I AM A TIME TRAVELER pt.2 – 自分の意識を扉として自由にタイムトラベルする

(宇宙飛行士の視点で捕らえるとしたら?想像力を加えた文章を追記)

 
宇宙の大きさ(質量ではなく)自体は
Expanding 大きくなり続けている
その一方
中身(その中に 何がある、 なにもない と仮定したとして)は一定ではない
 

それが次元移動の秘密

でもある

 

Universe is expanding (how big is it? It’s not about weight tho…), however,
What’s inside is never be same.
(Assuming, need to know if “ THERE IS” or “NOTHING IN IT”)

That’s how we travel beyond “THE” dimensions ( like going up the stairs…)

 
液体の 膜 のように
水滴のように
しずくのドロップのように

LIKE
Fluid, stretching film has formed,
Drops like CANDY
Ripples just expanding like UNIVERSE!
Moisture bead from AVOBE!

 

誰かの意識が拡張する

 

Our imaginations
Our destiny
Expansion of consciousness

意識の拡張と宇宙の有り様

は少し似ている

UNIVERSE is forming
Just like HOW WE LIVE=HOW WE EXPAND OUR DESTINY = HOW WE CREAT and RE-NEW OUR CONSCIOUSNESS TOWRDS…

THE EARTH, THE NATURE…!

 

意識が変容し

そのひと自体が変わる

 

 

WHEN OUR IDEA has FINALLY TRANSFORMED into…
Something NEW
Somewhat We’ve never explored

 

We can REACH OUT WHAT WE DREAMED OF…
Something We are LIVING FOR ( not DIEING FOR!)

 
ひとが変わればその人が「かつてみていたなにか」も
もちろん違って透視(み)える

If

We human being are (or have been already)

starting to transform into something

 

We start to see things

( what they used to recognize, no longer exit? or… )

We start to admire fact

( as it is!)

 

見え方が変わるタイミング(方法も)はいくつも有り

 アセンションというのも 

そういうたくさんあるポイント

Those beautiful transition points

 

We Human already pass,
Or
We ( or some of US) can create new points

CREATING
NEW RULES, NEW WAY OF LIFE, NEW TIMING!

WHAT WE CALL “ ASCENSION”   is
ONE OF THOSE!

 

 

面の宇宙の1点でもあり、本当は面ではなく遍在!!!

 

It’s

COULD BE A FORM
COULD BE ONE KIND
… IT’S A SMALL WORLD TO TRANSFORM INTO…

A POINT

Is
“NOT A POINT AT ALL”

TRAYwhich can be a vessel or Vehicles

 

A POINT on
A TRAY ( VESSEL and VeHICLES)

is

ASCENSION POINT

 

ASCENTION POINT
is

ALREADY THERE FOR YOU!

ALREADY means EVERYTIME, ANYTIME, ANYHOW, ANYWEHERE!

 

不在はないもの=それが多次元、多次元的に生きるということはそのすべてのポイントがきちんと知覚して見て触ることができるということに少し似ている

 

THERE, ALWAYS BE there for you

THIS IS KEY key phrase for you

Multidimensional
In between those Aspects

WAY of BEING ( LIFE! itself)

BE THERE and EVERYWHERE    if YOU

CAN

TOUCH and HEAL and PERCEIVE

“AND”  REALIZE!

ALL “TRAY which can be a vessel or Vehicles”=
CREATING NEW ACENTION POINTS!

 

「そもそも すべて と呼べるものはある!」

 

ALL is ALL

IF YOU CAN

“ STAND on A POINT ( or vessel or vehicle…) “ and

Recognize EVERYTHING as ALL..!

You can “CALL”

ALL is…What do you want to call “IT”?

 

 
時間、という流れるものの一部でも有り

いくつも繰り返される 癒しのポイント

実は、一つあれば
それで全てが癒されたことの証
 
という映像作品を見て遊んで、一度瞑想してほしい
(いつか、また別の場所で星船遊び、インスタレーションはどこかの国、どこかの街で体験してもらうtraveling exhibitoin)

その天上から落ちてくる Realization  何かに気づく「きづき」

 

星船のアートの中では 上から「光」がふってわいてくるもの

 

In my art installation

“Earth from the starship window”

You can catch “THE LIGHT” from avobe!

SOMETHING out of THE BLUE!

無重力の宇宙空間の中(内側 light within) で感じるとしたら

心の中から光がわく、勇気が湧いてくるように!

