I AM A TIME TRAVELER – 自分の意識を扉として自由にタイムトラベルする

宇宙の大きさ(質量ではなく)自体は
Expanding 大きくなり続けている

その一方

中身(その中に 何がある、 なにもない と仮定したとして)は
一定ではない

それが次元移動の秘密でもある

液体の 膜 のように
水滴のように

しずくのドロップのように

誰かの意識が拡張する

意識の拡張と宇宙の有り様は、少し似ている。

意識が変容し
そのひと自体が変わる

ひとが変われば、その人が「かつてみていたなにか」も
もちろん違って透視える

見え方が変わるタイミング(方法も)はいくつも有り

アセンションというのも

そういうたくさんあるポイント(面の宇宙の1点)
時間、という流れるものの一部でも有り
いくつも繰り返される 癒しのポイント

実は、一つあれば

それで全てが癒されている、と気がつくことができるようにもなる

AGUA Y LUZ
という2016年に作った映像作品を見て
一度瞑想してほしい(いつか、また別の場所で星船遊び、インスタレーションはどこかの国、どこかの街で体験してもらえると思う!)

 

星船 というインスタレーションアートの一部

 

その天上から落ちてくる
Realization  何かに気づく「きづき」

それが地上に落ちる瞬間

落ちる、「時」
光が地上に降ってくる

 

ときというのは流れ、雫
しずくの連なりのように

雫自体は丸みを帯びて、その中に、水分と光、宇宙のすべて

 

意識自体もそれと似て

何かが生まれる(超新星のように)瞬間は

地表に、写真が放たれる、
放射状に、波紋、意識の波状効果、ひろがり

次つぎと、重なりあう重層的な意識、想い出

その光の中心にむかって、意識の波の点となる 一点

1天一流

 

そこには一つの天国であり、すべての宇宙の源につながる装置

意識が拡大しながら、波のように穏やかさとともに

一つの光、水のながれのような「とき」

 

時と意識は同化する 瞑想

 

 

時と意識は同化する

 

 

その流れに導かれ、光を超越し
その一天から
次の次元への扉、時間旅行、
癒しの旅

自身の意識を宇宙船に見立てて、飛ばすといい

接点はそこにある
意識の底(無意識に鍵の窓があることもある)

そこを扉として自由にタイムトラベルする、
アイアム ア タイムトラベラー relaxmax

I am a time traveller

Leave a Comment