船は交通の守り神、水の神様もいらっしゃる)

means

貴=precious

船=boat (transport in Heian era)

has

Dragon,

God of the weather ,

God of the water    as well…

 

 

I wish everyone stay safe!

…and someday,

From around the world

We all could travel to KIBUNE safely and peacefully

With Abundance!

 

+++++++

追記 その1

2020年7月7日に投稿した後で、大雨後貴船口手前あたりが土砂崩れで

叡山電車は不通、貴船神社も参拝を停止中との情報をtwitterで読んだ。

雨の多い季節、これ以上の災害が起こらないよう祈ります。

 

その2 2021年9月18日 市原~鞍馬間の運転も再開

 

After uploading this blog on 7th July, I just got the news from twitter

saying

Eizan line stopped ( from landslide around Kibune guchi area) and Kibune shrine closed (授与所など)on that day…( and now they have buses instead of trains, check update! ) ,

I wish

no more big disaster from heavy rain …!

They just started again ( from Ichihara to Kurama on 18th Sep 2021)

 

+++++++

 

mixtape for ETERNAL HONEY MOON

 

2019年の夏、貴船に行った時に 降ってきて書きとめた言葉と

ともに英語訳したメモより。

 

poem (english translation from japanese lylics by dko and the words I got on that day)

In between
 Brightest afternoon and Darkest night 

(2019 TANABATA at  Yui no Yashiro 貴船神社 結社にて)

 

Our boredom
On the sweetie cloud

 

Flowers in the bubbly stream
Kept its beauty forever
In between
Brightest afternoon and darkest night

 

Fakes in our eyes
Same shit on
Holy Christmas day

 

Speed and noise are
Always with us

Nostalgic summer feeling
Pain We found
Whispering beauty
In our stereo forever

We always love
Tricks and candy

 

Thrills
(In our )World’s end

 

Surreal and simple slide show goes on …
Floating and sinking
(Suddenly Waking up new reality )
Ever changing shapeless heart
(Blurred vision in you)

 

Pain in Vain
Afternoon solitude in happiness
It’s Okay (We never know)
 this is the end of the world..

 

 

Parasol on the sandy beach
Always in the shade

 

Sleepy afternoon by the sea
Craziness in vain
This is the end of summer

 

Never on time
ALWAYS
Cool ‘n’ electric

 

Abandoned words
Colourful beauty
Flowing with us

 

Speed and Noise are
Always with us
Nostalgic summer feeling
Pain forgot and remember

 

Whispering beauty
In our stereo forever
Mixed up vain (pain) in youth

 

Something in my heart
Calling you forever

You are my lost paradise

 

Thrills 

(in our )World’s End

Surreal and simple Slide show goes somewhere…

 

I never told you
Truth and Lies

 

…and our shameless slideshow
Is still going on
Christmas time is 
soon to come

 

Trick and candy in snowflakes
Endless slideshow for our secret love affair

I just couldn’t told you my feeling

 

Never told you truth
I’ve been keeping it secret
Christmas time is
Around the corner

+++++++