実際の宇宙にいるヒトにとって

それ、「光」はある意味、「あたりまえ」

Or
If you feel it

Inner SPACE ( without any gravity from the EARTH)

Inside your LIGHT ( light within)

You
JUST FEEL

THE BIRTH OF THE LIGHT, like we feel braver and…

You can “BE LIGHT” in cosmic space

THE UNIVERSAL SPACE

which exists between celestial bodies

 

 
地球の土のうえに現在位置をもつ(いまの)relaxmax にとって

(もしくは水の中?大気に抱かれ?炎の間?黄金の中にも!)

relaxmax “BE” CURRENT Crystalline AXIS AS NOW

(here… Crystalline AXIS  is not three or four or any dimensional thing)

On the EARTH : On the Ground

Inside the SEA

AIR surrounding the Earth

MAGMA between FIRE

Or EL dorado somewhere We’ve been

HERE
(or BOTTOM )

「そこ」宇宙のISS      は      想像の「なか」            のようでいて

 

ISS is
As a part of her imaginationary visionary “INSIDE”
“AND”
JUST A SPACE IN HER HEARTS (Of course,  WE CAN SEE ISS itself in the sky =OUTER SPACE!)

 

AWARENESS

that

SHE HAS

( or EVERYONE)

SPACE IN HEART

 
SIMPLEST FACT!

 

宇宙空間を自分の心のなかに持っている

というシンプルな事実、「気づき」をもたらすこと

 

 THANK and AWARE USUAL FACT!

 

「あたりまえ」に「きづく」

 

 

 

 

気づく、築くこと!

 

前提を変える 前庭、、、
前にあった平和な庭のような、、、

Notice and RE BUILD

What We have forgotten

( WE as EVERYONE had in CAVE AGE)

CHANGE what We VALUE (prior )or NOT

What We lived in PARADISE EARTH as GARDEN MILD

 

before…

In our heart
In our imaginations
In our space…

 
 
星船のアートインスタレーションの中では

それが地上に落ちる瞬間

落ちる、「時」

光が地上に降ってくる

 

宇宙空間の「そこ」では「どこでも」

 

光は

あり続ける、存在し続ける、いつか消えてしまうまで

 

 
いつか光が消えてしまうということ、これを宇宙の終焉と捉えるか、別のなにかに「ただ変容」とするかのちがいは、

実はあまり、ない!

神々にとっては、どちらも「ある状態」

存在が「ある」状態と存在が「ない」がある状態

 

 

こういうことを感謝とともに捕らえる、

光の気づきをつかまえる!手の中に、ある早朝のiPhone メモとして

 

 

ときというのは流れ、雫

しずくの連なりのように

雫自体は丸みを帯びて、その中に、水分と光、宇宙のすべて

意識自体もそれと似て

何かが生まれる(超新星のように)瞬間は

 地球の表(おもて、面)に放射状に(星船インスタレーションの中で写真が放たれるように)、波紋、意識の波状効果、ひろがり
 
次つぎと、重なりあう重層的な意識想い出
 

その光の中心にむかって

ここでいう「光の中心」とはヒトそのもの

 
意識の波の点となる 一点
1天一流
そこに
一つの天国
すべての宇宙

 

それらの源につながる装置(マシン)

装置としてのヒトの知覚の扉、儀式ではなく瞑想的に生きるということ

 

すべては瞑想

 

 寝ること
起きること
息をすること
食べること
笑うこと
愛すること
育てること
許すこと
変化するように誘うこと

 

ヒトが人として生きる一生のうち理解し難いなにかに出会えたとすると

その 「理解可能」は

すべて 正解と呼んでもいい

 
 
 
意識が拡大しながら、波のように穏やかさとともに
一つの光、水のながれのような「とき」
 

時と意識は同化する瞑想

 

時と意識は同化する

 

 

その流れ
意識の流れとしてのヒト
宇宙空間を満たすモノ
時間そのもの、光と同化

その流れに導かれ、光を超越

その一天から
次の次元への扉、時間旅行、
癒しの旅、私達の内なる平安の心で星船地球の今を癒すこと
星船というのは
時間も空間もこえて
生命をのせて旅する
地球そのもの
 

一天とは 

一つの天上の扉のような 

(うつわ)を変えるとき

思い浮かべるときのコードネームのようなもの

 

(もう私、relaxmaxは扉はすでに潜っている(くぐって))

  

自身の意識を宇宙船に見立てて、飛ばすといい

 

 

接点はそこ」にある

 
意識の底(無意識に鍵の窓があることもある)
 
「そ」を扉として自由にタイムトラベルする、アイアム ア タイムトラベラー relaxmax

I am a time traveller

 

 

 

 

MAGICO MEXICO- NOVEL

El sueño de la tierra 蝶の行方

 

 

Leave a Comment